出エジプト39章

投稿者: アブラハム・リー on .

この記事の評価: 5 / 5

星を有効星を有効星を有効星を有効星を有効
 

出エジプト39章

祭司の服

祭司たちがはいた服の内容とその説明が上に書いてあります。

今日は、その中で、金色、青色、紫色、緋色の撚り糸を考えます。金色は、天国の色です。つまり、新しい天地が造られるときに表現される色は、金色です。

青色は、空色、天の色で、キリストが天から降りてこられ、私たちのための大祭司となって下さったことを表します。

紫色は、王の宮殿でしか昔はないほど高価な布でありました。キリストは、王の王、主の主であります。

緋色も、高価なものであり、王の服に使われました。また、聖書では、緋色とイスラエルが比例して出てきます。イスラエル(選ばれた民=今は、キリストを信じるものを表す。)の王であることを表します。

上記の3色と金色の糸が撚られて天への道を導くキリストの働きを表します。

また、亜麻布は、白いで純粋、生徒の正しい行いなどを表します。とりなしの祈り(他の人のための祈り)は、亜麻布として表現されています。つまり、生徒の正しい行いとして見られます。

1ペテロ2:9 「しかし、あなたがたは、選ばれた種族、王である祭司、聖なる国民、神の所有とされた民です。それは、あなたがたを、やみの中から、ご自分の驚くべき光の中に招いてくださった方のすばらしいみわざを、あなたがたが宣べ伝えるためなのです。」

アブラハム・リー@ゴスペルハウス

 

39:1 彼らは、青色、紫色、緋色の撚り糸で、聖所で仕えるための式服を作った。また、主がモーセに命じられたとおりに、アロンの聖なる装束を作った。
39:2 彼はまた、金色、青色、紫色、緋色の撚り糸と、撚り糸で織った亜麻布で、エポデを作った
39:3 彼らは金の板を打ち延ばし、巧みなわざで青色、紫色、緋色の撚り糸に撚り込み、亜麻布に織り込むために、これを切って糸とした。
39:4 彼らは、エポデにつける肩当てを作った。それぞれ、エポデの両端につけられた。
39:5 エポデの上で結ぶあや織りの帯は、エポデと同じ材料で、主がモーセに命じられたとおり、金色、青色、紫色、緋色の撚り糸、撚り糸で織った亜麻布で、エポデと同様に作った。
39:6 彼らは、しまめのうを、金のわくにはめ込み、これに印を彫るようにして、イスラエルの子らの名を彫った
39:7 彼らはそれをエポデの肩当てにつけ、主がモーセに命じられたとおりに、イスラエルの子らの記念の石とした
39:8 彼はまた、胸当てを巧みな細工で、エポデの細工と同じように、金色や青色、紫色、緋色の撚り糸、撚り糸で織った亜麻布で作った。
39:9 四角形で二重にし、その胸当てを作った。長さ一あたり、幅一あたりで、二重であった。
39:10 それに、四列の宝石をはめ込んだ。第一列は赤めのう、トパーズ、エメラルド。
39:11 第二列はトルコ玉、サファイヤ、ダイヤモンド。
39:12 第三列はヒヤシンス石、めのう、紫水晶。
39:13 第四列は緑柱石、しまめのう、碧玉。これらを金のわくに入れてはめ込んだ。
39:14 これらの宝石は、イスラエルの子らの名によるもので、彼らの名にしたがい、十二個で、十二の部族のために印の彫り物が、一つの名につき一つずつあった
39:15 ついで、編んで撚った純金の鎖を、胸当ての上に作った。
39:16 彼らは金のわく二個と金の環を二個作り、二個の環を胸当ての両端につけた。
39:17 そして彼らは、二筋の金のひもを胸当ての両端の二個の環につけた。
39:18 その二筋のひもの他の端を、先の二つのわくにつけ、エポデの肩当てに外側に向くようにつけた。
39:19 ほかに、二個の金の環を作り、これを胸当ての両端、すなわち、エポデの前に来る胸当ての内側の縁につけた。
39:20 ほかに、二個の金の環を作り、エポデの二つの肩当ての下端の外側に、すなわち、エポデのあや織りの帯の上部の継ぎ目に接した面の上につけた。
39:21 胸当ては青ひもで、その環のところをエポデの環に結びつけ、エポデのあや織りの帯の上にあるようにし、胸当てがエポデからずり落ちないようにした。主がモーセに命じられたとおりである
39:22 また、エポデの下に着る青服を青色の撚り糸だけで織って作った。
39:23 青服の口は、その真中にあって、よろいのえりのようで、その口の周囲には縁をつけて、ほころびないようにした。
39:24 青服のすその上に、青色、紫色、緋色の撚り糸で、撚ったざくろを作った。
39:25 また彼らは、純金の鈴を作り、その鈴を青服のすそ回りの、ざくろとざくろとの間につけた。
39:26 主がモーセに命じられたとおりに、仕えるための青服のすそ回りには、鈴にざくろ、鈴にざくろがあった。
39:27 彼らは、アロンとその子らのために、織った亜麻布で長服と、
39:28 亜麻布でかぶり物と、亜麻布で美しいターバンと、撚り糸で織った亜麻布でももひきを作った。
39:29 撚り糸で織った亜麻布青色、紫色、緋色の撚り糸で、刺繍してできた飾り帯を作った。主がモーセに命じられたとおりである。
39:30 ついで、聖別の記章の札純金で作り、その上に印を彫るように、「主の聖なるもの」という文字を書きつけた。
39:31 これに青ひもをつけ、それをかぶり物の回りに上から結びつけた。主がモーセに命じられたとおりである
39:32 こうして、会見の天幕である幕屋の、すべての奉仕が終わった。イスラエル人は、すべて、主がモーセに命じられたとおりにした。そのようにした。
39:33 彼らは幕屋と天幕、および、そのすべての用具をモーセのところに持って来た。すなわち、それは、その留め金、その板、その横木、その柱、その台座、
39:34 赤くなめした雄羊の皮のおおい、じゅごんの皮のおおい、仕切りの垂れ幕、
39:35 あかしの箱と、その棒、「贖いのふた」、
39:36 机と、すべての器、供えのパン、
39:37 純金の燭台と、そのともしび皿、すなわち、一列に並べるともしび皿と、そのすべての用具、および、その燈火用の油、
39:38 金の祭壇、そそぎの油、かおりの高い香、天幕の入口の垂れ幕、
39:39 青銅の祭壇と、それにつく青銅の格子と、棒と、そのすべての用具、洗盤とその台、
39:40 庭の掛け幕とその柱と、その台座、庭の門のための垂れ幕とそのひもと、その釘、また、会見の天幕のための幕屋に用いるすべての用具、
39:41 聖所で仕えるための式服、祭司アロンの聖なる装束と、祭司として仕える彼の子らの装束である。
39:42 イスラエル人は、すべて、主がモーセに命じられたとおりに、そのすべての奉仕を行なった
39:43 モーセが、すべての仕事を彼らが、まことに主が命じられたとおりに、したのを見たとき、モーセは彼らを祝福した。

コメントする権限がありません。

運用団体

ゴスペルハウス浦幌: 今日もバイブルしましょう!
〒089-5601
北海道十勝郡浦幌町宝町53-41
Tel.015-576-2929 Fax.0155-67-0127
Email: info@bible-today.com

サイト管理

ビジョンハウス更別 今日もばいぶるしましょう! 担当:アブラハム・リー
〒089-1542
北海道河西郡更別村更別南1線89-57
Tel.0155-52-5905 Fax.0155-67-0127
Email: info@bible-today.com
UA-73882025-1