イザヤ21章 立ち上がれ、首長たち。盾に油を塗れ。

投稿者: アブラハム・リー on .

この記事の評価: 0 / 5

星を無効星を無効星を無効星を無効星を無効
 

イザヤ21章 立ち上がれ、首長たち。盾に油を塗れ

shields

この章は、バビロンに対する予言です。バビロンは、強い国として多くの国を倒しました。しかし、その後安住している間、アッシリアにより、倒れてしまう歴史の事実があります。

バビロンに対してイザヤは、飲んだり食べたりする場合ではなく、「立ち上がれ、首長たち。盾に油を塗れ。」と予言をしました。災害などは、突然来ます。

今、私達に必要とされるのは、安住する願いより、常に心を見守り、謙って神様と共に歩むことでしょう。

危険がよそってくる時、その時を見分ける知恵も必要でしょう。

聖書の黙示録に、これから起きることについて書いてあります。そして、その予言は、成就されます。ヨハネが見たこの予言の言葉は、今の時代に必要とされる言葉ですので、親しんで読む必要があります。

7つの封印、7つのラッパ、そして、イエス様の再臨、その後は、新しい天と地で、永遠の命を受け継ぐことが出来る幸いが待っています。

イエス様が来られることを準備し続けることが、今の時代を生きる知恵ではないかと思います。

アブラハム・リー@ゴスペルハウス

21:1 海の荒野に対する宣告ネゲブに吹きまくるつむじ風のように、それは、荒野から、恐ろしい地からやって来る。

21:2 きびしい幻が、私に示された。裏切る者は裏切り、荒らす者は荒らす。エラムよ、上れ。メディヤよ、囲め。すべての嘆きを、私は終わらせる。

21:3 それゆえ、私の腰は苦痛で満ちた。女の産みの苦しみのような苦しみが私を捕えた。私は、心乱れて聞くにたえない。恐ろしさのあまり、見るにたえない。

21:4 私の心は迷い、恐怖が私を震え上がらせた。私が恋い慕っていたたそがれも、私にとっては恐れとなった。

21:5 彼らは食卓を整え、座席を並べて、飲み食いしている。「立ち上がれ、首長たち。盾に油を塗れ。」

21:6 主は私にこう仰せられた。「さあ、見張りを立たせ、見たことを告げさせよ。

21:7 戦車や、二列に並んだ騎兵、ろばに乗った者や、らくだに乗った者を見たなら、よくよく注意を払わせよ。」

21:8 すると獅子が叫んだ。「主よ。私は昼間はずっと物見の塔の上に立ち、夜はいつも私の見張り所についています

21:9 ああ、今、戦車や兵士、二列に並んだ騎兵がやって来ます。彼らは互いに言っています。『倒れた。バビロンは倒れた。その神々のすべての刻んだ像も地に打ち砕かれた。』と。」

21:10 踏みにじられた私の民、打ち場の私の子らよ。私はイスラエルの神、万軍の主から聞いた事を、あなたがたに告げたのだ。

21:11 ドマに対する宣告。セイルから、私に叫ぶ者がある。「夜回りよ。今は夜の何時か。夜回りよ。今は夜の何時か。」

21:12 夜回りは言った。「朝が来、また夜も来る。尋ねたければ尋ねよ。もう一度、来るがよい。」

21:13 アラビヤに対する宣告。デダン人の隊商よ。アラビヤの林に宿れ。

21:14 テマの地の住民よ。渇いている者に会って、水をやれ。のがれて来た者にパンを与えてやれ。

21:15 彼らは、剣や、抜き身の剣から、張られた弓や激しい戦いからのがれて来たのだから。

21:16 まことに主は私に、こう仰せられる。「雇い人の年期のように、もう一年のうちに、ケダルのすべての栄光は尽き果て、

21:17 ケダル人の勇士たちで、残った射手たちの数は少なくなる。」イスラエルの神、主が告げられたのだ。

 

コメントを追加


セキュリティコード
更新

運用団体

ゴスペルハウス浦幌: 今日もバイブルしましょう!
〒089-5601
北海道十勝郡浦幌町宝町53-41
Tel.015-576-2929 Fax.0155-67-0127
Email: info@bible-today.com

サイト管理

ビジョンハウス更別 今日もばいぶるしましょう! 担当:アブラハム・リー
〒089-1542
北海道河西郡更別村更別南1線89-57
Tel.0155-52-5905 Fax.0155-67-0127
Email: info@bible-today.com
UA-73882025-1