労働は、祈りである

投稿者: アブラハム・リー on .

この記事の評価: 5 / 5

星を有効星を有効星を有効星を有効星を有効
 
韓国のリバイバル歴史の中には、色んな人物がいました。その中の一人、Reuben Archer Torrey Ⅲ(韓国名:대천덕 신부)がいます。

彼は、田舎の電気もとっていない、水道もないところで、開拓を始めました。聖公会に属していながら、聖書と聖霊の働きによる悔い改めを語る福音的な立場gにいながら、貧富の差に立ち向かうために聖書の土地法に基づいて、土地は神様のものでることを教えていました。

また、その田舎の共同体には、一つモットがあります。

「労働は祈りである」

今、自分も神様の導きにより古い家をリフォームをし始めてから3年が経ちますが、たまにですが、なぜこのような作業をするのかな?という疑問があります。

その時に、神様は、私に語られます。

この労働は、この日本のための投資である。」

数年前に、東京の友人の家に来られた一人の外国人と会いました。彼は、医療機械の仕事をしていましたが、彼は、中国の宣教師の子孫でありました。また、韓国で働いた聖霊の器であるReuben Archer Torrey Ⅲ神父の親戚でもありました。

主から語られたことを行うことが、私たちの最善です。

ゴスペルハウス
アブラハム・リー




コメントを追加


セキュリティコード
更新

運用団体

ゴスペルハウス浦幌: 今日もバイブルしましょう!
〒089-5601
北海道十勝郡浦幌町宝町53-41
Tel.015-576-2929 Fax.0155-67-0127
Email: info@bible-today.com

サイト管理

ビジョンハウス更別 今日もばいぶるしましょう! 担当:アブラハム・リー
〒089-1542
北海道河西郡更別村更別南1線89-57
Tel.0155-52-5905 Fax.0155-67-0127
Email: info@bible-today.com
UA-73882025-1