#6 発展途上に生きる

投稿者: アブラハム・リー on .

星を無効星を無効星を無効星を無効星を無効
 

韓国は、1960年代には、発展途上にいました。そして、そのメッセージは、大統領からのトップダウンで行いました。農業の先進化を推進し、GNP増加、また、新しい町づくりの歌まで作って、国民の全員がそれを歌うようにし、テレビやラジオで常に流すようにしていました。

[video:http://www.youtube.com/watch?v=C3Rz3lpla9U 400x400]

上記からこの歌を聴くことができます。

登校の時も、この曲が流れていました。そして、休みの時間にも、朝礼を待つ時間にも、などなど。

誰でも、覚えるような曲で、音楽の授業のときにも、習ったような気がします。

私が5-6歳のときは、まだ、家にはテレビがありませんでした。それで、近所の家にテレビを見にお邪魔したことがあります。そのときのテレビ番組は、ポッパイでした。初めてのアニメです。家にも白黒のテレビが入ったのは、自分が小学校3年生ごろだと思います。それより早かったかも知りません。日本から「黄金バット」や「妖怪人間」、「マリンボーイ」、「ハイジ」、「レオ」、「フランダースの犬」などたくさんのアニメが放送されていました。

私が小学校6年生のときは、これらのテーマ曲のレコードが販売されて、なぜか、家にそのレコートがありました。懐かしい曲がたくさんあり、これらの曲を覚えました。勿論、韓国語でです。

それから、しばらくこのような曲は、忘れられたものでした。二十歳には、アメリカへ移住し、その後、大学での学びが10年間ありました。ハワイの私立大学校で職員としてあたらいているとき、日本から留学に来た人と出会い、結婚しました。30歳のごろです。二人の文化の違いが大きいものでした。しかし、あるとき、思いもよらず、昔歌ってた、アニメのテーマ曲を歌いました。そしたら、その曲の日本語版を家内が歌いだし始めました。彼女は、びっくりしていました。なぜ、そんな曲が解るの? これらの曲は、韓国でもアニメで放送されていたんですよ。あっ!そうなんだ。

それから、二人で、次から次へとアニメのテーマ曲を一緒に歌いました。ここから、私たちの文化の距離は、うんと近くなりました。共通する子供ごろの思い出がある!!!これは、大きなものでした。

もしも、自分の家にそのレコードが無かったら、このようなBinding(溶け合う)ことが無かっただろうと思いました。

二十数年前に歌ってたそのアニメのテーマ曲は、今も、たまに歌います。

しかし、日本のアニメって、暗いですね。妖怪人間は、半分悪魔的です。なぜ、このような内容が一般的に放送されるのかな? 誰も、おかしく思わないかな? 恐怖と恐れが襲い掛かりますね。トイレに行くときも、怖くなりましたよ。その小さいごろは。

しかし、アニメのテーマ曲は、私たちには、共通できる大事なことでした。

 

コメントする権限がありません。

運用団体

ゴスペルハウス浦幌: 今日もバイブルしましょう!
〒089-5601
北海道十勝郡浦幌町宝町53-41
Tel.015-576-2929 Fax.0155-67-0127
Email: info@bible-today.com

サイト管理

ビジョンハウス更別 今日もばいぶるしましょう! 担当:アブラハム・リー
〒089-1542
北海道河西郡更別村更別南1線89-57
Tel.0155-52-5905 Fax.0155-67-0127
Email: info@bible-today.com
UA-73882025-1