第1列王記16章 悲しいイスラエルの罪

投稿者: アブラハム・リー on .

この記事の評価: 0 / 5

星を無効星を無効星を無効星を無効星を無効
 

第1列王記16章 悲しいイスラエルの罪

偶像礼拝するイスラエル

北のイスラエルの国に、王が続きますが、空しい偶像に従うことで、主の怒りを招いた。バシャ王の家に主の裁きがあった。その子エラ、彼を殺した、ジムリは、自殺して死に、オムリが王となったが、主の前に悪をおこない、サマリヤで死んだ。彼の息子アハブが王となり、今までの無い悪を行い、イゼベルを妻とし、最悪な状態に陥るようになった。

イスラエルは、そのはじめからの罪が続いている中、最悪の状態に陥った。

その罪は、神様を悲しめたし、イスラエルの民は、大きな罠に入った。このような罪が継続していることは、悲しい過ぎる。罪からの赦しは、主から来る。偶像が彼らを導くことも、語ることも出来ない。なぜ、それを知らないのか?それは、悪魔の霊的な要塞が彼らをつかみ、逃げることが出来ないからである。自分たちの考え方の中に、これから離れようともしないからである。事実を伝えても、自分の力では離れないからである。ただ、自分から進んでこの罪から離れようとする人のみ離れることが出来る。

自分の罪を示してくださいますように!そして、悔い改めるところへ歩みたい。このような心を常に保つことが出来ることを祈ります。

アブラハム・リー
ゴスペルハウス

16:1 バシャに対する主の言葉がハナニの子イエフに臨んだ。
16:2 「わたしはあなたを塵の中から引き上げて、わが民イスラエルの指導者としたが、あなたはヤロブアムと同じ道を歩み、わが民イスラエルに罪を犯させ、彼らの罪によってわたしを怒らせた。
16:3 それゆえ、今わたしはバシャとその家を一掃し、あなたの家もネバトの子ヤロブアムの家と同様にする。
16:4 バシャに属する者は、町で死ねば犬に食われ、野で死ねば空の鳥の餌食になる。
16:5 バシャの他の事績、彼の行った事、その功績は、『イスラエルの王の歴代誌』に記されている。
16:6 バシャは先祖と共に眠りにつき、ティルツァに葬られた。その子エラがバシャに代わって王となった。
16:7 またハナニの子、預言者イエフによって主の言葉がバシャとその家に臨んだ。それはバシャが、その手の業によって主を怒らせ、ヤロブアムの家に倣って、主の目に悪とされることを行い、その手の業によって主の怒りを招いたためであり、またヤロブアムを討ったためである
16:8 ユダの王アサの治世第二十六年に、バシャの子エラがティルツァでイスラエルの王となり、二年間王位にあった。
16:9 その家臣で戦車隊半分の長であったジムリが謀反を起こした。そのとき、エラはティルツァにいて、ティルツァの宮廷長アルツァの家で酒に酔っていた。
16:10 ジムリは襲いかかって、エラを打ち殺した。ユダの王アサの治世第二十七年のことであった。ジムリはエラに代わって王となった
16:11 彼は王となり、王座につくと、バシャの家の者をすべて撃ち、親族も友人も、男子は一人も残さなかった。
16:12 主が預言者イエフによってバシャに告げられた言葉のとおり、ジムリはバシャの家を滅ぼし尽くした
16:13 これは、バシャすべての罪と、その子エラの罪のため、すなわち彼らが自ら罪を犯し、またイスラエルに罪を犯させ、空しい偶像によって、イスラエルの神、主の怒りを招いたためである
16:14 エラの他の事績、彼の行ったすべての事は、『イスラエルの王の歴代誌』に記されている。
16:15 ユダの王アサの治世第二十七年に、ティルツァでジムリが王となり、七日間王位にあった。そのとき、民はペリシテ領ギベトンに対して陣を敷いていた。
16:16 陣を敷いていた民は、ジムリが謀反を起こして王を倒したとの知らせを聞いた。その日すべてのイスラエルは、陣営において軍の司令官オムリを、イスラエルの王とした
16:17 オムリは、すべてのイスラエルと共にギベトンからティルツァに上り、ティルツァを包囲した。
16:18 ジムリは町が占領されるのを見て、王宮の城郭に入り、自ら王宮に火を放って死んだ
16:19 これは、彼の犯した罪のため、彼が、主の目に悪とされることを行って、ヤロブアムの道を歩み、イスラエルに罪を犯させたヤロブアムの罪を繰り返したためである
16:20 ジムリの他の事績、彼が謀反を起こしたことは、『イスラエルの王の歴代誌』に記されている。
16:21 そのとき、イスラエルの民は二派に分かれた。民の半分はギナトの子ティブニに従い、これを王にしようとしたが、他の半分はオムリに従った。
16:22 しかし、オムリに従う民は、ギナトの子ティブニに従う民を圧倒し、ティブニは死んで、オムリが王となった
16:23 ユダの王アサの治世第三十一年に、オムリがイスラエルの王となり、十二年間王位にあった。彼は六年間ティルツァで国を治めた後、
16:24 シェメルからサマリアの山を銀二キカルで買い取り、その山に町を築いた。彼はその築いた町の名を、山の所有者であったシェメルの名にちなんでサマリアと名付けた。
16:25 オムリ主の目に悪とされることを行い、彼以前のだれよりも悪い事を行った
16:26 彼は、ネバトの子ヤロブアムのすべての道を歩み、イスラエルに罪を犯させたヤロブアムの罪を繰り返して、空しい偶像によってイスラエルの神、主の怒りを招いた
16:27 オムリの行った他の事績、彼のあげた功績は、『イスラエルの王の歴代誌』に記されている。
16:28 オムリは先祖と共に眠りにつき、サマリアに葬られた。その子アハブがオムリに代わって王となった。
16:29 オムリの子アハブがイスラエルの王となったのは、ユダの王アサの治世第三十八年であった。オムリの子アハブは、サマリアで二十二年間イスラエルを治めた。
16:30 オムリの子アハブ彼以前のだれよりも主の目に悪とされることを行った
16:31 彼はネバトの子ヤロブアムの罪を繰り返すだけでは満足せず、シドン人の王エトバアルの娘イゼベルを妻に迎え、進んでバアルに仕え、これにひれ伏した
16:32 サマリアにさえバアルの神殿を建て、その中にバアルの祭壇を築いた
16:33 アハブはまたアシェラ像を造り、それまでのイスラエルのどの王にもまして、イスラエルの神、主の怒りを招くことを行った。
16:34 彼の治世に、ベテルの人ヒエルはエリコを再建したが、かつて主がヌンの子ヨシュアを通してお告げになった御言葉のとおり、その基礎を据えたときに長子アビラムを失い、扉を取り付けたときに末子セグブを失った

コメントを追加


セキュリティコード
更新

運用団体

ゴスペルハウス浦幌: 今日もバイブルしましょう!
〒089-5601
北海道十勝郡浦幌町宝町53-41
Tel.015-576-2929 Fax.0155-67-0127
Email: info@bible-today.com

サイト管理

ビジョンハウス更別 今日もばいぶるしましょう! 担当:アブラハム・リー
〒089-1542
北海道河西郡更別村更別南1線89-57
Tel.0155-52-5905 Fax.0155-67-0127
Email: info@bible-today.com
UA-73882025-1