レビ記10章 自分勝手な行動は、自分の死を招きます。

投稿者: アブラハム・リー on .

星を無効星を無効星を無効星を無効星を無効
 

レビ記10章 自分勝手な行動は、自分の死を招きます。

炎

アロンの息子二人は、神様の定められた火を使わず、自分勝手な火を使ったため、その火によって死にました。旧約聖書には、このような恐ろしいことがあります。現代には、考えられないことでしょうが、その当時には、十分理解したところとそのようにするという確認、そして、互いに理解と納得の上での契約でありました。それなのに、このようになったのは、心からの積極的な反抗であったでしょう。それに対する、自分勝手な行動は、自分の死を招きます。これは、リーダーになれば、なるほど厳しくなります。

先見者となり、神様が召して下さった人にも、厳しい神様の携わって下さいます。これは、神様を代表することから、厳しい訓戒があるからです。自分に対して厳しくなり、他の人には、恵みと哀れみを表す人になりたいと思います。

 アブラハム・リー@ゴスペルハウス

10:1 アロンの子のナダブとアビフはそれぞれ香炉を取って炭火を入れ、その上に香をたいて主の御前にささげたが、それは、主の命じられたものではない、規定に反した炭火であった。

規定されていない自分勝手なささげ物は、主が受け取らない。カインとアベルのケースもそうでありました。カインの心は、神様に正しい心を持ちませんでした。内臓の脂肪を火で焼かなければなりません。つまり、私たちの心が正しいものになる必要があります。全焼のいけにえのエッセンスは、ここにあります。
10:2 すると、主の御前から火が出て二人を焼き、彼らは主の御前で死んだ。
10:3 モーセがアロンに、「『わたしに近づく者たちに、わたしが聖なることを示し、すべての民の前に栄光を現そう』と主が言われたとおりだ」と言うと、アロンは黙した。
10:4 モーセはアロンのおじウジエルの子、ミシャエルエルツァファンを呼び寄せて、「進み出てきて、あなたのいとこたちを聖所から宿営の外に運び出せ」と命じた。
10:5 彼らは進み出て、モーセの命令に従い、祭服を着たままの二人を宿営の外に運び出した。
10:6 モーセは、アロンとその子エルアザルイタマルに言った。髪をほどいたり、衣服を裂いたりするなさもないと、あなたたちまでが死を招き、更に共同体全体に神の怒りが及ぶであろう。あなたたちの兄弟であるイスラエルの家はすべて、主の火によって焼き滅ぼされたことを悲しむがよい。
10:7 しかし、あなたたちは決して臨在の幕屋の入り口から出てはならない。さもないと死を招くことになる。あなたたちは主の聖別の油を注がれた身だからである。彼らはモーセの命じたとおりにした。
10:8 主はアロンに仰せになった。
10:9 あなたであれ、あなたの子らであれ、臨在の幕屋に入るときは、ぶどう酒や強い酒を飲むな。死を招かないためである。これは代々守るべき不変の定めである。お酒を禁じる理由は、気をつける集中力をなくすことで、死を招くからである。
10:10 あなたたちのなすべきことは聖と俗清いものと汚れたものを区別することすべてのものを区別することを清められることといいます。つまり、自分の持っているすべてが神様にささげられる状態を聖化といいます。自分には、もちろん、選ぶ権利も能力もありますが、それを用いて、神様を選ぶことを主は願っておられます。これが、区別の本当の意味です。
10:11 またモーセを通じて主が命じられたすべての掟をイスラエルの人々に教えることである。
10:12 モーセはアロンと生き残ったエルアザルとイタマルに命じた。主に燃やしてささげた穀物の献げ物の残りで酵母を入れないパンを作り、酵母を入れないのは、自分のありのままで神様に来ることを意味しています。祭壇の傍らで食べよ。それは神聖なものだからである。
10:13 それを聖域で食べよ。これは主に燃やしてささげたものの残りで、あなたとあなたの子らに与えられた分である。わたしはそう命じられている。
10:14 奉納物の胸の肉献納物の右後ろ肢は、あなたとあなたと共にいるあなたの息子、娘が清い場所で食べることができる。これはイスラエルの人々がささげる和解の献げ物のうち、あなたとあなたの子らに与えられた分である。
10:15 献納物の右後ろ肢と奉納物の胸の肉は、燃やしてささげる脂肪と共に主の御前に奉納物とせよ。そうすれば、主が命じられたとおり、あなたとあなたと共にいる子らに永久に与えられた分となる。祭司となることは、自分の土地などの資産を持っていないことであり、彼らの基本的な生活が守られることが必要でありました。
10:16 モーセは贖罪の献げ物の雄山羊を捜し回ったが、既に燃やし尽くされていた。モーセは怒って、生き残ったアロンの子エルアザルとイタマルに問いただした。通常、これらが聖所に血が持っていかれた場合、食べてはなりませんでしたが、そうでない場合、幕屋の中で、食べることとなっていました。
10:17 「なぜ贖罪の献げ物を聖域で食べなかったのか。あれは神聖なものであり、共同体の罪を取り除き、主の御前で彼らの罪を贖う儀式を行うためにあなたたちに与えられたものである。
10:18 あなたたちは、血を聖所に持って行かなかったのだから、命じられたとおりに、聖所の中で食べるべきであった。」
10:19 アロンはモーセに答えた。「確かにあの者たちは今日、贖罪の献げ物と焼き尽くす献げ物を主の御前にささげました。しかし、わたしにこのようなことが起きてしまいました。わたしが今日、贖罪の献げ物を食べたとしたら、果たして主に喜ばれたでしょうか。」
10:20 モーセはこれを聞いて納得した。

コメントする権限がありません。

運用団体

ゴスペルハウス浦幌: 今日もバイブルしましょう!
〒089-5601
北海道十勝郡浦幌町宝町53-41
Tel.015-576-2929 Fax.0155-67-0127
Email: info@bible-today.com

サイト管理

ビジョンハウス更別 今日もばいぶるしましょう! 担当:アブラハム・リー
〒089-1542
北海道河西郡更別村更別南1線89-57
Tel.0155-52-5905 Fax.0155-67-0127
Email: info@bible-today.com
UA-73882025-1