民数記14章

投稿者: アブラハム・リー on .

この記事の評価: 0 / 5

星を無効星を無効星を無効星を無効星を無効
 

民数記14章

カレブとヨシュア

ヨシュアとカレブは、良いレポートを上げた。他の10人は、約束の地に対して悪いレポートを出した。これで、イスラエルの民は、自分たちがしなれるとばっかり思い込んじゃいました。不信仰のゆえに彼らは、神様を信じる信仰から離れ、モーセを石で殺そうともしていました。2百万人対4人の割合です。大勢の群衆がある意見を持つとき、神様を信じたといって正しい道へ導くのは、可能でしょうか?

はい、可能です。それは、人間の力ではなく、神様の直接的な御加入があるからです。神様は、ご自分を表し、神様を試みるすべての人に正しい判断を下しました。彼らは、約束の地へ入ることなく、40年間の砂漠の中で生まれた新しい時代のものと正しいレポートをしたカレブとヨシュアが約束の地に入ることが出来たのです。

現在、いろんなレポート・研究資料などをベースにし、いろんなアイディアがはやっています。その中で、クリスチャンとして自分が取るべき意見・考え方は、どこにおくべきでしょうか?それは、神様の御ことばです。また、主が言われたことに私たちの中心をおき、ヨシュアとカレブのように、神様を中心とした考え方を信仰によって取ることです。

群衆の流れに巻き込まれないため、しっかりとした自分の聖書的な考え方に心の中心を置きたいと考えました。

アブラハム・リー@ゴスペルハウス

14:1 共同体全体は声をあげて叫び、民は夜通し泣き言を言った
14:2 イスラエルの人々は一斉にモーセとアロンに対して不平を言い、共同体全体で彼らに言った。「エジプトの国で死ぬか、この荒れ野で死ぬ方がよほどましだった。
14:3 どうして、主は我々をこの土地に連れて来て、剣で殺そうとされるのか。妻子は奪われてしまうだろう。それくらいなら、エジプトに引き返した方がましだ。
14:4 そして、互いに言い合った。「さあ、一人の頭を立てて、エジプトへ帰ろう。」
14:5 モーセとアロンは、イスラエルの人々の共同体の全会衆の前でひれ伏していた。
14:6 土地を偵察して来た者のうち、ヌンの子ヨシュアとエフネの子カレブは、衣を引き裂き、
14:7 イスラエルの人々の共同体全体に訴えた。「我々が偵察して来た土地は、とてもすばらしい土地だった。
14:8 もし、我々が主の御心に適うなら、主は我々をあの土地に導き入れ、あの乳と蜜の流れる土地を与えてくださるであろう。
14:9 ただ、主に背いてはならない。あなたたちは、そこの住民を恐れてはならない。彼らは我々の餌食にすぎない。彼らを守るものは離れ去り、主が我々と共におられる。彼らを恐れてはならない。」
14:10 しかし、共同体全体は、彼らを石で打ち殺せと言った。主の栄光はそのとき、臨在の幕屋でイスラエルの人々すべてに現れた。
14:11 主はモーセに言われた。「この民は、いつまでわたしを侮るのか。彼らの間で行ったすべてのしるしを無視し、いつまでわたしを信じないのか。
14:12 わたしは、疫病で彼らを撃ち、彼らを捨て、あなたを彼らよりも強大な国民としよう。」
14:13 モーセは主に訴えた。「エジプト人は、あなたが御力をもって、彼らのうちからこの民を導き上られたことを聞いて、
14:14 この地方に住む者に伝えます。彼らは、主よ、あなたがこの民のただ中におられ、主よ、あなたが目の当たりに現れられること、また、あなたの雲が民の上にあり、あなたが、昼は雲の柱、夜は火の柱のうちにあって先頭に進まれることを聞いています。
14:15 もし、あなたがこの民を一挙に滅ぼされるならば、あなたの名声を聞いた諸国民は言うことでしょう。
14:16 主は、与えると誓われた土地にこの民を連れて行くことができないので、荒れ野で彼らを殺したのだ、と。
14:17 今、わが主の力を大いに現してください。あなたはこう約束されました。
14:18 『主は、忍耐強く、慈しみに満ち、罪と背きを赦す方。しかし、罰すべき者を罰せずにはおかれず、父祖の罪を子孫に三代、四代までも問われる方である』と
14:19 どうか、あなたの大きな慈しみのゆえに、また、エジプトからここに至るまで、この民を赦してこられたように、この民の罪を赦してください。」
14:20 主は言われた。「あなたの言葉のゆえに、わたしは赦そう。
14:21 しかし、わたしは生きており、主の栄光は全地に満ちている。
14:22 わたしの栄光、わたしがエジプトと荒れ野で行ったしるしを見ながら、十度もわたしを試み、わたしの声に聞き従わなかった者はだれ一人として
14:23 わたしが彼らの先祖に誓った土地を見ることはない。わたしをないがしろにする者はだれ一人としてそれを見ることはない。
14:24 しかし、わたしの僕カレブは、別の思いを持ち、わたしに従い通したので、わたしは彼が見て来た土地に連れて行く。彼の子孫はそれを継ぐ。
14:25 しかし、今はアマレク人とカナン人とがあの平野に住んでいるから、向きを変え、明日、葦の海の道を通って、荒れ野に向けて出発しなさい。」
14:26 主はモーセとアロンに仰せになった。
14:27 「この悪い共同体は、いつまで、わたしに対して不平を言うのか。わたしは、イスラエルの人々がわたしに対して言う不平を十分聞いた。
14:28 彼らに言うがよい。『主は言われる。わたしは生きている。わたしは、お前たちが言っていることを耳にしたが、そのとおり、お前たちに対して必ず行う。
14:29 お前たちは死体となってこの荒れ野に倒れるであろう。わたしに対して不平を言った者、つまり戸籍に登録をされた二十歳以上の者はだれ一人、
14:30 わたしが手を上げて誓い、あなたたちを住まわせると言った土地に入ることはない。ただし、エフネの子カレブとヌンの子ヨシュアは別だ。
14:31 お前たちは、子供たちが奪われると言ったが、わたしは彼らを導き入れ、彼らは、お前たちの拒んだ土地を知るようになる。
14:32 しかし、お前たちは死体となってこの荒れ野で倒れる。
14:33 お前たちの子供は、荒れ野で四十年の間羊飼いとなり、お前たちの最後の一人が荒れ野で死体となるまで、お前たちの背信の罪を負う。
14:34 あの土地を偵察した四十日という日数に応じて、一日を一年とする四十年間、お前たちの罪を負わねばならない。お前たちは、わたしに抵抗するとどうなるかを知るであろう。
14:35 主であるわたしは断言する。わたしに逆らって集まったこの悪い共同体全体に対して、わたしはこのことを行う。彼らはこの荒れ野で死に絶える。』」
14:36 モーセが遣わした男たちは、土地の偵察から帰ると、その土地について悪い情報を流し、共同体全体が彼に向かって不平を言うようにしたが、
14:37 土地について悪い情報を流した者は、主の御前で疫病にかかって死んだ。
14:38 しかし、土地を偵察に行った者のうち、ヌンの子ヨシュアとエフネの子カレブだけは生き残った。
14:39 モーセはこれらのことをイスラエルのすべての人々に語って聞かせた。民は深く嘆いた。
14:40 彼らは翌朝早く起き、山の頂を目指して上って行こうとして言った。「さあ、主が約束された所へ上って行こう。我々は誤っていた。」
14:41 モーセは言った。「あなたたちは、どうして主の命令に背くのか。成功するはずはない
14:42 主があなたたちのうちにおられないのだから、上って行ってはいけない。敵に打ち破られてはならない。
14:43 行く手にはアマレク人とカナン人がいて、あなたたちは剣で倒される。主に背いたから、主はあなたたちと共におられない。」
14:44 彼らはかまわず、山の頂を目指して上って行った。主の契約の箱とモーセは宿営から離れなかった
14:45 山地に住むアマレク人とカナン人は山を下って彼らを撃ち、ホルマまで来て彼らを破った。

コメントを追加


セキュリティコード
更新

運用団体

ゴスペルハウス浦幌: 今日もバイブルしましょう!
〒089-5601
北海道十勝郡浦幌町宝町53-41
Tel.015-576-2929 Fax.0155-67-0127
Email: info@bible-today.com

サイト管理

ビジョンハウス更別 今日もばいぶるしましょう! 担当:アブラハム・リー
〒089-1542
北海道河西郡更別村更別南1線89-57
Tel.0155-52-5905 Fax.0155-67-0127
Email: info@bible-today.com
UA-73882025-1