ある人のデボーションノート 例3

投稿者: アブラハム・リー on .

この記事の評価: 0 / 5

星を無効星を無効星を無効星を無効星を無効
 

ある人のデボーションノート 例3

――――――――――――――――――――――――――

聖書 コリント一 13章1~13節
題目 怒るのはなぜか


パウロはコリントにある教会の人たちに向けて、どんなにすばらしい賜物を持っていたとしても、愛がなければ何の意味もないと語り、預言や知識はすたれてしまっても、愛だけはなくなってしまうことがないと教えています。


4節

愛がある人は人をねたまず、自慢せず、高慢にならないとパウロは教えています。どんなにすばらしい働きをしたとしても、愛がなければ何の役にも立たないの ですから(1~3節)、もしねたみや自慢や高慢などがわたしの心にあるなら、まずそれを悔い改めなければなりません。私はクリスチャンになって何年もたち ますが、成熟した愛を持っているでしょうか。私の中にねたみや自慢、高慢はないでしょうか。

<祈りと適用>
最近、人の欠点ばかりが目についてしまい、人の欠点や失敗を見つけると、つい責めたりさばいたりしてしまいます。先日は約束をした時間に遅れてきた人を責 めてしまいました。また仕事を夜までにやっておくと言いながら、その時間までにしてくれなかった人 に対して、怒りの声を上げてしまいました。これが高慢だったのですね。私が怒ってしまうのは、その根底に「私だったらそんなことはしない」とか、「私なら 失敗しない」という思いがあったからです。愛のないそのような行為、高慢だったわたしの態度を悔い改めます。そして怒ってしまった人に謝ります。これから は人に対して責めたり、怒ったりする前に、自分の内にある高慢に目を留めます。

<今日の優先順位>
・自分が高慢だったことを主の御前に悔い改め、怒ってしまった人に謝る。
・仕事において失敗します。間違えた人がいたとしても、怒らず、失敗をカバーする。



例3の解説:


このデボーションをしている人は、男性です。会社では部下がいる人と思われます。


彼は会社で、部下を責めたり怒ったりしています。


パウロは、愛がある人は高慢にならないことを教えていることを知ります。自分の中に高慢があれば、悔い改めなければならないと教えられます。


部下に対して責めたり、怒ったりするのは、「自分だったら、そんなことはしない、そんな失敗はしない」という高慢な気持ちがあったことに気づきます(水色の部分)。そして高慢を悔い改め、怒った人に謝るという適用に導かれます。


「自分が高慢だったことを主の御前に悔い改め、怒ってしまった人に謝る」というという適用が書かれています。
このデボーションの特徴も、神の導きを得て生活に適用することにあります。聖書を思いめぐらすことに終わらないで、神さまの導きを具体的に受け取るところに特徴があります。

 

(このガイドは、http://hola.la.coocan.jp/devotion/dev_index.htmlの牧師堀江明夫による「御言葉に生かされる恵み」からのもので、許可を得て転載したものです。)

コメントを追加


セキュリティコード
更新

運用団体

ゴスペルハウス浦幌: 今日もバイブルしましょう!
〒089-5601
北海道十勝郡浦幌町宝町53-41
Tel.015-576-2929 Fax.0155-67-0127
Email: info@bible-today.com

サイト管理

ビジョンハウス更別 今日もばいぶるしましょう! 担当:アブラハム・リー
〒089-1542
北海道河西郡更別村更別南1線89-57
Tel.0155-52-5905 Fax.0155-67-0127
Email: info@bible-today.com
UA-73882025-1