第1歴代誌27章 イスラエルの責任者たち

投稿者: アブラハム・リー on .

星を無効星を無効星を無効星を無効星を無効
 

第1歴代誌27章 イスラエルの責任者たち

市の責任を持つSpiderman

イスラエルの責任者たちは、それぞれ自分の責任が渡された。そして、その仕事が彼らの生活の中心となった。

ダビデは、12部族に毎月当番を決めて2万4千人を使わされた。また、家畜の責任者も決められて、王に使わされた。この王国は、イスラエルが求めた結果であった。神様は、直接人々を治めることを願った。

結局、イスラエルの民は、王に仕えるようになり、王が良くない方に向かうと、イスラエルは、すべてその方向を変えることはできなくなっていた。これが、王国と神の国の違いである。

もし、自分に与えられたことがあるなら、その場所で忠実に働くべきである。しかし、その方向が良くないときは、神様と供にその方向性を変える知恵も必要である。

善と悪が分かれる場所にいる時こそ、神様の導きを求める時である。そして、新たな良い方向へ向かってすべてを捨てることのできる勇気が必要である。新しい始まりを主と供にはじめることは、歴史を残す大事な旅である。

王国に仕える?それとも、神様と供に歩む?これは、大事な選択である。組織は、人に安心感を与えるが、その組織が良くない方向に向かうと属している人々は悪に走る。しかし、自分で責任を持って神様と歩むなら、神様ご自身がその人の主となり、最善の道を歩むことができる。どっちにしても、与えられた場所で最善を尽くし、主に使えるように仕える心を保ちたいと思います。

アブラハム・リー
ゴスペルハウス

27:1 イスラエルの子らの数は次のとおりである。家系の長、千人隊と百人隊の長、役人たちは、王に仕えて、一年中どの月も、月ごとに交替する各組のあらゆる事柄に当たった一組に二万四千人いた
27:2 第一の月を担当する第一の組を率いるのは、ザブディエルの子ヤショブアムであった。その組に二万四千人いた。
27:3 彼はペレツの子らの一人で、第一の月にかかわる全将軍の頭であった。
27:4 第二の月を担当する組を率いるのはアホアの人ドダイであった。その組と共に指導者ミクロトもいた。その組に二万四千人いた。
27:5 第三の月を担当する第三の将軍は祭司長ヨヤダの子ベナヤ。その組に二万四千人いた。
27:6 このベナヤは三十人隊の勇士であり、その三十人隊と自分の組を率いた。アミザバドがその息子であった。
27:7 第四の月を担当する第四の将軍はヨアブの兄弟アサエルとその跡を継いだ子のゼバドヤであった。その組に二万四千人いた。
27:8 第五の月を担当する第五の将軍はイズラ人将軍シャムフト。その組に二万四千人いた。
27:9 第六の月を担当する第六の将軍はテコア人イケシュの子イラ。その組に二万四千人いた。
27:10 第七の月を担当する第七の将軍はエフライムの子らの一人ペロニ人ヘレツ。その組に二万四千人いた。
27:11 第八の月を担当する第八の将軍はゼラの一族のフシャ人シベカイ。その組に二万四千人いた。
27:12 第九の月を担当する第九の将軍はベニヤミンの一族のアナトト人アビエゼル。その組に二万四千人いた。
27:13 第十の月を担当する第十の将軍はゼラの一族のネトファ人マフライ。その組に二万四千人いた。
27:14 第十一の月を担当する第十一の将軍はエフライムの子らの一人ピルアトン人ベナヤ。その組に二万四千人いた。
27:15 第十二の月を担当する第十二の将軍はオトニエルの者ネトファ人ヘルダイ。その組に二万四千人いた。
27:16 イスラエルの各部族を率いた者ルベン族ではジクリの子エリエゼルが指導者シメオン族ではマアカの子シェファトヤ
27:17 レビ族ではケムエルの子ハシャブヤアロンの一族ではツァドク
27:18 ユダではダビデの兄弟の一人エリフイサカルではミカエルの子オムリ
27:19 ゼブルンではオバドヤの子イシュマヤナフタリ族ではアズリエルの子エリモト
27:20 エフライムの子らではアザズヤの子ホシェアマナセの半部族ではペダヤの子ヨエル
27:21 ギレアドにおけるマナセの半部族ではゼカルヤの子イドベニヤミンではアブネルの子ヤアシエル
27:22 ダンではエロハムの子アザルエル。以上がイスラエル各部族の長であった。
27:23 ダビデは二十歳以下の者を人口に加えなかったが、それは主がイスラエルを空の星のように数多くすると約束されたからである
27:24 ツェルヤの子ヨアブはその数を数え始めたが、数えきることはできず、数え始めたために御怒りがイスラエルに臨み、その数は、『ダビデ王の年代記』の記録に載せられなかった。
27:25 王の貯蔵庫の責任はアディエルの子アズマベトが負った。畑、町、村、塔にある貯蔵庫の責任はウジヤの子ヨナタンが負った。
27:26 農耕作業に従事する者の責任はケルブの子エズリが負った。
27:27 ぶどう畑の責任はラマ人シムイぶどう畑でぶどう酒の貯蔵に従事する者の責任はシフミ人ザブディ
27:28 シェフェラのオリーブといちじく桑の責任はゲデル人バアル・ハナンオリーブ油の貯蔵の責任ヨアシュ
27:29 シャロンで飼育される牛の責任はシャロン人シトライ平野の牛の責任はアドライの子シャファト
27:30 らくだの責任はイシュマエル人オビル雌ろばの責任はメロノト人イエフデヤ
27:31 羊の群れの責任はハガル人ヤジズ以上のすべてが、ダビデ王の財産の責任を負った長官であった。
27:32 ダビデの伯父ヨナタン顧問となった。彼は英知の人で、書記官として勤めた。ハクモニの子エヒエル王子の養育係りとなった
27:33 アヒトフェル王の顧問、アルキ人フシャイ王の友人であった
27:34 アヒトフェルの跡を継いだのはベナヤの子ヨヤダアビアタルであった。王の軍の司令官ヨアブであった。

コメントする権限がありません。

運用団体

ゴスペルハウス浦幌: 今日もバイブルしましょう!
〒089-5601
北海道十勝郡浦幌町宝町53-41
Tel.015-576-2929 Fax.0155-67-0127
Email: info@bible-today.com

サイト管理

ビジョンハウス更別 今日もばいぶるしましょう! 担当:アブラハム・リー
〒089-1542
北海道河西郡更別村更別南1線89-57
Tel.0155-52-5905 Fax.0155-67-0127
Email: info@bible-today.com
UA-73882025-1