第1列王記3章 ソロモンの知恵

投稿者: アブラハム・リー on .

この記事の評価: 5 / 5

星を有効星を有効星を有効星を有効星を有効
 

第1列王記3章 ソロモンの知恵

ソロモンの知恵

ソロモンが王になり、彼は、一千頭もの焼き尽くす捧げ物をささげた。その夜、神様がソロモンの夢に現れ、何を与えよう?と聞かれた。それで、ソロモンは、「あなたの僕、わたしの父ダビデは忠実に、憐れみ深く正しい心をもって御前を歩んだので、あなたは父に豊かな慈しみをお示しになりました。またあなたはその豊かな慈しみを絶やすことなくお示しになって、今日、その王座につく子を父に与えられましたわが神、主よ、あなたは父ダビデに代わる王として、この僕をお立てになりました。しかし、わたしは取るに足らない若者で、どのようにふるまうべきかを知りません僕はあなたのお選びになった民の中にいますが、その民は多く、数えることも調べることもできないほどですどうか、あなたの民を正しく裁き、善と悪を判断することができるように、この僕に聞き分ける心をお与えくださいそうでなければ、この数多いあなたの民を裁くことが、誰にできましょう。」

主はソロモンのこの願いをお喜びになった神はこう言われた。「あなたは自分のために長寿を求めず、富を求めず、また敵の命も求めることなく、訴えを正しく聞き分ける知恵を求めた見よ、わたしはあなたの言葉に従って、今あなたに知恵に満ちた賢明な心を与える。あなたの先にも後にもあなたに並ぶ者はいないわたしはまた、あなたの求めなかったもの、富と栄光も与える。生涯にわたってあなたと肩を並べうる王は一人もいないもしあなたが父ダビデの歩んだように、わたしの掟と戒めを守って、わたしの道を歩むなら、あなたに長寿をも恵もう。」

これは、アラジンの魔法のようなものですが、神様を求める時に、自分の欲を満たすための祈りは、聞かれないが、神様のために、そして、その御国のために求めることを喜ばれる。そして、惜しみなく与えてくださいます。

その後、有名なソロモンの判決の例が出される。二人の女の人がほぼ同じ時期に赤ちゃんを産んだが、夜眠る時一人の母が赤ちゃんに寄りかかり、赤ちゃんが死んだ。その母が、死んだ自分の赤ちゃんと生きた別の女の赤ちゃんを取り替えた。朝起きてみると、自分の赤ちゃんではないことが解った。それで、互いに生きた赤ちゃんが自分の赤ちゃんだと出張する。これをソロモンの前にもってきた。それで、ソロモンは、赤ちゃんを二つに分けて半分ずつ与えるように命じた。一人の母は、殺さないで、相手の母に渡すように、もう一人の母は、王の命じたとおりにしてくださいと言った。それで、ソロモンは、その赤ちゃんを殺さないように願った母に与えた。母の赤ちゃんへの哀れに思うことを知ったからである。

王の下した裁きを聞いてイスラエルの人々は皆、王を畏れ敬うようになった神の知恵が王のうちにあって、正しい裁きを行うのを見たからである

ソロモンに与えられた知恵の言葉は、数多く聖書に刻まれている。それは、多くの代価を払い、神様を求めた時に、主から与えられるものである。

主のために正しい心を持って、主に求めることをはじめたいと思います。主のために願うことは何でしょう?それを求めて行きたいと思います。

アブラハム・リー
ゴスペルハウス

3:1 ソロモンは、エジプトの王ファラオの婿となった。彼はファラオの娘を王妃としてダビデの町に迎え入れ、宮殿、神殿、エルサレムを囲む城壁の造営が終わるのを待った。
3:2 当時はまだ主の御名のために神殿が建てられていなかったので民は聖なる高台でいけにえをささげていた
3:3 ソロモンは主を愛し、父ダビデの授けた掟に従って歩んだが、彼も聖なる高台でいけにえをささげ、香をたいていた
3:4 王はいけにえをささげるためにギブオンへ行った。そこに重要な聖なる高台があったからである。ソロモンはその祭壇に一千頭もの焼き尽くす献げ物をささげた
3:5 その夜、主はギブオンでソロモンの夢枕に立ち、「何事でも願うがよい。あなたに与えよう」と言われた
3:6 ソロモンは答えた。「あなたの僕、わたしの父ダビデは忠実に、憐れみ深く正しい心をもって御前を歩んだので、あなたは父に豊かな慈しみをお示しになりました。またあなたはその豊かな慈しみを絶やすことなくお示しになって、今日、その王座につく子を父に与えられました
3:7 わが神、主よ、あなたは父ダビデに代わる王として、この僕をお立てになりました。しかし、わたしは取るに足らない若者で、どのようにふるまうべきかを知りません
3:8 僕はあなたのお選びになった民の中にいますが、その民は多く、数えることも調べることもできないほどです
3:9 どうか、あなたの民を正しく裁き、善と悪を判断することができるように、この僕に聞き分ける心をお与えくださいそうでなければ、この数多いあなたの民を裁くことが、誰にできましょう。」
3:10 主はソロモンのこの願いをお喜びになった
3:11 神はこう言われた。「あなたは自分のために長寿を求めず、富を求めず、また敵の命も求めることなく、訴えを正しく聞き分ける知恵を求めた
3:12 見よ、わたしはあなたの言葉に従って、今あなたに知恵に満ちた賢明な心を与える。あなたの先にも後にもあなたに並ぶ者はいない
3:13 わたしはまた、あなたの求めなかったもの、富と栄光も与える。生涯にわたってあなたと肩を並べうる王は一人もいない
3:14 もしあなたが父ダビデの歩んだように、わたしの掟と戒めを守って、わたしの道を歩むなら、あなたに長寿をも恵もう。」
3:15 ソロモンは目を覚まして、それが夢だと知った。ソロモンはエルサレムに帰り、主の契約の箱の前に立って、焼き尽くす献げ物と和解の献げ物をささげ、家臣のすべてを招いて宴を張った
3:16 そのころ、遊女が二人王のもとに来て、その前に立った。
3:17 一人はこう言った。「王様、よろしくお願いします。わたしはこの人と同じ家に住んでいて、その家で、この人のいるところでお産をしました
3:18 三日後に、この人もお産をしました。わたしたちは一緒に家にいて、ほかにだれもいず、わたしたちは二人きりでした
3:19 ある晩のこと、この人は寝ているときに赤ん坊に寄りかかったため、この人の赤ん坊が死んでしまいました
3:20 そこで夜中に起きて、わたしの眠っている間にわたしの赤ん坊を取って自分のふところに寝かせ、死んだ子をわたしのふところに寝かせたのです
3:21 わたしが朝起きて自分の子に乳をふくませようとしたところ、子供は死んでいるではありませんか。その朝子供をよく見ますと、わたしの産んだ子ではありませんでした。」
3:22 もう一人の女が言った。「いいえ、生きているのがわたしの子で、死んだのがあなたの子です。」さきの女は言った。「いいえ、死んだのはあなたの子で、生きているのがわたしの子です。」二人は王の前で言い争った。
3:23 王は言った。「『生きているのがわたしの子で、死んだのはあなたの子だ』と一人が言えば、もう一人は、『いいえ、死んだのはあなたの子で、生きているのがわたしの子だ』と言う。」
3:24 そして王は、「剣を持って来るように」と命じた。王の前に剣が持って来られると、
3:25 王は命じた。「生きている子を二つに裂き、一人に半分を、もう一人に他の半分を与えよ。」
3:26 生きている子の母親は、その子を哀れに思うあまり、「王様、お願いです。この子を生かしたままこの人にあげてください。この子を絶対に殺さないでください」と言った。しかし、もう一人の女は、「この子をわたしのものにも、この人のものにもしないで、裂いて分けてください」と言った。
3:27 王はそれに答えて宣言した。「この子を生かしたまま、さきの女に与えよ。この子を殺してはならない。その女がこの子の母である。」
3:28 王の下した裁きを聞いてイスラエルの人々は皆、王を畏れ敬うようになった神の知恵が王のうちにあって、正しい裁きを行うのを見たからである

コメントする権限がありません。

運用団体

ゴスペルハウス浦幌: 今日もバイブルしましょう!
〒089-5601
北海道十勝郡浦幌町宝町53-41
Tel.015-576-2929 Fax.0155-67-0127
Email: info@bible-today.com

サイト管理

ビジョンハウス更別 今日もばいぶるしましょう! 担当:アブラハム・リー
〒089-1542
北海道河西郡更別村更別南1線89-57
Tel.0155-52-5905 Fax.0155-67-0127
Email: info@bible-today.com
UA-73882025-1