第一サムエル12:20ー24 親としてとりなすこと

投稿者: あゆみ・リー on .

星を無効星を無効星を無効星を無効星を無効
 
第一サムエル12章20節から24節
親としてとりなすこと

とりなし

私もまた、あなたがたのために祈ることをやめて主に罪を犯すことなど、とてもできない。12:23

昨日、息子の罪を指摘した時に、彼は悔い改めた。今朝、わたしの読んだ聖書箇所に親の取るべき態度が書かれてあった。罪を犯さずに主に従うようにという指導とともに、祭司サムエルも祈るのをやめる罪を犯さないということだった。罪を指摘するだけではなく、赦し、祈り続けるよう子供のために祈るのを怠ってはならない。

どうかサムエルが民のためにとりなし続けたように子供のために、また人々のためにとりなす者とさせてください。私に祈りの霊をお注ぎください。


コメントする権限がありません。

運用団体

ゴスペルハウス浦幌: 今日もバイブルしましょう!
〒089-5601
北海道十勝郡浦幌町宝町53-41
Tel.015-576-2929 Fax.0155-67-0127
Email: info@bible-today.com

サイト管理

ビジョンハウス更別 今日もばいぶるしましょう! 担当:アブラハム・リー
〒089-1542
北海道河西郡更別村更別南1線89-57
Tel.0155-52-5905 Fax.0155-67-0127
Email: info@bible-today.com
UA-73882025-1