最近フォーラム投稿

トピックの詳細 »

ピリピ人へ手紙 第4章 どんな境遇にあっても満ち足りること

投稿者: アブラハム・リー on .

この記事の評価: 5 / 5

星を有効星を有効星を有効星を有効星を有効
ピリピ人へ手紙 第4章 どんな境遇にあっても満ち足りること

15年01月29日0002

ピリピ人は、パウロが乏しい時、使徒パウロを援助していました。しかし、使徒パウロは、彼らから物を求めたのではなく、あらゆる神様からの祝福を求めていました。

主にあって喜ぶことを勧めました。

Php 4:6  何も思い煩わないで、あらゆるばあいに、感謝をもってささげる祈りと願いによって、あなたがたの願い事を神に知っていただきなさい。 
Php 4:7  そうすれば、人のすべての考えにまさる神の平安が、あなたがたの心と思いをキリスト・イエスにあって守ってくれます。

上記の言葉は、どんなときにも祈り、感謝することから、神様の平安が与えられることを教えています。

パウロは、「私は、どんな境遇にあっても満ち足りることを学びました。」と言います。そして、「私は、私を強くしてくださる方によって、どんなことでもできるのです。」と語りました。

物があふれている今の時代に、与えられたものに満足し、どんな状況からでも、感謝し、神様から来る恵みを受け取ることにより、喜ぶことができるとしたら、ものがあっても、無くても、どんな状況でも満足することができることを学べるでしょう。

ゴスペルハウス
アブラハム・リー

ピリピ人へ手紙 第3章 信仰に基づいて、神から与えられる義

投稿者: アブラハム・リー on .

この記事の評価: 5 / 5

星を有効星を有効星を有効星を有効星を有効
ピリピ人へ手紙 第3章 信仰に基づいて、神から与えられる義

15年01月29日0051

使徒パウロは、自分にも自慢できることがあるが、イエス・キリストを知ってからは、自分の知識などをすべて捨てて、イエス様が自分のためにしてくださったことのあまりにも良いことであることに感謝していました。

信仰に基づいて、神から与えられる義」が彼の決定的な内容でした。これは、律法を守ることから来る義とは違って、神様の恵みにより与えられるものです。これを知ったパウロは、今まで一定の律法を守る、つまり、人間の努力による義ではなく、神様から来る信仰の義を人生の大事なものとして受け入れました。

その信仰の義により、過去を見るのではなく、与えられた召しに従って、前を見て走るようになりました。パウロは、「キリスト・イエスにおいて上に召してくださる神の栄冠をるために目標を目ざして一心に走っているのです。」と語っています。

過去にとどまるのではなく、与えられた召しに向かって前進していきます。これが、私たちの「得」となります。

ゴスペルハウス
アブラハム・リー

ピリピ人への手紙 第2章 神は、みこころのままに、あなたがたのうちに働いて志を立てさせ、事を行なわせてくださるのです

投稿者: アブラハム・リー on .

この記事の評価: 5 / 5

星を有効星を有効星を有効星を有効星を有効
ピリピ人へ手紙 第2章 神は、みこころのままに、あなたがたのうちに働いて志を立てさせ、事を行なわせてくださるのです

15年01月29日0034

パウロは、ピリピのクリスチャンに、彼らから来た「エパフロデト」を送り返すことにしました。それは、彼が使徒パウロに良く使えていましたが、ピリピの人々を慕っていましたからでした。パウロの弟子で、息子のようにしていたテモテも一緒に送ろうとしていました。

ピリピのクリスチャンには、一致を保つように勧めました。互いに喜びをもって主に使えることを願っていたからです。

神は、みこころのままに、あなたがたのうちに働いて志を立てさせ、事を行なわせてくださるのです

神様のみこころを知ることから自分の生きる意味が生じます。時には、私たちの内なる人に霊的に語られることもあります。時には、神様の御言葉を通して語られます。また、主の平安が与えられることもあります。時には、夢や幻、超自然的な方法で語られることもあります。また、自然を通して、人を通しても語られます。

しかし、自分の意志を働かせて、志を立てさせて、神様のご計画を行わせてくださることもあります。つまり、自分の心の中に、主のためにこのような働きをしたいという強い意志を与え、志を立たせてくださって、主の御心を行わせてくださいます。

自分に与えられた聖い志は、何でしょうか?それに向かってチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

ゴスペルハウス
アブラハム・リー

ピリピ人への手紙 第1章 主は、完成させてくださる

投稿者: アブラハム・リー on .

この記事の評価: 5 / 5

星を有効星を有効星を有効星を有効星を有効
ピリピ人への手紙 第1章 主は、完成させてくださる

15年02月03日0058s

使徒パウロは、ピリピのクリスチャンを喜び、彼らのために祈り続けていました。彼らは、福音を広げるために働きました。そして、迫害も受けました。

愛をもって伝えられる福音が多くの人々を幸福へ導きました。このように良い働きを始められた方は、「キリスト・イエスの日が来るまでにそれを完成させてくださることを私は堅く信じている」とパウロは、確信していました。

そうでは、良い働きを始められた神様は、それが完成するまで導き、備え、御声を聞かせてくださいます。

艱難が来ても驚くこともなく、前に与えられた道を大胆に進もうではありませんか。

ゴスペルハウス
アブラハム・リー

エペソ書 第6章 霊の戦い

投稿者: アブラハム・リー on .

この記事の評価: 5 / 5

星を有効星を有効星を有効星を有効星を有効
エペソ書 第6章 霊の戦い

15年02月03日0005s

この章では、子供と親の関係について、奴隷と主人の関係について、そして、霊的な現状について語られています。

子供は、両親を敬い、親はこどもを主の教育と訓戒をもって育てることを教えています。奴隷も、主人に従う時、人にするようなことではなく、神様に使えるように使えることを教えています。

霊的な戦いについては、私たちの戦いは、血肉に対するのではなく、あらゆる悪霊に対するものであると記しています。

「私たちの格闘は血肉に対するものではなく、主権、力、この暗やみの世界の支配者たち、また、天にいるもろもろの悪霊に対するものです。」
   エペソ6:12

目に見える戦いではなく、目に見えない戦いであります。私たちの敵は、人ではありません。本当の敵は、人に働きかけているもろもろの悪霊です。キリストの御名の権威によって悪霊を追い出すことができます。

わたしがここから働くのは目に見えない世界において勝利を宣言し、キリストの御名によって勝利を得ることが必要です。

主が導いてくださるように!

ゴスペルハウス
アブラハム・リー


運用団体

ゴスペルハウス浦幌: 今日もバイブルしましょう!
〒089-5601
北海道十勝郡浦幌町宝町53-41
Tel.015-576-2929 Fax.0155-67-0127
Email: info@bible-today.com

サイト管理

ビジョンハウス更別 今日もばいぶるしましょう! 担当:アブラハム・リー
〒089-1542
北海道河西郡更別村更別南1線89-57
Tel.0155-52-5905 Fax.0155-67-0127
Email: info@bible-today.com
UA-73882025-1