マタイによる福音書10章 決してその報いからもれることはない

投稿者: アブラハム・リー on .

この記事の評価: 5 / 5

星を有効星を有効星を有効星を有効星を有効
 
マタイによる福音書10章 決してその報いからもれることはない

reward1-s

マタイの10章には、12人のお弟子を選び、イスラエルの町々へ伝道に使わしました。病人を癒し、悪霊を追い出すように命じました。

町に入ると、お弟子たちを受け入れるところや御言葉を聴く人のところに泊まり、そこをベースにして、宣教を進むようにします。彼らを受け入れる家では、神様の平安を祈ります。もし、拒むなら、その祝福は、お弟子たちに戻ります。

主の働きをするものに求められるのは、「へびのように賢く、はとのように素直である」ことです。なぜなら、羊をおおかみの中に送るようなものであるからです。

神様の働きをする人に適用できる原則は、「自分の命を得ている者はそれを失い、わたしのために自分の命を失っている者は、それを得るであろう。」ということです。

主の働き人のために彼らを支える人々には、このような原則があります。「わたしの弟子であるという名のゆえに、この小さい者のひとりに冷たい水一杯でも飲ませてくれる者は、よく言っておくが、決してその報いからもれることはない」と。

主の働き人をもてなす人は、必ずその報いからもれることはありません。聖書の祝福された人々は、共通して神の人をもてなす人々です。

ゴスペルハウス
アブラハム・リー



Mat 10:1 そこで、イエス十二弟子を呼び寄せて、汚れた霊を追い出しあらゆる病気あらゆるわずらいいやす権威お授けになった
Mat 10:2 十二使徒の名は、次のとおりである。まずペテロと呼ばれたシモンとその兄弟アンデレ、それからゼベダイの子ヤコブとその兄弟ヨハネ
Mat 10:3 ピリポバルトロマイトマス取税人マタイアルパヨの子ヤコブタダイ
Mat 10:4 熱心党のシモンイスカリオテのユダ。このユダはイエスを裏切った者である。
Mat 10:5 イエスはこの十二人をつかわすに当り、彼らに命じて言われた、「異邦人の道に行くな。またサマリヤ人の町にはいるな。
Mat 10:6 むしろ、イスラエルの家の失われた羊のところに行け。
Mat 10:7 行って、『天国が近づいた』と宣べ伝えよ
Mat 10:8 病人をいやし死人をよみがえらせらい病人をきよめ悪霊を追い出せただで受けたのだから、ただで与えるがよい。
Mat 10:9 財布の中に金、銀または銭を入れて行くな
Mat 10:10 旅行のための袋も、二枚の下着も、くつも、つえも持って行くな

働き人がその食物を得るのは当然である

Mat 10:11 どの町、どの村にはいっても、その中でだれがふさわしい人か、たずね出して立ち去るまではその人のところにとどまっておれ
Mat 10:12 その家にはいったなら平安を祈ってあげなさい
Mat 10:13 もし平安を受けるにふさわしい家であればあなたがたの祈る平安はその家に来るであろうもしふさわしくなければその平安はあなたがたに帰って来るであろう
Mat 10:14 もしあなたがたを迎えもせずまたあなたがたの言葉を聞きもしない人があればその家や町を立ち去る時に、足のちりを払い落しなさい
Mat 10:15 あなたがたによく言っておく。さばきの日には、ソドム、ゴモラの地の方が、その町よりは耐えやすいであろう。
Mat 10:16 わたしがあなたがたをつかわすのは、羊をおおかみの中に送るようなものである。だから、

へびのように賢く、はとのように素直であれ

Mat 10:17 人々に注意しなさい。彼らはあなたがたを衆議所に引き渡し、会堂でむち打つであろう。
Mat 10:18 またあなたがたは、わたしのために長官たちや王たちの前に引き出されるであろう。それは、彼らと異邦人とに対してあかしをするためである。
Mat 10:19 彼らがあなたがたを引き渡したとき、何をどう言おうかと心配しないがよい。

言うべきことは、その時に授けられるからである。

Mat 10:20 語る者は、あなたがたではなく、あなたがたの中にあって語る父の霊である。
Mat 10:21 兄弟は兄弟を、父は子を殺すために渡し、また子は親に逆らって立ち、彼らを殺させるであろう。
Mat 10:22 またあなたがたは、わたしの名のゆえにすべての人に憎まれるであろう。しかし、最後まで耐え忍ぶ者は救われる
Mat 10:23 一つの町で迫害されたなら他の町へ逃げなさい。よく言っておく。あなたがたがイスラエルの町々を回り終らないうちに、人の子は来るであろう。 (?)
Mat 10:24 弟子はその師以上のものではなく、僕はその主人以上の者ではない。
Mat 10:25 弟子がその師のようであり、僕がその主人のようであれば、それで十分である。もし家の主人がベルゼブルと言われるならば、その家の者どもはなおさら、どんなにか悪く言われることであろう。
Mat 10:26 だから彼らを恐れるな。おおわれたもので、現れてこないものはなく、隠れているもので、知られてこないものはない。
Mat 10:27 わたしが暗やみであなたがたに話すことを、明るみで言え。耳にささやかれたことを、屋根の上で言いひろめよ。
Mat 10:28 また、からだを殺しても、魂を殺すことのできない者どもを恐れるな。むしろ、からだも魂も地獄で滅ぼす力のあるかたを恐れなさい
Mat 10:29 二羽のすずめは一アサリオンで売られているではないか。しかもあなたがたの父の許しがなければ、その一羽も地に落ちることはない
Mat 10:30 またあなたがたの頭の毛までも、みな数えられている
Mat 10:31 それだから、恐れることはない。あなたがたは多くのすずめよりも、まさった者である。
Mat 10:32 だから人の前でわたしを受けいれる者を、わたしもまた、天にいますわたしの父の前で受けいれるであろう。
Mat 10:33 しかし、人の前でわたしを拒む者を、わたしも天にいますわたしの父の前で拒むであろう。
Mat 10:34 地上に平和をもたらすために、わたしがきたと思うな。平和ではなく、つるぎを投げ込むためにきたのである
Mat 10:35 わたしがきたのは、人をその父と、娘をその母と、嫁をそのしゅうとめと仲たがいさせるためである。
Mat 10:36 そして家の者が、その人の敵となるであろう。
Mat 10:37 わたしよりも父または母を愛する者は、わたしにふさわしくないわたしよりもむすこや娘を愛する者は、わたしにふさわしくない
Mat 10:38 また自分の十字架をとってわたしに従ってこない者はわたしにふさわしくない
Mat 10:39

自分の命を得ている者はそれを失い、わたしのために自分の命を失っている者は、それを得るであろう。

Mat 10:40 あなたがたを受けいれる者は、わたしを受けいれるのであるわたしを受けいれる者は、わたしをおつかわしになったかたを受けいれるのである
Mat 10:41 預言者の名のゆえに預言者を受けいれる者は、預言者の報いを受け、義人の名のゆえに義人を受けいれる者は、義人の報いを受けるであろう
Mat 10:42

わたしの弟子であるという名のゆえに、この小さい者のひとりに冷たい水一杯でも飲ませてくれる者は、よく言っておくが、決してその報いからもれることはない」。

コメントする権限がありません。

運用団体

ゴスペルハウス浦幌: 今日もバイブルしましょう!
〒089-5601
北海道十勝郡浦幌町宝町53-41
Tel.015-576-2929 Fax.0155-67-0127
Email: info@bible-today.com

サイト管理

ビジョンハウス更別 今日もばいぶるしましょう! 担当:アブラハム・リー
〒089-1542
北海道河西郡更別村更別南1線89-57
Tel.0155-52-5905 Fax.0155-67-0127
Email: info@bible-today.com
UA-73882025-1