第1サムエル記30章 すべての問題の解決は、主に伺うことから始まる。

投稿者: アブラハム・リー on .

星を無効星を無効星を無効星を無効星を無効
 

第1サムエル記30章 すべての問題の解決は、主に伺うことから始まる。

ダビデが奥さんたちを救った。

ダビデとその兵が戻ってきた時、自分たちのすべてが失われて、家々は火で焼かれていた。妻や子供を失った彼らは気力がなくなるまで、泣いた。兵士は皆、息子、娘のことで悩み、ダビデを石で打ち殺そうと言い出したので、ダビデは苦しんだ

だが、ダビデはその神、主によって力を奮い起こした

ここが注目のポイントです。私たちがすべてを失ったと思ったとき、そこに主が生きて居られる事を認識し、主から来る力を持って新しくなることが出来ることです。

ダビデは、それから神様に伺うためにエフォドを持って主の前に出ました。これがダビデの人生の一番大切なあゆみ方です。ここに、すべての解決があります。どうすればいいかわからない時、クリスチャンである私たちに主が与えてくださった特権!それが、主の前に出て主に寄り頼むことと同時に、主に自分のことを知っていただくことが出来ることです。主は生きておられます。そして、信じる私たち一人一人の心に話しかけています。私たちが心を開き、主に聞こうとするとき、主は語ってくださいます。

ダビデは主に託宣を求めた。「この略奪隊を追跡すべきでしょうか。追いつけるでしょうか。」「追跡せよ。必ず追いつき、救出できる。」という答えであった

主は必ず私たちがわかるように答えてくださいます。主が語ったとおり従い、自分のすべてのものを取り戻すことが出来ました。道中、エジプトの一人を備えたのは主です。そして、その人を通してすぐに見つけることが出来ました。

年若い者も年寄りも、息子も娘も、戦利品として奪われたものもすべて、ダビデは残らず取り返した。しかし、ダビデに従って行った者の中には、悪意を持つならず者がいて、言った。「彼らは我々と共に行かなかったのだ。我々が取り戻した戦利品を与える必要はない。ただ妻と子供を受け取り、連れて行くがよい。」しかし、ダビデは言った。「兄弟たちよ、主が与えてくださったものをそのようにしてはいけない。我々を守ってくださったのは主であり、襲って来たあの略奪隊を我々の手に渡されたのは主なのだ。荷物のそばにとどまっていた者の取り分は、戦いに出て行った者の取り分と同じでなければならない。皆、同じように分け合うのだ。 公平に分けることが基本になりました。

ダビデはツィクラグに帰ると、友人であるユダの長老たちに戦利品の中から贈り物をして、「これがあなたたちへの贈り物です。主の敵からの戦利品の一部です」と言った。ダビデは、今までお世話になって人々のことを忘れず、逃亡者となった今までの生活から振り替えて感謝の気持ちを表した。

波乱万丈な人生を過ごしているダビデの危険が、彼に機会を与えた。それは、彼が神様に伺いその御心をを求めたからである。これから、すべての答えが生み出される。

アブラハム・リー
ゴスペルハウス

30:1 三日目、ダビデとその兵がツィクラグに戻る前に、アマレク人がネゲブとツィクラグに侵入した彼らはツィクラグを攻撃して、町に火をかけ、
30:2 そこにいた女たち、年若い者から年寄りまで、一人も殺さずに捕らえて引いて行った
30:3 ダビデとその兵が町に戻ってみると、町は焼け落ち、妻や息子、娘たちは連れ去られていた
30:4 ダビデも彼と共にいた兵士も、声をあげて泣き、ついには泣く力もなくなった
30:5 ダビデの二人の妻、イズレエルのアヒノアムとカルメルのナバルの妻であったアビガイルも連れ去られていた
30:6 兵士は皆、息子、娘のことで悩み、ダビデを石で打ち殺そうと言い出したので、ダビデは苦しんだだが、ダビデはその神、主によって力を奮い起こした
30:7 ダビデは、アヒメレクの子、祭司アビアタルに命じた。「エフォドを持って来なさい。」アビアタルがダビデにエフォドを持って来ると
30:8 ダビデは主に託宣を求めた。「この略奪隊を追跡すべきでしょうか。追いつけるでしょうか。」「追跡せよ。必ず追いつき、救出できる。」という答えであった
30:9 ダビデと彼に従う兵六百人は出立したベソル川に着くと、そこで落伍者が出た
30:10 ダビデと四百人の兵は追跡を続けたが、二百人は疲れすぎていてベソル川を渡れなかったので、そこにとどまった
30:11 兵士たちは野原で一人のエジプト人を見つけ、ダビデのもとに連れて来たパンを与えて食べさせ、水を飲ませ、
30:12 更に干しいちじく一かたまりと干しぶどう二房を与えて食べさせると元気を取り戻した彼は、三日三晩、飲まず食わずでいたからである
30:13 ダビデが彼に、「お前は誰の配下の者で、どこから来たのか」と問うと、「わたしはエジプトからの従者で、アマレク人の奴隷になっていました。三日前に病にかかり、主人に捨てられました
30:14 クレタ人のネゲブ、ユダに属するネゲブ、カレブのネゲブに侵入し、ツィクラグに火をかけたのは我々です。」
30:15 ダビデは尋ねた。「お前はその略奪隊のもとへわたしを案内できるか。」「あなたが、わたしを殺さない、主人に引き渡さないと神にかけて誓ってくだされば、あの略奪隊のところに御案内します。」
30:16 彼はダビデを案内して行った。見ると彼らはその辺り一面に広がり、ペリシテの地とユダの地から奪った戦利品がおびただしかったので、飲んだり食べたり、お祭り騒ぎをしていた
30:17 夕暮れになるとダビデは攻撃をかけ、翌日の夕方まで続けたらくだに乗って逃げた四百人の若者を除いて、逃れた者は一人もなかった
30:18 ダビデはアマレク人が奪って行ったものをすべて取り戻し、二人の妻も救い出した
30:19 年若い者も年寄りも、息子も娘も、戦利品として奪われたものもすべて、ダビデは残らず取り返した。
30:20 更に、ダビデは羊と牛をことごとく奪った。一行はこの家畜の群れを引いて行きながら、言った。「これはダビデの戦利品だ。」
30:21 やがて、疲労のためダビデに従うことができず、ベソル川にとどまっていた二百人の兵のもとに戻って来ると、彼らはダビデとダビデに従った兵士たちを迎えに出て来た。ダビデはこの兵士たちに近づくと、彼らの安否を尋ねた。
30:22 ダビデに従って行った者の中には、悪意を持つならず者がいて、言った。「彼らは我々と共に行かなかったのだ。我々が取り戻した戦利品を与える必要はない。ただ妻と子供を受け取り、連れて行くがよい。」
30:23 しかし、ダビデは言った。「兄弟たちよ、主が与えてくださったものをそのようにしてはいけない。我々を守ってくださったのは主であり、襲って来たあの略奪隊を我々の手に渡されたのは主なのだ。
30:24 誰がこのことについてあなたたちに同意するだろう荷物のそばにとどまっていた者の取り分は、戦いに出て行った者の取り分と同じでなければならない。皆、同じように分け合うのだ。
30:25 この日から、これがイスラエルの掟、慣例とされ、今日に至っている
30:26 ダビデはツィクラグに帰ると、友人であるユダの長老たちに戦利品の中から贈り物をして、「これがあなたたちへの贈り物です。主の敵からの戦利品の一部です」と言った
30:27 その送り先は、ベテル、ラモト・ネゲブ、ヤティル、
30:28 アロエル、シフモト、エシュテモア、
30:29 ラカル、エラフメエル人の町々、カイン人の町々、
30:30 ホルマ、ボル・アシャン、アタク、
30:31 ヘブロン、そして、ダビデとその兵がかつてさまよい歩いたすべての所の長老たちである

コメントする権限がありません。

運用団体

ゴスペルハウス浦幌: 今日もバイブルしましょう!
〒089-5601
北海道十勝郡浦幌町宝町53-41
Tel.015-576-2929 Fax.0155-67-0127
Email: info@bible-today.com

サイト管理

ビジョンハウス更別 今日もばいぶるしましょう! 担当:アブラハム・リー
〒089-1542
北海道河西郡更別村更別南1線89-57
Tel.0155-52-5905 Fax.0155-67-0127
Email: info@bible-today.com
UA-73882025-1