第1サムエル記 1章 祈りで勝つハンナ

投稿者: アブラハム・リー on .

星を無効星を無効星を無効星を無効星を無効
 

第1サムエル記 1章 祈りで勝つハンナ

祈りで勝つハンナ

ハンナは、エルカナの妻で子供がなかったが、もう一人の妻ペニナは、子供がいた。ここに、神様が人間に二人以上の妻を持つ家庭の混乱があります。ハンナは、毎年のささげものの時に心を痛み、泣いていた。エルカナも、これが悩みであった。

すべての生命は、神様の主権の中に行われます。主はハンナの胎を閉ざしておられた。と書いてあります。つまり、主が人間の命を治めています。

しかし、このような人間の力でできないことは、祈りということを通して、主にその願いを受け取ることができます。ハンナは、
「主の御前に心からの願いを注ぎ出しておりました」と自分の祈りの時を表現しています。心からの願いを注ぎだすことです。また、それが神様の御心に適うものであれば、神様は、すぐその答えを与えてくださいます。

ハンナの祈りは、悲しみと涙で始まりました。しかし、彼女の請願は、このように士師たちが治めていますが、主を知らない時代で神様の御声を聞くものが少なかったときに、与えられる子供の一生涯を主に用いられる祈りをしていたのです。このような祈りをした人は多分その当時は、なかったでしょう。つまり、ハンナの心は、神様の心の願いを願うようになったのです。神様の心にあるとっても大事なところを理解できるようになりました。これが、ハンナの祈りが大事に残された大きな理由です。

ハンナは、自分の祈りが願いから主の御心に適う祈りに変えられました。これが、祈りの勝利と言うものです。多くの場合、私たちは、自分の願うことを主にお願いします。しかし、ある時、自分の願いよりも、神様の願うことを自分のもののようになります。その時に、私たちの祈りは、力強く自分の願いを超えて主にささげられます。この時は、自分の悩みはなくなり、かえて、希望と感謝にあふれるようになります。ハンナは、祈りに勝利を得たのです。

私たちの祈りの生活の中にも、自分の悩みから主の御心に適う祈りに変えられた勝利の祈りをささげることができることを祈ります。

アブラハム・リー
ゴスペルハウス

1:1 エフライムの山地ラマタイム・ツォフィムに一人の男がいた。名をエルカナといい、その家系をさかのぼると、エロハム、エリフ、トフ、エフライム人のツフに至る。
1:2 エルカナには二人の妻があった。一人はハンナ、もう一人はペニナで、ペニナには子供があったが、ハンナには子供がなかった
1:3 エルカナ毎年自分の町からシロに上り、万軍の主を礼拝し、いけにえをささげていた。シロには、エリ二人の息子ホフニピネハスがおり、祭司として主に仕えていた
1:4 いけにえをささげる日には、エルカナは妻ペニナとその息子たち、娘たちにそれぞれの分け前を与え、
1:5 ハンナには一人分を与えた彼はハンナを愛していたが、主はハンナの胎を閉ざしておられた
1:6 彼女を敵と見るペニナは、主が子供をお授けにならないことでハンナを思い悩ませ、苦しめた
1:7 毎年このようにして、ハンナが主の家に上るたびに、彼女はペニナのことで苦しんだ今度もハンナは泣いて、何も食べようとしなかった
1:8 夫エルカナはハンナに言った。「ハンナよ、なぜ泣くのか。なぜ食べないのか。なぜふさぎ込んでいるのか。このわたしは、あなたにとって十人の息子にもまさるではないか。」
1:9 さて、シロでのいけにえの食事が終わり、ハンナは立ち上がった祭司エリは主の神殿の柱に近い席に着いていた
1:10 ハンナ悩み嘆いて主に祈り、激しく泣いた
1:11 そして、誓いを立てて言った。「万軍の主よ、はしための苦しみを御覧ください。はしために御心を留め、忘れることなく、男の子をお授けくださいますなら、その子の一生を主におささげし、その子の頭には決してかみそりを当てません。」
1:12 ハンナ主の御前であまりにも長く祈っているので、エリは彼女の口もとを注意して見た。
1:13 ハンナ心のうちで祈っていて唇は動いていたが声は聞こえなかったエリは彼女が酒に酔っているのだと思い、
1:14 彼女に言った。「いつまで酔っているのか。酔いをさましてきなさい。」
1:15 ハンナは答えた。「いいえ、祭司様、違います。わたしは深い悩みを持った女です。ぶどう酒も強い酒も飲んではおりません。ただ、主の御前に心からの願いを注ぎ出しておりました
1:16 はしためを堕落した女だと誤解なさらないでください。今まで祈っていたのは、訴えたいこと、苦しいことが多くあるからです。」そこでエリは、
1:17 「安心して帰りなさい。イスラエルの神が、あなたの乞い願うことをかなえてくださるように」と答えた。
1:18 ハンナは、「はしためが御厚意を得ますように」と言ってそこを離れた。それから食事をしたが、彼女の表情はもはや前のようではなかった
1:19 一家は朝早く起きて主の御前で礼拝し、ラマにある自分たちの家に帰って行った。エルカナは妻ハンナを知った主は彼女を御心に留められ
1:20 ハンナ身ごもり、月が満ちて男の子を産んだ。主に願って得た子供なので、その名をサムエル(その名は神)と名付けた
1:21 さて、夫エルカナが家族と共に年ごとのいけにえと自分の満願の献げ物を主にささげるために上って行こうとしたとき、
1:22 ハンナは行こうとせず、夫に言った。「この子が乳離れしてから、一緒に主の御顔を仰ぎに行きます。そこにこの子をいつまでもとどまらせましょう。」
1:23 夫エルカナは妻に言った。「あなたがよいと思うようにしなさい。この子が乳離れするまで待つがよい。主がそのことを成就してくださるように。」ハンナはとどまって子に乳を与え、乳離れするまで育てた
1:24 乳離れした後、ハンナは三歳の雄牛一頭、麦粉を一エファ、ぶどう酒の革袋を一つ携え、その子を連れてシロの主の家に上って行った。この子は幼子にすぎなかったが、
1:25 人々は雄牛を屠り、その子をエリのもとに連れて行った。
1:26 ハンナは言った。「祭司様、あなたは生きておられます。わたしは、ここであなたのそばに立って主に祈っていたあの女です
1:27 わたしはこの子を授かるようにと祈り、主はわたしが願ったことをかなえてくださいました
1:28 わたしは、この子を主にゆだねます。この子は生涯、主にゆだねられた者です。」彼らはそこで主を礼拝した

コメントする権限がありません。

運用団体

ゴスペルハウス浦幌: 今日もバイブルしましょう!
〒089-5601
北海道十勝郡浦幌町宝町53-41
Tel.015-576-2929 Fax.0155-67-0127
Email: info@bible-today.com

サイト管理

ビジョンハウス更別 今日もばいぶるしましょう! 担当:アブラハム・リー
〒089-1542
北海道河西郡更別村更別南1線89-57
Tel.0155-52-5905 Fax.0155-67-0127
Email: info@bible-today.com
UA-73882025-1