ダニエル書11章 高慢な者の終末

投稿者: アブラハム・リー on .

この記事の評価: 5 / 5

星を有効星を有効星を有効星を有効星を有効
 
ダニエル書11章 高慢な者の終末

nature049

ダニエルが見た預言の内容です。

ペルシアやギリシア王国について、そして、その周辺の国々がどのようになってくるのかについて書いてあります。

北の国に関する表現がありましたが、王が誰かについては、書いてありませんが、何をどのようにするかは書いてあります。

しかし、その内容は、恐ろしいものです。

北の国の王は、強力な力を得、多くの国を制服されるが、神様より自分を高ぶるところで、彼も、死に渡され、彼の終末を迎えることになります。

高慢な者の終末は、死です。

破滅に導くのは、高慢です。

自分の心を制し、謙遜を選ぶ知恵を祈ります。

ゴスペルハウス
アブラハム・リー




11:1 彼はわたしを支え、力づけてくれる。
11:2 さて、お前に真理を告げよう。見よ、ペルシアになお三人の王が立つ次に、第四の王はだれにもまさって富み栄え、富の力をもってすべての者を動員し、ギリシア王国に挑戦する
11:3 そこに、勇壮な王が起こり、大いに支配し、ほしいままに行動する
11:4 その支配が確立するやいなや、この王国は砕かれて、天の四方向に分割される。彼の子孫はこれを継がず、だれも彼のような支配力を持つ者はない。この王国は根こそぎにされ、子孫以外の支配者たちに帰する。
11:5 このうち、南の王となった者は強くなるが、将軍の一人が王をしのぐ権力を取り、大いに支配する
11:6 何年か後、二国は和睦し、南の王の娘は北の王に嫁ぎ両国の友好を図る。だが、彼女は十分な支持を得ず、その子孫も力を持たない。やがて、彼女も、供の者も、彼女の子らも、その支持者らも裏切られる
11:7 だが、彼女の実家から一つの芽が出て支配の座に着き、北の王の城塞に攻め入ってこれを破り、勝利を得る
11:8 彼は戦利品として、鋳物の神像や金銀の財宝をエジプトに運び去る。その後何年か、北の王に対して手を出さない。
11:9 北の王南の王国に向かって行くが、自分の国に引き揚げる。
11:10 その子らは奮い立って進軍し、洪水/のような一進一退の後、敵の城塞に攻め寄せる。
11:11 南の王は激怒して出陣し、北の王と戦う。北の王は大軍を集めて立ち向かうが、彼らは敵の手に陥る。
11:12 この大軍を捕らえて南の王は大いに高ぶり、幾万人もの兵を殺すが、決定的に勝つことはできない
11:13 北の王再び前回にまさる大軍を集め、数年の後に強力な軍隊の軍備を整えて進軍する
11:14 その時には、多くの者が南の王に対して立ち上がる。お前の民の中からも、暴力に頼る者らが幻を成就させようとして立ち上がるが、失敗する
11:15 北の王は進軍し、堡塁を築き、砦に守られた町を占領する。南の王はこれに抵抗する力を持たず、えり抜きの軍勢も立ち向かうことができない
11:16 敵は意のままに行動し、対抗する者はない。あの『麗しの地』に彼は支配を確立し、一切をその手に収める。
11:17 彼は南の王国全体を支配しようと望み、和睦を図り、娘を与え、それによってこの国を滅ぼそうとするが、娘の力は続かず、役に立たない
11:18 次に、彼は島々に目を向け、その多くを占領するが、ある軍人が彼の悪行にとどめを刺し、その悪行に報いる
11:19 この軍人自国の城塞に帰るが、そこで失墜し、倒れて消えうせる
11:20 彼に代わって立つ者は、王国の栄光のためにと、税を取る者を巡回させる。しかし、幾日もたたないうちに、怒りにも戦いにも遭わずに滅び去る
11:21 代わって立つ者は卑しむべき者で、王としての名誉は与えられず、平穏な時期に現れ、甘言を用いて王権を取る
11:22 洪水のような勢力も彼によって押し流され、打ち破られ、契約の君も破られる
11:23 この王は、僅かの腹心と共に悪計を用いて多くの者と同盟を結び、勢力を増し、強大になって行く
11:24 平穏な時期に彼は最も豊かな地方を侵略し、先祖のだれもしたことのないようなことを行い、戦利品や財宝を分配する。また、諸方の砦に対して計略を練るが、それは一時期のことである
11:25 やがて彼は力と勇気を奮い起こし、南の王に対して大軍を整える南の王も非常に強大な軍勢をもってこれと戦うが、計略にかかり、勝つことができない
11:26 すなわち、南の王の禄を食む者ら自身が彼を打ち破る。その軍勢は押し流され、多くの者が傷つき倒れる。
11:27 これら二人の王は、互いに悪意を抱きながら一つの食卓を囲み、虚言を語り合う。しかし、何事も成功しない。まだ終わりの時ではないからである。
11:28 北の王莫大な富を獲得して自国に引き揚げる聖なる契約に逆らう思いを抱いて、ほしいままにふるまい、自国に帰る
11:29 時が来て、彼は再び南に攻め入るが、これは最初でも最後でもない
11:30 キティム船隊が攻めるので、彼は力を失う彼は再び聖なる契約に対し、怒りを燃やして行動し、また聖なる契/約を離れる者があることに気づく
11:31 彼は軍隊を派遣して砦すなわち聖所を汚し、日ごとの供え物を廃止し、憎むべき荒廃をもたらすものを立てる。
11:32 契約に逆らう者を甘言によって棄教させるが、自分の神を知る民は確固として行動する。
11:33 民の目覚めた人々は多くの者を導くが、ある期間、剣にかかり、火刑に処され、捕らわれ、略奪されて倒される
11:34 こうして倒れるこの人々を助ける者は少なく、多くの者は彼らにくみするが、実は不誠実である。
11:35 これらの指導者の何人かが倒されるのは、終わりの時に備えて練り清められ、純白にされるためである。まだ時は来ていない。
11:36 あの王はほしいままにふるまい、いよいよ驕り高ぶって、どのような神よりも自分を高い者と考えるすべての神にまさる神に向かって恐るべきことを口にし、怒りの時が終わるまで栄え続ける定められたことは実現されねばならないからである
11:37 先祖の神々を無視し、女たちの慕う神をも、そして他のどのような神をも尊ばず、自分を何者にもまさって偉大であると思う
11:38 代わりに、先祖の知らなかった神、すなわち砦の神をあがめ、金銀、宝石、宝物でこれを飾り立てる
11:39 強固な砦の数々を異国の神に頼って攻め、気に入った者には栄誉を与えて多くの者を支配させ、封土を与える
11:40 終わりの時に至って、南の王は彼に戦いを挑むそれに対して北の王は、戦車、騎兵、大船隊をもって、嵐のように押し寄せ、各国に攻め入り、洪水のように通過して行く
11:41 あの『麗しの地』もこうして侵略され、多くの者が倒れるアンモンの選ばれた者、エドムモアブはその手を免れる。
11:42 彼は国から国へと手を伸ばし、エジプトもその手を免れえない。
11:43 エジプトの隠された宝、金銀、宝物はすべて彼の支配するところとなりリビアクシュは彼の進むところに従う。
11:44 次いで、東と北からの知らせに危険を感じ、多くの者を滅ぼし絶やそうと、大いに激昂して進軍する。
11:45 海とあの『麗しの地』の聖なる山との間に天幕を張って、王の宿営とするしかし、ついに彼の終わりの時が来るが、助ける者はない

コメントを追加


セキュリティコード
更新

運用団体

ゴスペルハウス浦幌: 今日もバイブルしましょう!
〒089-5601
北海道十勝郡浦幌町宝町53-41
Tel.015-576-2929 Fax.0155-67-0127
Email: info@bible-today.com

サイト管理

ビジョンハウス更別 今日もばいぶるしましょう! 担当:アブラハム・リー
〒089-1542
北海道河西郡更別村更別南1線89-57
Tel.0155-52-5905 Fax.0155-67-0127
Email: info@bible-today.com
UA-73882025-1