エレミヤ52章 悔い改めなかったユダの終末

投稿者: アブラハム・リー on .

この記事の評価: 0 / 5

星を無効星を無効星を無効星を無効星を無効
 

エレミヤ52章 悔い改めなかったユダの終末

captivity

ユダの最後の王、ゼデキヤは、ヨヤキムが行ったように、主の目に悪とされることをことごとく行った

そして、一瞬も悔い改めようともしなかった。その機会は、預言者エレミヤを通して、何度も語られていたのにも関わらず、常に、悪を追求していた。

それは、彼の時代で始まったのではなく、彼の父ヨヤキムが行ったことを引き継いだ。代々続くユダの王の罪は、神様を悲しんだ。また、何度も、何度も、悔い改める機会を与えたが、彼らの心は、神様に背いていた。これに対して、神様は心に苦しみを抱きながら、ユダに裁きを与えられた。

彼らの先祖、ダビデやソロモンが築いた神殿や町の城壁は、破れた。それは、ユダの大きな損失を与えた。国は、なくなり、多くのユダヤ人は、囚人として、バビロンへ連れられた。

もし、王が 語られる預言者の言葉に耳を傾け、心からそのお話を聞き入れ、悔い改めることができたならば、ユダは、別の道が待っていたのに・・・

これは、現代の私たちにも適用できるお話です。多くの人が忙しい生活を過ごしているが、神様からの聖書のメッセージに心を留めようとしないのが現実ではないでしょうか。彼らも、その福音のメッセージを聞き入れ、そのお話を心に留め、自分勝手な生活を悔い改めることができるならば、別な人生が待っています。

神である、イエス様は、このように語りました。「ヨハネ10:10 盗人が来るのは、盗んだり、屠ったり、滅ぼしたりするためにほかならない。わたしが来たのは、羊が命を受けるため、しかも豊かに受けるためである。」 

豊かな人生を過ごすことができる道があります。皆がその道を知り、受け取ることができるように、信じる心を祈ります。

ゴスペルハウス
アブラハム・リー 

52:1 ゼデキヤは二十一歳で王となり、十一年間エルサレムで王位にあった。その母は名をハムタルといい、リブナ出身のイルメヤの娘であった。

52:2 彼はヨヤキムが行ったように、主の目に悪とされることをことごとく行った

52:3 エルサレムとユダは主の怒りによってこのような事態になり、ついにその御前から投げ捨てられることになった。ゼデキヤはバビロンの王に反旗を翻した。

52:4 ゼデキヤの治世、第九年十月十日に、バビロンの王ネブカドレツァルは全軍を率いてエルサレムに到着し、陣を敷き、周りに堡塁を築いた。

52:5 都は包囲され、ゼデキヤ王の第十一年に至った。

52:6 四月九日に、都の中で飢えが厳しくなり、国の民の食糧が尽き

52:7 都の一角が破られた。戦士たちは皆逃げ出した。彼らは夜中に、カルデア人が都を取り巻いていたが、王の園に近い二つの城壁の間にある門を通って都を出、アラバへ向かって行った

52:8 カルデア軍は王の後を追い、エリコの荒れ地でゼデキヤに追いついた王の軍隊はすべて王を離れ去ってちりぢりになった。

52:9 王は捕らえられ、ハマト地方のリブラにいるバビロンの王のもとに連れて行かれ、裁きを受けた。

52:10 バビロンの王は、ゼデキヤの目の前で彼の王子たちを殺し、また、ユダの将軍たちもすべてリブラで殺した。

52:11 その上で、バビロンの王はゼデキヤの両眼をつぶし、青銅の足枷をはめ、彼をバビロンに連れて行き、死ぬまで牢獄に閉じ込めておいた。

52:12 五月十日、バビロンの王ネブカドレツァルの第十九年のこと、バビロンの王の側近である親衛隊の長ネブザルアダンがエルサレムに来て、

52:13 主の神殿、王宮、エルサレムの家屋をすべて焼き払った。大いなる家屋もすべて、火を放って焼き払った。

52:14 また、親衛隊の長と共に来たカルデア人は、軍をあげてエルサレムの周囲の城壁をすべて取り壊した。

52:15 貧しい民の一部、民のうち都に残っていたほかの者、バビロンの王に投降した者、ほかの技師たちは親衛隊の長ネブザルアダンによって、捕囚とされ、連れ去られた。

52:16 この地の貧しい民の一部は、親衛隊の長ネブザルアダンによってぶどう畑と耕地にそのまま残された。

52:17 カルデア人は主の神殿の青銅の柱、台車、主の神殿にあった青銅の「海」を砕いて、その青銅をことごとくバビロンへ運び去り、

52:18 壺、十能、芯切り鋏、鉢、柄杓など、祭儀用の青銅の器をことごとく奪い取った。

52:19 また親衛隊の長は、小鉢、火皿、鉢、壺、燭台、柄杓、水差しなど、金製品も銀製品もすべて奪い取った。

52:20 ソロモンが主の神殿のために造らせた二本の柱、一つの「海」、それを支える青銅の牛十二頭および台車についていえば、これらすべてのものの青銅の重量は量りきれなかった。

52:21 柱についていえば、一本の柱の高さは十八アンマ、周囲は十二アンマ、空洞で厚みは指四本分であった。

52:22 その上に青銅の柱頭があり、一方の柱頭の高さは五アンマ、柱頭の周りには格子模様の浮き彫りとざくろがあって、このすべてが青銅であった。もう一本の柱も同様に出来ていて、ざくろもそうであった。

52:23 九十六個のざくろがぶら下がっており、格子模様の浮き彫りの周囲にあるざくろは全部で百個であった。

52:24 親衛隊の長は祭司長セラヤ、次席祭司ツェファンヤ、入り口を守る者三人を捕らえた。

52:25 また、彼は戦士の監督をする宦官一人、都にいた王の側近七人、国の民の徴兵を担当する将軍の書記官、および都にいた国の民六十人を都から連れ去った。

52:26 親衛隊の長ネブザルアダンは彼らを捕らえて、リブラにいるバビロンの王のもとに連れて行った。

52:27 バビロンの王はハマト地方のリブラで彼らを打ち殺した。こうしてユダは自分の土地を追われて捕囚となった。

52:28 ネブカドレツァルが捕囚として連れ去った民の数をここに記すと、第七年に連れ去ったユダの人々が三千二十三人、

52:29 ネブカドレツァルの第十八年にエルサレムから連れ去った者が八百三十二人であった。

52:30 ネブカドレツァルの第二十三年には、親衛隊の長ネブザルアダンがユダの人々七百四十五人を捕囚として連れ去った。総数は四千六百人である。

52:31 ユダの王ヨヤキンが捕囚となって三十七年目の十二月二十五日に、バビロンの王エビル・メロダクは、その即位の年にユダの王ヨヤキンに情けをかけ、彼を出獄させた。

52:32 バビロンの王は彼を手厚くもてなし、バビロンで共にいた王たちの中で彼に最も高い位を与えた。

52:33 ヨヤキンは獄中の衣を脱ぎ、生きている間、毎日欠かさず王と食事を共にすることとなった。

52:34 彼は生きている間、死ぬ日まで毎日、日々の糧を常にバビロンの王から支給された。

 

 

コメントを追加


セキュリティコード
更新

運用団体

ゴスペルハウス浦幌: 今日もバイブルしましょう!
〒089-5601
北海道十勝郡浦幌町宝町53-41
Tel.015-576-2929 Fax.0155-67-0127
Email: info@bible-today.com

サイト管理

ビジョンハウス更別 今日もばいぶるしましょう! 担当:アブラハム・リー
〒089-1542
北海道河西郡更別村更別南1線89-57
Tel.0155-52-5905 Fax.0155-67-0127
Email: info@bible-today.com
UA-73882025-1