ヨハネ1:14 「私たちの間に住まわれたイエス」

投稿者: takuma on .

この記事の評価: 0 / 5

星を無効星を無効星を無効星を無効星を無効
 
     ☆私たちの主、イエスは関係をつくられる神です。



   「ことばは人となって、私たちの間に住まわれた。私たちはこの方の栄光を見た。父の御もとから来られた一人子として
の栄光である。この方は恵みとまことに満ちておられた。」 (ヨハネ1:14)


ことば、つまりイエスは、人となってくださいました。
   「キリストは神の御姿である方なのに、神のあり方を捨てられないとは考えず、ご自分を無にして、仕える者の姿をとり、
人間と同じようになられました。人としての性質を持って現れ自分を卑しくし、死にまで従い、実に十字架の死にまでも
従われました。」   (ピリピ2:6-8)

そしてヨハネの御言葉の通り、私たちの間に住まわれました。
 住まわれた、というのはただ人となった、だけではなく、もっと深い意味があります。

イエスは、ことばをもって人に語られました。
語られただけではなく、イエスは人と親密な関係を持たれました。

  弟子たちと直接話し、「私についてきなさい。」といわれました。 (マタイ4:19、マルコ2:14)
ユダヤ人と関係を持っていなかったサマリヤ人の女に話しました。(ヨハネ4章)
罪人たちと食事をされました。 (マルコ2:15)
パリサイ人とも食事をされました。 (ルカ7:36)
罪人のところへ直接言って、その人の家に泊られました。 (ルカ19:5)
個人的な深い関係も結ばれていました。 (ヨハネ11:5)

 ☆イエスは個人的な関係を大切にされた。

イエスは自分自身の行動をもって私たちに宣教の模範を示してくださったのです。

「イエスはガリラヤ全土を巡って、会堂で教え、御国の福音を宣べ伝え、民の中のあらゆる病気、
あらゆるわずらいを直された。」 (マタイ4:23)

イエスはガリラヤの全土を巡られました。
そしてそこで教え、福音を宣べ伝えました。
そこで人々と個人的な関係を結ばれました。

 私たちはどうでしょうか。イエスの模範に従っているでしょうか?

  イエスは一方的な宣教はしませんでした。
彼はトラクトを配ったりはしませんでした。
看板をかかげて町を歩いたわけでもありませんでした。
スピーカーで神を信じろ、と叫び歩いたわけではありませんでした。
群衆に向かって教えられましたが、それは一方的なものではありませんでした。

もちろんこれらのことは無意味ではないと思います。
しかしイエスはそのような方法を選ばれませんでした。

彼は人々と個人的な、そして親密な関係を造られました。
そして彼らと話されました。彼らを教えました。彼らを訓練しました。
  彼らを強制することはなさいませんでした。ただ、「私についてきなさい。」と言われただけでした。


 ☆イエスの伝道方法は、人と個人的な関係を結ぶことから始まった。

そしてイエスは最後に弟子たちにこう命じています。
  「それゆえ、あなたがたは行って(go!)、あらゆる国の人々を弟子としなさい。 (make disciples!)
そして、父、子、聖霊の御名によってバプテスマを授け(baptize them)、また、わたしがあなたがたに命じて
おいたすべてのことを守るように,彼らを教えなさい。 (teach them!)。見よ。わたしは、世の終わりまで、いつも、
あなたがたとともにいます。」 (マタイ28:19,20)

4つの命令↓
  行って、 (go!)
弟子をつくり、 (make disciples!)
バプテスマを授け、 (baptize them!)
教える。 (teach them!)


これがイエスが私たちに宣教のために命じられたことです。

  行きましょう! (神が命じておられるとことどこでも!学校、職場、外国、どこでも!)
  弟子をつくりましょう。 (身近な友達、仲間、近所の人、チームメイト、と,もっと深い関係をつくろう!)
バプテスマを授け、 (友をバプテスマに導こう!まだ迷っているクリスチャンはいないか?)
  そして、教えましょう! 
(友達とバイブルスタディーの時間を持とう!みことばによって教えよう!
そして教えるには自分が知ってないと教えられないから、自分と神様との関係も大切にしよう!)

 ☆間接的な伝道ではなく、イエスがされたように、個人的に交わる直接的な伝道をしよう!

イエスはこうも言っています。
  「わたしはこの岩の上にわたしの教会を建てます。ハデスの門もそれには打ち勝てません。」 (マタイ16:18)

イエスはわたしの教会をたてると言いました。
それはミニストリーでもなく、バイブルスタディーでもなく、ユースグループでもなく、教会です。

 ☆私たちの伝道は個人的、かつ、教会とも結びついている必要があります。
(具体的には、その伝道している人のために教会で祈る、報告する、など。)

-まとめ-
  ☆イエスは個人的な関係を結ばれた。
☆イエスは個人的な伝道模範を示された。
☆イエスは個人的な伝道を命じられた。
☆伝道は、
教会に結びつくことが大切。


  さあ立ち上がろう!主、イエスはいつもともにいます!



コメントを追加


セキュリティコード
更新

運用団体

ゴスペルハウス浦幌: 今日もバイブルしましょう!
〒089-5601
北海道十勝郡浦幌町宝町53-41
Tel.015-576-2929 Fax.0155-67-0127
Email: info@bible-today.com

サイト管理

ビジョンハウス更別 今日もばいぶるしましょう! 担当:アブラハム・リー
〒089-1542
北海道河西郡更別村更別南1線89-57
Tel.0155-52-5905 Fax.0155-67-0127
Email: info@bible-today.com
UA-73882025-1