#1 人生の足跡

投稿者: アブラハム・リー on .

この記事の評価: 0 / 5

星を無効星を無効星を無効星を無効星を無効
 

今年で私は48歳となりました。1963年2月7日から今まで生かされたのは、他でもない、神様の許しと目的があったからです。それを思うときに神様に感謝せずにはいられません。


人生の転換期

私の人生を大きく三つに分けることが出来ます。

  1. 韓国での生活(生まれてから20歳になるまで)
  2. アメリカでの生活(20歳から35歳まで)
  3. 日本での生活(35歳から現在まで)
あるいは、もっと大きく二つに分けることも出来ます。
  1. キリストと結びついていない時期(生まれてから17歳まで)
  2. キリストを受け入れ、自分の罪を悔い改め、新たな人として歩む時期(17歳から今まで)
上記の2.の時期を細かく分けると、二つに分けられます。
  1. 召しが与えられる前の時期(17歳から33歳まで)
  2. 召しが与えられてからの時期(33歳から現在まで)
更には、自分が障害者になる前とその後に分けられます。
1.障害者になる前(生まれてから20歳まで)
2.障害者になってからの時期(20歳から現在まで)


韓国での生活

1 私の家族

今振り返ると、私に与えられた人生は、いかに素晴らしいものであったか感謝を捧げる限りです。

私の記憶の初めは、母の胎の中に遡ります。そこで私は足を伸ばしたいと思い、自分の足を思い切り伸ばした覚えがあります。目はつぶったままだように思われますが、その瞬間の感覚をはっきりと覚えています。

神様は、母(現在77歳)と数年前に亡くなった父を私の両親として与えてくださいました。父の背景は広大な土地を持つ裕福な家庭でありました。財産管理をする専属の雇い人までいたようです。しかし、日韓合併や国内戦争により、祖父は財産を失いました。まず、日本の軍隊により強制的に奪われ、また国内戦争でも共産党により強引に没収され、更には、ブルジョアと見なされ、殺されてしまいました。

幼い私の父を残して祖父は亡くなりました。父の母は、再婚して数人の子供を産み、その後、再婚した主人を戦争か何かで亡くし、女手一つで非常な苦労の中、子供を養い育てました。

その中で、7人兄弟の長女である私の母と、韓国の戦争が始まった1950年結婚しました。私の父は、KATUSA(Korean Augmentation Troops to the United States Army 駐韓米陸軍に配属されている軍人)という米軍と韓国の軍隊が一緒になった特殊部隊で下士官として働きました。今でも、アメリカ人のGIと共にとった写真があったのを思い出します。父は、そこで英語を学びながら、貧しかった韓国の時代でありながらも、アメリカ軍隊に属することで、米軍基地からアメリカ製品を買って使うことが出来たそうです。

私の上の姉は、1952年このような状況の中で生まれました。話によると、彼女は、1955年次に生まれた私の兄を長男として周りが可愛がるのにねたみ、「私もおちんちんを買ってもらいたい」と言ったそうです。1958年には、私の2番目の姉が生まれました。私は、末子ですが、私の前にもう一人がいたのですが、生まれる時に問題があり、亡くなったそうです。その後、1963年私が生まれました。

最近見た日本の映画で、「三丁目の夕日」というものがあります。それを見ると、私の生きた時代背景と良く似ていて、懐かしく、心が温かくなりました。

父は、戦争が終わった1953年以降も、KATUSAで引き続き、職業として軍隊生活を送っていました。家族は、離れていたので、定期的に短く帰宅していました。

若い時に父を亡くした母は、長女として家を助けるために精一杯働きました。下の妹や弟の世話、洗濯、掃除は勿論、食べさせるために山菜取りや木の実を採りに山へも頻繁に出向いたようです。自分がしっかりしなくてはならないという思いがあったので、常に休まず働きました。母の一番下の妹は、私の上の姉より1歳年下でありました。

母と父が婚約した後、母は水疱瘡にかかり、顔の皮膚が変形したので、これで結婚が出来ないのではないかと心配をしたそうです。しかし、父は、それに気にすることなく、予定したとおり、結婚しました。


2 ソウルへ

父は、KATUSA生活を終え、故郷の충청남도(忠淸南道)に戻った時は、全ての環境は、非生産的な状況であったと父は言っていました。このままでは将来が無いことを判断し、父は当時上の姉兄を連れて、ソウルへ引越ししました。

当初、家を借りることも難しく、子供も二人いるとうるさいからと何度も断られ、母の心は痛んだそうです。その時に、一生懸命働いていつかは、自分の家を持つようにしたいという気持ちでいっぱいになったようです。

父は、技術を身につけるために、「ダクト」という仕事を学びました。そして、自分で開業することとなりました。初期投資は、どのようにしたのかは詳しく聞きませんでしたが、自力で初めて、自力で開業資金を集めたと思います。

そして、その開業後、上手くビジネスが展開して、私が生まれた時には、すでに一軒家を借りていました。それが、私が小学校に入る時は、その一軒家を購入し、小学校の途中で一度、引越しをし、2軒の家を追加購入、私が高校2年生の時は、4階建てのビルを建てたことを覚えています。

私が生まれたのは、ソウル영등포구(永登浦區)신길동(新吉洞)です。



私にとって、この永登浦區は、自分が小学校、中学校、そして、隣の区の大学校まで自分の少年時代を過ごした大事な場所であります。


私の高校卒業の時です。

今日は、ここまでです。

 

コメントを追加


セキュリティコード
更新

運用団体

ゴスペルハウス浦幌: 今日もバイブルしましょう!
〒089-5601
北海道十勝郡浦幌町宝町53-41
Tel.015-576-2929 Fax.0155-67-0127
Email: info@bible-today.com

サイト管理

ビジョンハウス更別 今日もばいぶるしましょう! 担当:アブラハム・リー
〒089-1542
北海道河西郡更別村更別南1線89-57
Tel.0155-52-5905 Fax.0155-67-0127
Email: info@bible-today.com
UA-73882025-1