一貫性の教育 エゼキエル45:9-11 

投稿者: あゆみ・リー on .

この記事の評価: 0 / 5

星を無効星を無効星を無効星を無効星を無効
 

神である主はこう仰せられる。イスラエルの君主たちよ。もうたくさんだ。暴虐と暴行を取り除き、公義と正義とを行え。わたしの民を重税で追い立てることをやめよ。ー神である主の御告げー
正しいはかり、正しいエパ、正しいバテを使え。
エパとバテを同一量にせよ。バテはホメルの十分の一、エパもホメルの十分の一とせよ。その量はホメルを単位とせよ。 (エゼ45:9-11)


当時、イスラエルの君主たちが、いい加減なはかりで何かと税を増やし、払えない民に暴虐と暴行を加えていたことが伺える。
わたしは、ホームスクーリングをしている中で、息子が日本語の学びをもっとしなければならないのではと、昨日学校からの教科書にある漢字表を見て、少しあせりを感じ、主に伺っていた。「やはり、教科書どおり国語も学ぶべきでしょうか?」と・・・。
今朝は、この箇所から、祈りの答えを頂いた。重税で追い立てるとは、びっくりしたが、とにかく、目標を設定した段階で、親子ともに納得したものを、途中で変えるべきではないし、息子には、主の最高のご計画があるから、人と比べてあせる必要はないと確信できた。
今は日本の中学生と同じ漢字の力はないが、どんなに難しい字を読み書きできても、使わなければどんどん忘れてしまう。おばあちゃんは田舎で高等教育を受けられなかったけれども、生活の中で、辞典を引いたり、本を読んだり、手紙を書いたりして、とても読み書きが得意だと、そんな心構えで、一生勉強していこうと話をした。
教育していく中で、あの時は良かったのに、今日は叱るというように、一貫性のないやり方、そこからイライラが生じ、暴虐に近い言葉を発することを悔い改めた
良かったね。主は公義と正義なるお方。サムエルを守ってくれたね。主は最高の教育者!

バテはホメルの十分の一=罰は褒めるの十分の一(ダジャレ解釈)

コメントを追加


セキュリティコード
更新

運用団体

ゴスペルハウス浦幌: 今日もバイブルしましょう!
〒089-5601
北海道十勝郡浦幌町宝町53-41
Tel.015-576-2929 Fax.0155-67-0127
Email: info@bible-today.com

サイト管理

ビジョンハウス更別 今日もばいぶるしましょう! 担当:アブラハム・リー
〒089-1542
北海道河西郡更別村更別南1線89-57
Tel.0155-52-5905 Fax.0155-67-0127
Email: info@bible-today.com
UA-73882025-1