エレミヤ6章 災いと大いなる破壊が北から迫っている

投稿者: アブラハム・リー on .

星を無効星を無効星を無効星を無効星を無効
 

エレミヤ6章  災いと大いなる破壊が北から迫っている 

judgement-sistine-chapel

イスラエルに災害が来ることを神様は、預言者を通して、語っています。この章は、特に、災害の前に、非難するように声をかけています。

しかし、イスラエルは、聞こうともしませんでした。 

6:17 わたしは、「あなたたちのために見張りを立て/耳を澄まして角笛の響きを待て」と言った。しかし、彼らは言った。「耳を澄まして待つことはしない」と。 

6:21 それゆえ、主はこう言われる。「見よ、わたしはこの民につまずきを置く。彼らはそれにつまずく。父も子も共に、隣人も友も皆、滅びる。」 

ここまで、何度も何度も、彼らを取り戻そうと預言者を送り、神様の言葉を語り続けたが、彼らは、聞こうともしませんでした。身分の低いものから、高いものまで。誰一人、聞こうともしませんでした。

その結果、「主が彼らを捨てられたからだ。」ということになりました。

ここから、学ぶことは、 神様の言葉を「聞く」ことの大切さです。彼らは、自分がしたいことに夢中になり、神様と関係の無いことをしていました。神様の言うことを聞くことさえできていたら、そして、聞いた事を実行するように心に留めていたら、滅ぼされることはなかったでしょう。

主の言うことを聞きましょう。聖書は、神様の言葉です。その言葉を聞き、それに従って歩むこそ、最善の道が開かれます。

今日も、バイブルしましょう。

ゴスペルハウス
アブラハム・リー

6:1 ベニヤミンの人々よ/エルサレムの中から避難せよ。テコアで角笛を吹き鳴らし/ベト・ハケレムに向かってのろしを上げよ。災いと大いなる破壊が北から迫っている

6:2 美しく、快楽になれた女、娘シオンよ/わたしはお前を滅ぼす。

6:3 羊飼いが、その群れと共にやって来る。彼女に向かって周囲に天幕を張り/それぞれに、草を食い尽くす。

6:4 シオンに対して戦闘を開始せよ。立て、昼の間に攻め上ろう。大変だ、日が傾き、夕日の影が伸びてきた。

6:5 立て、夜襲をかけよう。城郭を破壊しよう。

6:6 まことに、万軍の主はこう言われる。「木を切り、土を盛り/エルサレムに対して攻城の土塁を築け。彼女は罰せられるべき都/その中には抑圧があるのみ。

6:7 泉の水が湧くように/彼女の悪は湧き出る。不法と暴力の叫びが聞こえてくる。病と傷は、常にわたしの前にある。

6:8 エルサレムよ、懲らしめを受け入れよ。さもないと、わたしはお前を見捨て/荒れ果てて人の住まない地とする。」

6:9 万軍の主はこう言われる。「ぶどうの残りを摘むようにイスラエルの残りの者を摘み取れ。ぶどうを摘む者がするように/お前は、手をもう一度ぶどうの枝に伸ばせ。」

6:10 誰に向かって語り、警告すれば/聞き入れるのだろうか。見よ、彼らの耳は無割礼で/耳を傾けることができない。見よ、主の言葉が彼らに臨んでも/それを侮り、受け入れようとしない。

6:11 主の怒りでわたしは満たされ/それに耐えることに疲れ果てた。「それを注ぎ出せ/通りにいる幼子、若者の集いに。男も女も、長老も年寄りも必ず捕らえられる。

6:12 家も畑も妻もすべて他人の手に渡る。この国に住む者に対して/わたしが手を伸ばすからだ」と主は言われる。

6:13 「身分の低い者から高い者に至るまで/皆、利をむさぼり/預言者から祭司に至るまで皆、欺く。

6:14 彼らは、わが民の破滅を手軽に治療して/平和がないのに、『平和、平和』と言う。

6:15 彼らは忌むべきことをして恥をさらした。しかも、恥ずかしいとは思わず/嘲られていることに気づかない。それゆえ、人々が倒れるとき、彼らも倒れ/わたしが彼らを罰するとき/彼らはつまずく」と主は言われる。

6:16 主はこう言われる。「さまざまな道に立って、眺めよ。昔からの道に問いかけてみよ/どれが、幸いに至る道か、と。その道を歩み、魂に安らぎを得よ。」しかし、彼らは言った。「そこを歩むことをしない」と。

6:17 わたしは、「あなたたちのために見張りを立て/耳を澄まして角笛の響きを待て」と言った。しかし、彼らは言った。「耳を澄まして待つことはしない」と。

6:18 「それゆえ、国々よ、聞け。わたしが彼らにしようとすることを知れ。

6:19 この地よ、聞け。見よ、わたしはこの民に災いをもたらす。それは彼らのたくらみが結んだ実である。彼らがわたしの言葉に耳を傾けず/わたしの教えを拒んだからだ。

6:20 シェバから持って来た乳香や/はるかな国からの香水萱が/わたしにとって何の意味があろうか。あなたたちの焼き尽くす献げ物を喜ばず/いけにえをわたしは好まない。」

6:21 それゆえ、主はこう言われる。「見よ、わたしはこの民につまずきを置く。彼らはそれにつまずく。父も子も共に、隣人も友も皆、滅びる。

6:22 主はこう言われる。「見よ、一つの民が北の国から来る。大いなる国が地の果てから奮い立って来る。

6:23 弓と投げ槍を取り、残酷で、容赦しない。海のとどろくような声をあげ、馬を駆り/戦いに備えて武装している。娘シオンよ、あなたに向かって。」

6:24 我々はその知らせを聞き、手の力は抜けた。苦しみに捕らえられ/我々は産婦のようにもだえる。

6:25 「野に出るな、道を行くな。敵は剣を取り、恐怖が四方から迫る。

6:26 わが民の娘よ、粗布をまとい/灰を身にかぶれ。独り子を失ったように喪に服し/苦悩に満ちた嘆きの声をあげよ。略奪する者が、突如として我々を襲う。」

6:27 わたしはあなたをわが民の中に/金を試す者として立てた。彼らの道を試し、知るがよい。

6:28 彼らは皆、道を外れ、中傷して歩く。彼らは皆、青銅や鉄の滓/罠を仕掛けて人を滅ぼす者だ。

6:29 鉛はふいごで起こした火に溶ける。彼らも火で試されたが、空しかった。彼らの悪は取り除かれることがなかった。

6:30 捨てられた銀の滓、と彼らは呼ばれる。主が彼らを捨てられたからだ。 

 

コメントする権限がありません。

運用団体

ゴスペルハウス浦幌: 今日もバイブルしましょう!
〒089-5601
北海道十勝郡浦幌町宝町53-41
Tel.015-576-2929 Fax.0155-67-0127
Email: info@bible-today.com

サイト管理

ビジョンハウス更別 今日もばいぶるしましょう! 担当:アブラハム・リー
〒089-1542
北海道河西郡更別村更別南1線89-57
Tel.0155-52-5905 Fax.0155-67-0127
Email: info@bible-today.com
UA-73882025-1