ヨハネによる福音書16章 わたしはすでに世に勝っている

投稿者: アブラハム・リー on .

この記事の評価: 5 / 5

星を有効星を有効星を有効星を有効星を有効
 
ヨハネによる福音書16章 わたしはすでに世に勝っている

tokachi-yozora

イエス様は、これから天の父の御元に行くことを語り始めました。そのことについて、理解し始めるお弟子たちは、イエス様が天の父のところから来られたことを知りはじめました。

イエス様は、この世を去ることがお弟子たちにもっと有益であることを説明しました。それは、イエス様が天の父のところに行かれると「助け主」を送ってくださるからだと説明しました。この「助け主」は、「御霊様」のことです。また、御霊様の役目を説明してくれました。

御霊様は、すべての真理に導いてくださいます。罪と義と裁きについて理解を与えて下さいます。

しかし、この世には、悪魔の存在が残っていますが、神様の時になるとイエス様は、悪魔を永遠の地獄に閉じ込めるようになります。それを知っている悪魔は、激しく人々を惑わしています。

艱難がありますが、イエス様の約束は、「わたしはすでに世に勝っている」ということです。つまり、キリスト・イエスにとどまることで、わたしたちもキリストと共に勝利を得ることができることです。

イエス様の十字架の死刑は、終わりではなく、復活を通して新たな始まりを作ってくださったことです。イエス様は、今も生きていて、わたしたちとともにおられます。

ゴスペルハウス
アブラハム・リー



Joh 16:1 わたしがこれらのことを語ったのは、あなたがたがつまずくことのないためである。

Joh 16:2 人々はあなたがたを会堂から追い出すであろう
更にあなたがたを殺す者がみな、それによって自分たちは神に仕えているのだと思う時が来るであろう。 (アラブのジハードがそれである)
Joh 16:3 彼らがそのようなことをするのは、父をもわたしをも知らないからである。

Joh 16:4 わたしがあなたがたにこれらのことを言ったのは、彼らの時がきた場合わたしが彼らについて言ったことを、思い起させるためである
これらのことを初めから言わなかったのは、わたしがあなたがたと一緒にいたからである。

Joh 16:5 けれども今わたしは、わたしをつかわされたかたのところに行こうとしている
しかし、あなたがたのうち、だれも『どこへ行くのか』と尋ねる者はない。
Joh 16:6 かえって、わたしがこれらのことを言ったために、あなたがたの心は憂いで満たされている
Joh 16:7 しかし、わたしはほんとうのことをあなたがたに言うが、わたしが去って行くことは、あなたがたの益になるのだわたしが去って行かなければ、あなたがたのところに助け主はこないであろうもし行けば、それをあなたがたにつかわそう

Joh 16:8 それがきたら、罪と義とさばきとについて、世の人の目を開くであろう
Joh 16:9 罪についてと言ったのは、彼らがわたしを信じないからである
Joh 16:10 義についてと言ったのは、わたしが父のみもとに行き、あなたがたは、もはやわたしを見なくなるからである
Joh 16:11 さばきについてと言ったのは、この世の君がさばかれるからである

Joh 16:12 わたしには、あなたがたに言うべきことがまだ多くあるが、あなたがたは今はそれに堪えられない。
Joh 16:13 けれども真理の御霊が来る時には、あなたがたをあらゆる真理に導いてくれるであろうそれは自分から語るのではなく、その聞くところを語り、きたるべき事をあなたがたに知らせるであろう
Joh 16:14 御霊はわたしに栄光を得させるであろうわたしのものを受けて、それをあなたがたに知らせるからである。
Joh 16:15 父がお持ちになっているものはみな、わたしのものである。御霊はわたしのものを受けて、それをあなたがたに知らせるのだと、わたしが言ったのは、そのためである。


Joh 16:16 しばらくすれば、あなたがたはもうわたしを見なくなる。しかし、またしばらくすれば、わたしに会えるであろう」。
Joh 16:17 そこで、弟子たちのうちのある者は互に言い合った、「『しばらくすれば、わたしを見なくなる。またしばらくすれば、わたしに会えるであろう』と言われ、『わたしの父のところに行く』と言われたのは、いったい、どういうことなのであろう」。
Joh 16:18 彼らはまた言った、「『しばらくすれば』と言われるのは、どういうことか。わたしたちには、その言葉の意味がわからない」。
Joh 16:19 イエスは、彼らが尋ねたがっていることに気がついて、彼らに言われた、「しばらくすればわたしを見なくなる、またしばらくすればわたしに会えるであろうと、わたしが言ったことで、互に論じ合っているのか。
Joh 16:20 よくよくあなたがたに言っておく。あなたがたは泣き悲しむが、この世は喜ぶであろう。あなたがたは憂えているが、その憂いは喜びに変るであろう。

Joh 16:21 女が子を産む場合には、その時がきたというので、不安を感じるしかし、子を産んでしまえば、もはやその苦しみをおぼえてはいないひとりの人がこの世に生れた、という喜びがあるためである
Joh 16:22 このように、あなたがたにも今は不安がある。しかし、わたしは再びあなたがたと会うであろう。そして、あなたがたの心は喜びに満たされるであろう。その喜びをあなたがたから取り去る者はいない
Joh 16:23 その日には、あなたがたがわたしに問うことは、何もないであろう。よくよくあなたがたに言っておく。あなたがたが父に求めるものはなんでも、わたしの名によって下さるであろう。
Joh 16:24 今までは、あなたがたはわたしの名によって求めたことはなかった。求めなさい、そうすれば、与えられるであろう。そして、あなたがたの喜びが満ちあふれるであろう。

Joh 16:25 わたしはこれらのことを比喩で話したが、もはや比喩では話さないで、あからさまに、父のことをあなたがたに話してきかせる時が来るであろう。
Joh 16:26 その日には、あなたがたは、わたしの名によって求めるであろう。わたしは、あなたがたのために父に願ってあげようとは言うまい。
Joh 16:27 父ご自身があなたがたを愛しておいでになるからである。それは、あなたがたがわたしを愛したため、また、わたしが神のみもとからきたことを信じたためである。
Joh 16:28 わたしは父から出てこの世にきたが、またこの世を去って、父のみもとに行くのである」。

Joh 16:29 弟子たちは言った、「今はあからさまにお話しになって、少しも比喩ではお話しになりません。
Joh 16:30 あなたはすべてのことをご存じであり、だれもあなたにお尋ねする必要のないことが、今わかりました。このことによって、わたしたちはあなたが神からこられたかたであると信じます」。
Joh 16:31 イエスは答えられた、「あなたがたは今信じているのか
Joh 16:32 見よ、あなたがたは散らされて、それぞれ自分の家に帰り、わたしをひとりだけ残す時が来るであろういや、すでにきている。しかし、わたしはひとりでいるのではない父がわたしと一緒におられるのである
Joh 16:33 これらのことをあなたがたに話したのは、わたしにあって平安を得るためであるあなたがたは、この世ではなやみがあるしかし、勇気を出しなさいわたしはすでに世に勝っている」。

コメントを追加


セキュリティコード
更新

運用団体

ゴスペルハウス浦幌: 今日もバイブルしましょう!
〒089-5601
北海道十勝郡浦幌町宝町53-41
Tel.015-576-2929 Fax.0155-67-0127
Email: info@bible-today.com

サイト管理

ビジョンハウス更別 今日もばいぶるしましょう! 担当:アブラハム・リー
〒089-1542
北海道河西郡更別村更別南1線89-57
Tel.0155-52-5905 Fax.0155-67-0127
Email: info@bible-today.com
UA-73882025-1