第1列王記6章 ソロモン神殿の完成と神様の契約

投稿者: アブラハム・リー on .

星を無効星を無効星を無効星を無効星を無効
 

第1列王記6章 ソロモン神殿の完成と神様の契約

ソロモンの神殿
7年を掛けてソロモンは、神殿を完成した。神殿の大きさは、奥行き60Cubit=27m43cm、幅20Cubit=9m14cm、高さ30Cubit=13m71cmでした。考えたよりは大きくないサイズだったような気がします。

出エジプトしてから480年。

神様は、一つの約束を下しました。あなたが建てている神殿について、もしあなたがわたしの掟に従って歩み、わたしの法を実行し、わたしのどの戒めにも従って歩むなら、わたしは父ダビデに告げた約束をあなたに対して果たそう。わたしはイスラエルの人々の中に住み、わが民イスラエルを見捨てることはない。

この約束がすべての神様からの伝えでした。なぜ?それは、この建物よりも最も大切なのは、神様の言葉を守り行うことだからです。預言者サムエルは、このように告げました。

「主は主の御声に聞き従うことほどに、全焼のいけにえや、その他のいけにえを喜ばれるだろうか。見よ。聞き従うことは、いけにえにまさり、耳を傾けることは、雄羊の脂肪にまさる。」

親によいものを沢山上げることより、親の言うことを聞いて欲しいと思うでしょう。天の父も、私たちが主のためにと思って捧げるものよりは、神様と会話をし、その方のいうことに耳を傾け、その定めと掟を守り行うことを願っています。

主のために頑張る行動より、主の前に黙って、主の御声を聞く人が神様を喜ばせる人です。そして、聞いたことを黙々と行う人こそ、主を喜ばせる人であると信じます。

アブラハム・リー@ゴスペルハウス

6:1 ソロモン王が主の神殿の建築に着手したのは、イスラエル人がエジプトの地を出てから四百八十年目ソロモンがイスラエルの王になってから四年目のジウの月、すなわち第二の月であった。
6:2 ソロモン王が主のために築いた神殿は、奥行きが六十アンマ、間口が二十アンマ、高さが三十アンマであった。(1 cubitアンマ = 45.72 センチメートル)
6:3 神殿の外陣の前にある前廊は、奥行きが神殿の間口と同様に二十アンマであり、間口は神殿の前で十アンマであった。
6:4 神殿には格子作りの窓を付けた。
6:5 神殿の壁の周囲には脇間、すなわち外陣と内陣のある神殿の壁の周囲に取り囲むように脇廊を造った。
6:6 この脇間の幅は、一階五アンマ、二階六アンマ、三階七アンマであった。それは、脇間が下になるほど狭くなるようにして、建物の壁に梁をはめ込まずに済むようにしたからである。
6:7 神殿の建築は、石切り場でよく準備された石を用いて行われたので、建築中の神殿では、槌、つるはし、その他、鉄の道具の音は全く聞こえなかった
6:8 二階の脇廊に通じる入り口は、神殿の右側にあり、らせん階段で二階へ、更に二階から三階へと上がるように造られていた。
6:9 ソロモンは神殿の建築を完了するにあたり、レバノン杉の梁と板で神殿の天井を造った。
6:10 なお、神殿全体に付けられた脇間は、各階の高さが五アンマであり、レバノン杉の材木で神殿に固定された。
6:11 そのとき、主の言葉がソロモンに臨んだ。
6:12 「あなたが建てている神殿について、もしあなたがわたしの掟に従って歩み、わたしの法を実行し、わたしのどの戒めにも従って歩むなら、わたしは父ダビデに告げた約束をあなたに対して果たそう。
6:13 わたしはイスラエルの人々の中に住み、わが民イスラエルを見捨てることはない。
6:14 こうしてソロモンは神殿の建築を完了した
6:15 彼は神殿の内壁を床から天井の壁面までレバノン杉の板で仕上げ、内部を木材で覆った。神殿の床にも糸杉の板を張り詰めた。
6:16 また、神殿の奥の部分二十アンマに床から天井の壁面までレバノン杉の板を張って、内部に内陣、すなわち至聖所を造った
6:17 その前にある外陣と言われる部分は四十アンマであった。
6:18 神殿の内部にあるレバノン杉の壁面はひょうたんと花模様の浮き彫りで飾られていた。全面がレバノン杉で出来ていて、石は全く見えなかった
6:19 神殿の奥に設けられた内陣は、主の契約の箱を安置するためのものであった
6:20 この内陣は奥行きが二十アンマ、間口が二十アンマ、高さが二十アンマであり、彼はこれと、その前のレバノン杉の祭壇を純金で覆った。
6:21 またソロモンは、神殿の奥を純金で覆い、内陣の前には金の鎖を渡し、これを金で覆った。
6:22 このように、彼は神殿全体をその隅々まで金で覆い、内陣にある祭壇もすべて金で覆った。
6:23 ソロモンはオリーブ材で二体のケルビムを作り、内陣に据えた。その高さは十アンマであった。
6:24 ケルビムの翼は一方が五アンマで、他方も五アンマ、一方の翼の先から他方の翼の先まで十アンマであった。
6:25 もう一体のケルビムも十アンマで、ケルビムは二体とも同形同寸であった。
6:26 一方のケルビムは高さが十アンマで、もう一方のケルビムも同様であった。
6:27 ソロモンはこのケルビムを神殿の奥に置いた二体のケルビムはそれぞれ翼を広げ、一方のケルビムの翼が一方の壁に触れ、もう一方のケルビムの翼も、もう一方の壁に触れていた。また、それぞれの内側に向かった翼は接し合っていた。
6:28 彼はケルビムも金で覆った
6:29 神殿の周囲の壁面はすべて、内側の部屋も外側の部屋も、ケルビムとなつめやしと花模様の浮き彫りが施されていた。
6:30 神殿の床には、内側の部屋も外側の部屋も全面に金を張り詰めた
6:31 ソロモンは内陣の入り口にオリーブ材の扉を付けた。壁柱と門柱は五角形であった。
6:32 そのオリーブ材の二枚の扉にもケルビムとなつめやしと花模様を浮き彫りにして、これを金で覆った。ケルビムとなつめやしの上にも金を張った。
6:33 同様に外陣の入り口にもオリーブ材の門柱を付けた。これは四角形であった
6:34 そして糸杉材の二枚の扉を付けた。その一方の扉の二枚の板戸は折り畳み戸、もう一方の扉の二枚の板戸も折り畳み戸であった。
6:35 そこにもケルビムとなつめやしと花模様を浮き彫りにし、彫られているところによく合わせて金を張った
6:36 また内庭を造り、切り石を三列、レバノン杉の角材を一列重ねて据えた。
6:37 主の神殿の基礎が据えられたのが、ソロモンの治世第四年のジウの月、
6:38 同第十一年のブルの月、すなわち第八の月に神殿はその細部に至るまで計画どおりに完成したその建築には七年を要した

コメントする権限がありません。

運用団体

ゴスペルハウス浦幌: 今日もバイブルしましょう!
〒089-5601
北海道十勝郡浦幌町宝町53-41
Tel.015-576-2929 Fax.0155-67-0127
Email: info@bible-today.com

サイト管理

ビジョンハウス更別 今日もばいぶるしましょう! 担当:アブラハム・リー
〒089-1542
北海道河西郡更別村更別南1線89-57
Tel.0155-52-5905 Fax.0155-67-0127
Email: info@bible-today.com
UA-73882025-1