イザヤ5章 イスラエルの災いの理由

投稿者: アブラハム・リー on .

星を無効星を無効星を無効星を無効星を無効
 

イザヤ5章 イスラエルの災いの理由

israel-disaster

イスラエルが災害にあった理由についてこの章は、語ります。

5:24 彼らが万軍の主の教えを拒み、イスラエルの聖なる方の言葉を侮ったからだ。

イスラエルが災害を受けた理由について、イザヤは、神様から直接聞きました。そして、その内容をイスラエルの民に向かって語りました。涙を伴いながら、語り続けました。

しかし、イスラエルは、聞こうともしませんでした。

その結果、彼らは災害を受けるようになりました。

イスラエルと神様との関係を考えてみると、神様は、アブラハムという人物を選び、偶像を作っていた父の家から離れ、神様が示す場所へ行くように導きました。アブラハムの時代までの中には、天地創造以来、アダムの不従順から罪が世に入り、アダムの子孫たちは罪に満ちた生活を続くと共に、神様を拒み、自分勝手な道を歩んでいました。これにより、神様は当時の人々に水によって裁きを与えました。生き残ったのは、ノアの8人の家族のみでした。そこから、再出発をしたのですが、人間の数が増えると共に、バベルの塔を作り、自分の立場である、創られたものから神様のようになろうと高くバベルの塔を建て続いたところから、神様は彼らの言葉を混乱させ、また、バベルの塔を壊すことにいたります。

このような歴史の中で、神様はアブラハムを選び、良いブドウの木のように人類の救いの計画を立てました。そして、アブラハムの子孫を通して、全ての民が祝福を受けることを計画していました。

しかし、アブラハムの子孫である、イスラエルの民は、神様の言うことを拒むことから、酸っぱいぶどうが実ったような結果になりました。

これから、災いがイスラエルに訪れることとなりました。

イスラエルが神様から植えられた良いぶどうの木のような存在なのに、酸っぱい実を出し、神様の計画を完全に拒むことから、イスラエルに災害が与えられたのです。

各個人に置いても、神様の計画があります。その計画に沿って歩む時、神様に栄光を表すようになります。自分の人生の目的は何でしょうか?そして、それに従っているのでしょうか?これは、人生の一番大切な質問ではないでしょうか。

ゴスペルハウス
アブラハム・リー 

 

5:1 わたしは歌おう、わたしの愛する者のために/そのぶどう畑の愛の歌を。わたしの愛する者は、肥沃(ひよく)な丘に/ぶどう畑を持っていた。

5:2 よく耕して石を除き、良いぶどうを植えた。その真ん中に見張りの塔を立て、酒ぶねを掘り/良いぶどうが実るのを待った。しかし、実ったのは酸っぱいぶどうであった。

5:3 さあ、エルサレムに住む人、ユダの人よ/わたしとわたしのぶどう畑の間を裁いてみよ。

5:4 わたしがぶどう畑のためになすべきことで/何か、しなかったことがまだあるというのか。わたしは良いぶどうが実るのを待ったのに/なぜ、酸っぱいぶどうが実ったのか

5:5 さあ、お前たちに告げよう/わたしがこのぶどう畑をどうするか。囲いを取り払い、焼かれるにまかせ/石垣(いしがき)を崩し、踏み荒らされるにまかせ

5:6 わたしはこれを見捨てる。枝は刈り込まれず/耕されることもなく/茨やおどろが生い茂るであろう。雨を降らせるな、とわたしは雲に命じる

5:7 イスラエルの家は万軍の主のぶどう畑主が楽しんで植えられたのはユダの人々。主は裁き(ミシュパト)を待っておられたのに/見よ、流血(ミスパハ)。正義(ツェダカ)を待っておられたのに/見よ、叫喚(ツェアカ)。

5:8 災いだ、家に家を連ね、畑に畑を加える者は。お前たちは余地を残さぬまでに/この地を独り占めにしている。

5:9 万軍の主はわたしの耳に言われた。この多くの家、大きな美しい家は/必ず荒れ果てて住む者がなくなる

5:10 十ツェメドのぶどう畑に一バトの収穫/一ホメルの種に一エファの実りしかない。

5:11 災いだ、朝早くから濃い酒をあおり/夜更けまで酒に身を焼かれる者は。

5:12 酒宴には琴と竪琴、太鼓と笛をそろえている。だが、主の働きに目を留めず/御手の業を見ようともしない

5:13 それゆえ、わたしの民はなすすべも/知らぬまま捕らわれて行く。貴族らも飢え、群衆は渇きで干上がる。

5:14 それゆえ、陰府は喉を広げ/その口をどこまでも開く。高貴な者も群衆も/騒ぎの音も喜びの声も、そこに落ち込む。

5:15 人間が卑しめられ、人はだれも低くされる。高ぶる者の目は低くされる。

5:16 万軍の主は正義のゆえに高くされ/聖なる神は恵みの御業のゆえにあがめられる。

5:17 小羊は牧場にいるように草をはみ/肥えた家畜は廃虚で餌を得る。

5:18 災いだ、むなしいものを手綱として、罪を/車の綱として、咎を引き寄せる者は。

5:19 彼らは言う。「イスラエルの聖なる方を急がせよ/早く事を起こさせよ、それを見せてもらおう。その方の計らいを近づかせ、実現させてみよ。そうすれば納得しよう。

5:20 災いだ、悪を善と言い、善を悪と言う者は。彼らは闇を光とし、光を闇とし/苦いものを甘いとし、甘いものを苦いとする。

5:21 災いだ、自分の目には知者であり/うぬぼれて、賢いと思う者は。

5:22 災いだ、酒を飲むことにかけては勇者/強い酒を調合することにかけては/豪傑である者は。

5:23 これらの者は賄賂(わいろ)を取って悪人を弁護し/正しい人の正しさを退ける。

5:24 それゆえ、火が舌のようにわらをなめ尽くし/炎が枯れ草を焼き尽くすように/彼らの根は腐り、花は塵のように舞い上がる。彼らが万軍の主の教えを拒み/イスラエルの聖なる方の言葉を侮ったからだ

5:25 それゆえ/主は御自分の民に向かって激しく怒り/御手を伸ばして、彼らを撃たれた。山々は震え/民のしかばねは芥のように巷に散った。しかしなお、主の怒りはやまず/御手は伸ばされたままだ

5:26 主は旗を揚げて、遠くの民に合図し/口笛を吹いて地の果てから彼らを呼ばれる。見よ、彼らは速やかに、足も軽くやって来る

5:27 疲れる者も、よろめく者もない。まどろむことも、眠ることもしない。腰の帯は解かれることがなく/サンダルのひもは切れることがない

5:28 彼らは矢を研ぎ澄まし/弓をことごとく引き絞っている。馬のひづめは火打ち石のようだ。車輪は嵐のように速い。

5:29 彼らは雌獅子のようにほえ/若獅子のようにほえ/うなり声をあげ、獲物を捕らえる。救おうとしても、助け出しうる者はない。

5:30 その日には、海のごう音のように/主は彼らに向かって、うなり声をあげられる。主が地に目を注がれると、見よ、闇が地を閉ざし/光も黒雲に遮られて闇となる。

 

 

コメントする権限がありません。

運用団体

ゴスペルハウス浦幌: 今日もバイブルしましょう!
〒089-5601
北海道十勝郡浦幌町宝町53-41
Tel.015-576-2929 Fax.0155-67-0127
Email: info@bible-today.com

サイト管理

ビジョンハウス更別 今日もばいぶるしましょう! 担当:アブラハム・リー
〒089-1542
北海道河西郡更別村更別南1線89-57
Tel.0155-52-5905 Fax.0155-67-0127
Email: info@bible-today.com
UA-73882025-1