レビ記16章             他人よりもまず自分を・・・。

投稿者: サムエル・リー on .

この記事の評価: 0 / 5

星を無効星を無効星を無効星を無効星を無効
 




 レビ記16:17
 
「アロンは自分の罪のためにいけにえの雄牛をささげ、
自分と自分の家族のために贖いをする。彼は自分の
罪のためにいけにえの雄牛をほふる。」

この箇所では、前の章に引き続き、罪過のいけにえや罪の許しについて書かれていました。その中で目に留まったのが、17章です。アロンは民の贖いをする大祭司でしたが、彼はこの箇所で、のいけにえをささげる前に自分の罪のためにいけにえをささげています。

人は自分のことよりも、他人のしていることのほうが目に留まりやすいものです。
しかし、時には他人を裁きながら、自分も同じことをしていることがあります。
だから、他人を戒める時、注意するとき、何かを教えるときには、
まず自分がそれを実践しているかをよく確かめる必要があると思います。
だから、大祭司であるアロンがまず自分の罪を贖ったように、
他人を蔑むのではなく、それを自分が実践して、
行動で示すことが大切なのではないでしょうか??

サムエル・リー

コメントを追加


セキュリティコード
更新

運用団体

ゴスペルハウス浦幌: 今日もバイブルしましょう!
〒089-5601
北海道十勝郡浦幌町宝町53-41
Tel.015-576-2929 Fax.0155-67-0127
Email: info@bible-today.com

サイト管理

ビジョンハウス更別 今日もばいぶるしましょう! 担当:アブラハム・リー
〒089-1542
北海道河西郡更別村更別南1線89-57
Tel.0155-52-5905 Fax.0155-67-0127
Email: info@bible-today.com
UA-73882025-1