デボーションの第六ステップ 実践

投稿者: アブラハム・リー on .

星を無効星を無効星を無効星を無効星を無効
 

第六ステップ 実践

実践を尊ぶ理由

神 のみ言葉は、知識のために与えられたものではなく、私たちの人生と生活のために与えられたものです。私たちはみ言葉への従順を実践して、成長していきま す。私たちは、デボーションにより、神に聞き従う者、神の主権を崇める者、神に栄光を帰する者として成長していくのです。

御言葉を通 して神さまは私たちの心に「思い」を与え、導きを与えてくださいます。この導きを実践する時、「思い」は「行動」となります。 「行動」の積み重ねは「習慣」となり、やがて「性格」になります。デボーションを通して、実践を積み重ねる時、私たちの品性はキリストに似た者へと練られ ていきます。

実践の勧め

そ こで、わたしのこれらの言葉を聞いて行う者は皆、岩の上に自分の家を建てた賢い人に似て いる。雨が降り、川があふれ、風が吹いてその家を襲っても、倒れなかった。岩を土台としていたからである。わたしのこれらの言葉を聞くだけで行わない者は 皆、砂の上に家を建てた愚かな人に似ている。雨が降り、川があふれ、風が吹いてその家に襲いかかると、倒れて、その倒れ方がひどかった。」(マタイ 7:24~27)

主イエスは山上の説教をなさいましたが、その結論部分を引用しました。「そこで」と結論に入ります。大事なことが語られます。ここでは、「聞いて 行う者」と「聞くだけで行わない者」との対比がなされていることは明瞭です。主イエスの言葉を聞いてどうするか、それが重要です。

信仰もこれと同じです。行いが伴わないなら、信仰はそれだけでは死んだものです。(ヤコブ 2:17)

適用において示されたことを実践することが重要なことは言うまでもありません。このデボーションの方法で一番の重要ポイントは、この実践にあり ます。デボーションの関する本が沢山販売されています。その多くは、信仰の先輩が聖句を黙想した内容が書かれています。それらを読んで、私たちの心が燃 え、「恵まれる」経験をするのですが、それで終わってしまうことが多いのです。それでは不十分なのです。エマオ途上の弟子たちのように、心が燃やされた 後、何をするのか、それが大切なのです。

そこで、デボーションが終わったら、今日は何を為すべきか、優先順位をつけます。神が示されたことを行うのが最優先です。そして実践します。このようにして私たちは神第一の生活をするように訓練されるのです。
忙しい、忙しい人たちへ

私たちには為すべきことが多く、多くの人が忙しく毎日を過ごしています。ゆとりある生活とは無縁の生活になります。しかし、私たちが本当に為すべ き事柄は多くはありません。信仰者としては、神さまが今日行いなさいと言われたことをすれば十分です。私たちが神中心の生活をするなら、当然の帰結です。 それ以上のことをする必要はありません。デボーションは忙しいあなたにゆとりを与えるのです。

 

(このガイドは、http://hola.la.coocan.jp/devotion/dev_index.htmlの牧師堀江明夫による「御言葉に生かされる恵み」からのもので、許可を得て転載したものです。)

コメントする権限がありません。

運用団体

ゴスペルハウス浦幌: 今日もバイブルしましょう!
〒089-5601
北海道十勝郡浦幌町宝町53-41
Tel.015-576-2929 Fax.0155-67-0127
Email: info@bible-today.com

サイト管理

ビジョンハウス更別 今日もばいぶるしましょう! 担当:アブラハム・リー
〒089-1542
北海道河西郡更別村更別南1線89-57
Tel.0155-52-5905 Fax.0155-67-0127
Email: info@bible-today.com
UA-73882025-1