最近フォーラム投稿

第1テサロニケ書 第5章 いつも喜んでいなさい

投稿者: アブラハム・リー on .

この記事の評価: 5 / 5

星を有効星を有効星を有効星を有効星を有効
第1テサロニケ書 第5章 いつも喜んでいなさい

crane-swane-together

やがって終末の日が来ます。しかし、暗闇の中で歩むときは、突然襲い掛かりますが、光の中を歩む人には、そうではありません。妊婦の産みの苦しみが定められたように、終末の日も来ます。

キリストが十字架にかかり、私たちのために死なれたことは、その日に固く立つことができるように私たちの居場所を作ってくださいました。

このようなことを思い出しながら、私たちの基本姿勢は、「いつも喜んでいなさい。」ということです。どんな環境や状態でも感謝をもって喜ぶことは、神様が私たちと共におられ、私たちを導き、最善を尽くしてくださるからです。

そこに私たちの信仰があります。

ゴスペルハウス
アブラハム・リー

第1テサロニケ書 第4章 神を喜ばすべき

投稿者: アブラハム・リー on .

この記事の評価: 5 / 5

星を有効星を有効星を有効星を有効星を有効
第1テサロニケ書 第4章 神を喜ばすべき

15年03月05日0033

イエス様を受け入れた人がすべきことについて、使徒パウロは語ります。それは、「神を喜ばすべき」ことです。

それは、「神のみこころは、あなたがたが聖くなること」です。

それは、「情欲におぼれず兄弟を踏みつけたり、欺いたりしないこと」です。

常に、神様を喜ばせることがどんな生活かを弁え知るために祈りと御言葉をもって歩み続けるべきです。

今日も、御言葉が信じるすべての一人一人を導かれることを祈ります。

ゴスペルハウス
アブラハム・リー

第1テサロニケ書 第3章 苦しみと患難のうちにも、

投稿者: アブラハム・リー on .

この記事の評価: 5 / 5

星を有効星を有効星を有効星を有効星を有効
第1テサロニケ書 第3章 苦しみと患難のうちにも、

15年05月18日天の川0004

どんな人にも、苦難の時があります。特に、目的をもって歩むときこそ、艱難があります。使徒パウロの時代に、苦難は福音を受け入れなく、反対に生きる人々がいました。そして、その人々から苦難の迫害がありました。

今の時代においても、迫害がある時があります。しかし、使徒パウロは、そのような苦難の中でも、与えられた召しにしたがって、福音を述べ続けました。その結果として、テサロニケのクリスチャンが生まれました。

パウロと彼と共に働きをしていたテモテや動労者たちの福音の働きは、決して無駄でなありませんでした。その働きの結果、テサロニケの教会が生まれました。

わたしたちの生活にも苦難があります。しかし、その中でも、与えられた召しにしたがって歩み続ける勇気が与えられることを祈ります。

ゴスペルハウス
アブラハム・リー

第1テサロニケ書 第2章 神を喜ばせようとして語る

投稿者: アブラハム・リー on .

この記事の評価: 5 / 5

星を有効星を有効星を有効星を有効星を有効
第1テサロニケ書 第2章 神を喜ばせようとして語る 

Fall-leaves001

神様のために働く人々の中には、色んな動機をもっています。その中で、人を喜ばせることと神様を喜ばせることで、大きく二つの種類に分けられると思います。

人に役に立つことは、同じことかも知りませんが、根本的に人を喜ばせることと神様を喜ばせることを選ぶかは、その働く人の選びです。人の顔を気にするか神様を気にするか。また、人を恐れるか、神様を恐れるかは、その人の選びでもあります。

使徒パウロは、ここで語ります。

「私たちは神に認められて福音をゆだねられた者ですから、それにふさわしく、人を喜ばせようとしてではなく、私たちの心をお調べになる神を喜ばせようとして語るのです。」

その選びの時、神を喜ばせることを選ぶ勇気が与えられることを祈ります。

ゴスペルハウス
アブラハム・リー

第1テサロニケ書 第1章 聖霊による喜び

投稿者: アブラハム・リー on .

この記事の評価: 5 / 5

星を有効星を有効星を有効星を有効星を有効
第1テサロニケ書 第1章 聖霊による喜び

15年01月05日0010

使徒パウロの働きは、いつもチームで行いました。ここでは、パウロ、シルワノ、テモテという3人の名前で送る手紙となっています。また、テサロニケのクリスチャンへ送る手紙であります。

彼らがどのように変えられたのかが記されています。

1)福音があなたがたに伝えられたのは、ことばだけによったのではなく、「力と聖霊と強い確信とによった」

2)「多くの苦難の中で」、「聖霊による喜び」をもってみことばを受け入れ私たちと主とにならう者になりました。

3)マケドニヤアカヤとのすべての信者の模範になった:あなたがたの信仰の働き、愛の労苦、主イエス・キリストへの望みの忍耐

4)「偶像から神に立ち返って」、「生けるまことの神に仕える」ようになり

5)神が死者の中からよみがえらせなさった御子、すなわち、やがて来る御怒りから私たちを救い出してくださるイエスが天から来られるのを待ち望むようになった

このような変化と激動期を迎えることができました。

特に、「聖霊による喜び」をもってみことばを受け入れました。

御霊は、私たちに喜びを与えてくださいます。そして、どんな状況にあっても、それを乗り越える力と知恵を与えてくださいます。苦難があっても、その中を通りながらも、喜びを与えてくださいます。本当の喜びは、苦難の中に現れます。御霊は、私たちが神様の御言葉である聖書を読むとき、それを聞くとき、魂の奥底から喜びをもって受け入れるように導きます。そこに現れる「喜び」こそ、私たちを勝利に導く秘訣です。

ゴスペルハウス
アブラハム・リー

運用団体

ゴスペルハウス浦幌: 今日もバイブルしましょう!
〒089-5601
北海道十勝郡浦幌町宝町53-41
Tel.015-576-2929 Fax.0155-67-0127
Email: info@bible-today.com

サイト管理

ビジョンハウス更別 今日もばいぶるしましょう! 担当:アブラハム・リー
〒089-1542
北海道河西郡更別村更別南1線89-57
Tel.0155-52-5905 Fax.0155-67-0127
Email: info@bible-today.com
UA-73882025-1