民数記23章

投稿者: アブラハム・リー on .

星を無効星を無効星を無効星を無効星を無効
 

民数記23章

バラム

イスラエルの陣営を見ながら、バラムは、バラクによって招かれて、イスラエルを呪うようにお願いされました。

ここに二つの流れを見ることが出来ます。1)神様の御心で、イスラエルを祝福する神様の御心です。2)それをまげて、預言者と呼ばれるイスラエル人でないバラムを呼び寄せたバラクの願いです。このような二つのなかで、どのような展開が起きるのでしょうか?

これは、多くの場合、自分の考えに神様の祝福を求めるなどがあります。しかし、これには、順番が違っています。つまり、神様の計画に自分の考えを直すことが本来の順番です。しかし、神様の計画に逆らってバラクは、バラムを呼び寄せて神様が祝福したイスラエルを呪うようにしているのです。

私たちの生活にも、自分の計画に神様の祝福を求めることより、神様の計画に自分の計画を無にし、神様のご計画とおり従うことを全うすることを願います。

アブラハム・リー@ゴスペルハウス

23:1 バラムはバラクに言った。「わたしのために、ここに七つの祭壇を築き、七頭の雄牛と雄羊を用意しなさい。」
23:2 バラクは、バラムが言ったとおりにした。そしてバラクとバラムは、どの祭壇にも雄牛と雄羊をささげた。
23:3 バラムはバラクに、「あなたはこの焼き尽くす献げ物のそばにいてください。わたしは行って来ます。主はたぶん、わたしに会ってくださるでしょう。主がわたしに示されることは、何でもあなたに伝えましょう」と言うと、丘の頂に向かった。
23:4 神がバラムに会われたので、彼は神に言った。「わたしは七つの祭壇を築き、雄牛と雄羊をどの祭壇にもささげました。」
23:5 主は、バラムの口に言葉を授け、「バラクのもとに帰ってこう告げなさい」と命じられた。
23:6 バラムが戻ると、バラクは、モアブの長たちと共に、焼き尽くす献げ物のそばに立っていた。
23:7 バラムはこの託宣を述べた。バラクはアラムから/モアブの王は東の山々からわたしを連れて来た。「来て、わたしのためにヤコブを呪え。来て、イスラエルをののしれ。」
23:8 神が呪いをかけぬものに/どうしてわたしが呪いをかけられよう主がののしらぬものを/どうしてわたしがののしれよう。
23:9 わたしは岩山の頂から彼らを見/丘の上から彼らを見渡す。見よ、これは独り離れて住む民/自分を諸国の民のうちに数えない。
23:10 誰がヤコブの砂粒を数えられようか。誰がイスラエルの無数の民を数えられようか。わたしは正しい人が死ぬように死に/わたしの終わりは彼らと同じようでありたい。
23:11 バラクはバラムに、「あなたは、何ということをしたのですか。わたしは敵に呪いをかけるために、あなたを連れて来たのに、あなたは彼らを祝福してしまった」と言うと、
23:12 バラムは答えた。「主がわたしの口に授けること、わたしはそれだけを忠実に告げるのです。」
23:13 バラクはバラムに言った。「わたしと一緒に別の場所に行って、そこから彼らを見てください。見えるのは彼らの一部にすぎず、全体を見渡すことはできないでしょうが、そこからわたしのために彼らに呪いをかけてください。」
23:14 バラクはバラムをピスガの頂の見晴らしのきく所に連れて行き、そこに七つの祭壇を築き、どの祭壇にも雄牛と雄羊をささげた。
23:15 バラムはバラクに言った。「あなたはここで、この焼き尽くす献げ物のそばにいてください。わたしはあちらで、主にお会いします。」
23:16 主はバラムに会い、彼の口に言葉を授け、「バラクのもとに帰ってこう告げなさい」と命じられた。
23:17 バラムが戻ると、バラクはモアブの長たちと共に焼き尽くす献げ物のそばに立っていた。バラクが、「主は何と告げられましたか」と尋ねると、
23:18 バラムはこの託宣を述べた。立て、バラクよ、聞け。ツィポルの子よ、わたしに耳を傾けよ。
23:19 神は人ではないから、偽ることはない。人の子ではないから、悔いることはない。言われたことを、なされないことがあろうか。告げられたことを、成就されないことがあろうか
23:20 見よ、祝福の命令をわたしは受けた。神の祝福されたものを/わたしが取り消すことはできない
23:21 だれもヤコブのうちに災いを認めず/イスラエルのうちに悩みを見る者はない。彼らの神、主が共にいまし/彼らのうちに王をたたえる声が響く。
23:22 エジプトから彼らを導き出された神は/彼らにとって野牛の角のようだ
23:23 ヤコブのうちにまじないはなく/イスラエルのうちに占いはない。神はその働きを時に応じてヤコブに告げ/イスラエルに示される。
23:24 見よ、この民は雌獅子のように身を起こし/雄獅子のように立ち上がる。獲物を食らい、殺したものの血を飲むまで/身を横たえることはない。
23:25 バラクはバラムに言った。「彼らに呪いをかけることができないなら、祝福もしないでください。」
23:26 バラムはバラクに答えた。「わたしは、主が告げられることだけをする、と言ったではありませんか。」
23:27 バラクはバラムに言った。「それでは、あなたを別の場所に連れて行きましょう。たぶん、それは神が正しいとされ、そこからなら、わたしのために彼らに呪いをかけることができるかもしれません。」
23:28 バラクはバラムを連れて、荒れ果てた地を見下ろすペオルの頂に行った。
23:29 バラムはバラクに言った。「わたしのために、ここに七つの祭壇を築き、七頭の雄牛と七匹の雄羊を用意しなさい。」
23:30 バラクはバラムが言ったとおりにし、雄牛と雄羊をどの祭壇にもささげた。

コメントする権限がありません。

運用団体

ゴスペルハウス浦幌: 今日もバイブルしましょう!
〒089-5601
北海道十勝郡浦幌町宝町53-41
Tel.015-576-2929 Fax.0155-67-0127
Email: info@bible-today.com

サイト管理

ビジョンハウス更別 今日もばいぶるしましょう! 担当:アブラハム・リー
〒089-1542
北海道河西郡更別村更別南1線89-57
Tel.0155-52-5905 Fax.0155-67-0127
Email: info@bible-today.com
UA-73882025-1