民数記28章神様への捧げ者は、毎日、週間、毎月、そして、毎年あります。

投稿者: アブラハム・リー on .

星を無効星を無効星を無効星を無効星を無効
 

民数記28章 神様への捧げ者は、毎日、週間、毎月、そして、毎年あります。

全焼のいけにえ

主にささげるいけにえには、1)毎日のささげ物 2)毎週の安息日のささげ物 3)月の初めにささげるささげ物 4)年に5回ほどのささげ物がありました。これらは、すべての私たちが神様を忘れることなく、毎日生きるために必要なものでありました。このささげ物という旧約のコンセプトを今に適用してみたいと思います。

1)毎日のささげ物は、詩篇1篇2節にあるように、昼も夜もその教えを口ずさむことでありましょう。これは、昼も夜も主の御ことばを読むことを意味しています。小麦粉に油を混ぜるのは、御霊が教える神のことばで、自分の心に与えられる特別な主の語りです。これを毎日朝・夜2回行うことです。私たちの家族は、朝のデボーションと夜のデボーションをしています。朝には、各自読む場所が違うところ、夜には、このバイブルしましょう!の手順に合わせて1章を読みます。

2)安息日の1週間のささげ物は、主日礼拝です。これは、毎日のデボーションに加えて、別に礼拝(チャペル)として、主にささげることです。これにも、主の御ことばが宣言され、その中で主が語られたことばを自分の生活に適用することが出来ます。

3)月に1回ささげるものは、1ヶ月の給料の中から十分の一を主にささげます。また、このときは、自分たちより、他の働きを祝福することで、海外宣教のためにささげています。現在、ゴスペルハウスでは、インドとミャンマーの現地の働き人をサポートしています。また、その働きのために祈りととりなしをささげます。そのときにも、主からいただく御ことばを実行するように主の御ことばをいただきます。

4)特別な祭り: 過ぎ越しは、自分が救われた日で、霊的な誕生日となります。初穂の日は、収穫の時期で、7週間の祭りです。これは、伝道を意味しています。種を蒔いて、水をあげ、その時期になりますと、収穫をすることでしょう。そして、その月は、五順節です。聖霊様が上から与えられた日ですので、エペソ5:18のように、御霊によって満たされなさい。ということを求めることです。

29章に続きます。

自分の生活に、上記のように、毎日・1週間・1ヶ月・年間の決められた行事(クリスマス・感謝節・イースターなど)の日々を主の御ことばとすごす喜びが与えられるように祈ります。

アブラハム・リー@ゴスペルハウス

28:1 主はモーセに仰せになった。
28:2 イスラエルの人々に命じて、こう言いなさい。あなたたちは、わたしの食物である献げ物を、燃やしてささげる宥めの香りとして、定められた時に忠実にわたしにささげなさい
28:3 彼らに言いなさい。燃やして主にささげる献げ物は次のとおりである。無傷の一歳の羊二匹を、日ごとの焼き尽くす献げ物として、毎日、
28:4 朝夕に一匹ずつ、ささげなさい
28:5 それと共に、上等の小麦粉十分の一エファに上質のオリーブを砕いて取った油四分の一ヒンを混ぜて作った穀物の献げ物をささげる。
28:6 これが日ごとの焼き尽くす献げ物であって、燃やして主にささげる宥めの香りとして、シナイ山で定められたものである。
28:7 それに添えるぶどう酒の献げ物は、羊一匹について四分の一ヒンとし、聖所で、主に対するぶどう酒の献げ物として、酒を注ぐ。
28:8 夕方ささげるもう一匹の羊の場合も、穀物の献げ物とぶどう酒の献げ物を、朝と同じようにささげ、燃やして主にささげる宥めの香りとする。
28:9 安息日には、無傷の一歳の羊二匹をささげ、上等の小麦粉十分の二エファにオリーブ油を混ぜて作った穀物の献げ物とぶどう酒の献げ物を添える
28:10 安息日ごとにささげるべきこの焼き尽くす献げ物は、日ごとの焼き尽くす献げ物とぶどう酒の献げ物に加えるべきものである
28:11 毎月の一日には、若い雄牛二頭、雄羊一匹、無傷の一歳の羊七匹を焼き尽くす献げ物として、主にささげる
28:12 雄牛一頭について穀物の献げ物として、オリーブ油を混ぜた上等の小麦粉十分の三エファ、雄羊一匹について、穀物の献げ物としてオリーブ油を混ぜた上等の小麦粉十分の二エファ、
28:13 小羊一匹について、穀物の献げ物としてオリーブ油を混ぜた上等の小麦粉十分の一エファをささげる。これが焼き尽くす献げ物であって、燃やして主にささげる宥めの香りである。
28:14 それに添えるぶどう酒の献げ物は、雄牛一頭についてぶどう酒二分の一ヒン、雄羊一匹について三分の一ヒン、小羊一匹について四分の一ヒンとする。以上が一年を通じて毎月ささげる焼き尽くす献げ物である
28:15 また、日ごとの焼き尽くす献げ物およびぶどう酒の献げ物に加えて、贖罪の献げ物として雄山羊一匹を主にささげる
28:16 第一の月の十四日は、主の過越である
28:17 十五日は祭りの日であるあなたたちは七日の間、酵母を入れないパンを食べる
28:18 初日には聖なる集会を開く。いかなる仕事もしてはならない
28:19 あなたたちは、若い雄牛二頭、雄羊一匹、一歳の羊七匹、すべて傷の無いものを、燃やしてささげる焼き尽くす献げ物として主にささげる。
28:20 雄牛一頭について穀物の献げ物として、オリーブ油を混ぜた上等の小麦粉十分の三エファ、雄羊一匹について十分の二エファ、
28:21 小羊七匹については、一匹につき十分の一エファをささげる。
28:22 また、雄山羊一匹を贖罪の献げ物とし、あなたたちのために罪を贖う儀式を行う。
28:23 あなたたちは、日ごとの焼き尽くす献げ物の一部として、朝にささげる焼き尽くす献げ物のほかに、以上のものをささげねばならない。
28:24 このようにして、七日の間、毎日、燃やして主にささげる宥めの香りを食物としてささげる。これは、日ごとの焼き尽くす献げ物とぶどう酒の献げ物に加えてささげるべきものである。
28:25 七日目には、聖なる集会を開く。いかなる仕事もしてはならない
28:26 初物の日、すなわち七週祭に新穀の献げ物を主にささげるときには、聖なる集会を開く。いかなる仕事もしてはならない
28:27 あなたたちは、若い雄牛二頭、雄羊一匹、一歳の羊七匹を、焼き尽くす献げ物として主にささげ、宥めの香りとする。
28:28 雄牛一頭について、穀物の献げ物としてオリーブ油を混ぜた上等の小麦粉十分の三エファ、雄羊一匹について十分の二エファ、
28:29 小羊七匹については、一匹につき十分の一エファをささげる。
28:30 また、雄山羊一匹をささげて、あなたたちのために罪を贖う儀式を行う
28:31 あなたたちは、日ごとの焼き尽くす献げ物と穀物の献げ物のほかに、以上のものをささげる。それらは無傷のものでなければならない。それにはぶどう酒の献げ物を添える。

コメントする権限がありません。

運用団体

ゴスペルハウス浦幌: 今日もバイブルしましょう!
〒089-5601
北海道十勝郡浦幌町宝町53-41
Tel.015-576-2929 Fax.0155-67-0127
Email: info@bible-today.com

サイト管理

ビジョンハウス更別 今日もばいぶるしましょう! 担当:アブラハム・リー
〒089-1542
北海道河西郡更別村更別南1線89-57
Tel.0155-52-5905 Fax.0155-67-0127
Email: info@bible-today.com
UA-73882025-1