Ⅱ歴代誌12章 富、名声、力に要注意!

投稿者: サムエル・リー on .

星を無効星を無効星を無効星を無効星を無効
 



Ⅱ歴代誌12:1


「レハブアムは国が固まり、自らも力をつけると、
すべてのイスラエル人と共に主の律法を捨てた。」

この箇所ではソロモンの息子レハブアムについて書かれてありました。
昨日投稿した記事で、長老を敬わず、自分と同じ年代の人の
言うことを聞いた王様です。

彼は最初、ダビデやソロモンの道に歩んでいましたが、
富、名声、力が彼の手に入ると主の律法を捨ててしまいました。

これを読んで、自分が富む時、
誰かから賞賛されるようなことをした時、
力(いろんな意味で)を手に入れた時は、
まず神様に感謝し、自分ではなく、
神様がやってくれたんだっていうことを
思い起こす必要があると思いました。

それによってレハブアムのように高慢にならず、
へりくだった姿勢でいれると思います。

・・・。どんな時でも主に栄光!!(笑)


サムエル・リー

”続きを読む”で今日の聖書箇所を読むことができます↓ 

 

12:1 レハブアムは国が固まり、自らも力をつけると、すべてのイスラエル人と共に主の律法を捨てた。

12:2 レハブアム王の治世第五年に、エジプトの王シシャクがエルサレムに攻め上って来た。彼らが主に背いたからである。

12:3 彼は戦車千二百両、騎兵六万を擁し、彼がエジプトから率いてきたリビア人、スキイム人、クシュ人の民は数えきれないほどであった。

12:4 彼はユダの砦の町を次々に陥れ、エルサレムにまで迫った。

12:5 預言者シェマヤが、シシャクのことでエルサレムに集まっているレハブアムとユダの将軍たちのところに来て言った。「主はこう言われる。『あなたたちはわたしを捨てた。わたしもあなたたちを捨て、シシャクの手に渡す。』」

12:6 イスラエルの将軍たちは王と共にへりくだって言った。「主は正しい。」

12:7 主は彼らがへりくだるのを御覧になった。主の言葉がシェマヤに臨んだ。「彼らがへりくだったので、わたしは彼らを滅ぼさず、間もなく彼らに救いを与える。わたしの怒りをシシャクの手によってエルサレムに注ぐことはしない。

12:8 ただし、彼らはシシャクに仕える者となり、わたしに仕えることと、地の王国に仕えることとの違いを知るようになる。」

12:9 エジプトの王シシャクはエルサレムに攻め上り、主の神殿と王宮の宝物を奪い取った。彼はすべてを奪い、ソロモンが作った金の盾も奪い取った。

12:10 レハブアム王は、その代わりに青銅の盾を作り、王宮の入り口を守る近衛兵の長たちの手に託した。

12:11 王が主の神殿に来る度ごとに、近衛兵たちは来てその盾を持ち、また近衛兵の詰め所に戻した。

12:12 王がへりくだったので、主の怒りは彼から離れ、彼が徹底的に滅ぼされることはなかった。ユダにも良い事があった。

12:13 レハブアム王はエルサレムで勢力を増し、国を支配した。レハブアムは四十一歳で王となり、十七年間エルサレムで王位にあった。エルサレムは、主が御名を置くためにイスラエルのすべての部族の中から選ばれた都であった。レハブアムの母の名はナアマと言い、アンモン人であった。

12:14 彼は心を定めて主を求めることをせず、悪を行った。

12:15 レハブアムの事績は、初期のことも後期のことも、『預言者シェマヤと先見者イドの言葉』に系図に従って記されている。レハブアムとヤロブアムの間には戦いが絶えなかった。

12:16 レハブアムは先祖と共に眠りにつき、ダビデの町に葬られた。その子アビヤがレハブアムに代わって王となった。 

 

コメントする権限がありません。

運用団体

ゴスペルハウス浦幌: 今日もバイブルしましょう!
〒089-5601
北海道十勝郡浦幌町宝町53-41
Tel.015-576-2929 Fax.0155-67-0127
Email: info@bible-today.com

サイト管理

ビジョンハウス更別 今日もばいぶるしましょう! 担当:アブラハム・リー
〒089-1542
北海道河西郡更別村更別南1線89-57
Tel.0155-52-5905 Fax.0155-67-0127
Email: info@bible-today.com
UA-73882025-1