第2歴代誌2章 神なる主の御名のために神殿を建てる

投稿者: アブラハム・リー on .

星を無効星を無効星を無効星を無効星を無効
 

第2歴代誌2章 神なる主の御名のために神殿を建てる

神なる主の御名のために神殿を建てる

ソロモンは、こういいました。「わたしはわが神なる主の御名のために神殿を建て、これを主のために聖別して、その御前に香草の香をたき、絶えずパンを供え、朝に夕に、安息日 と新月祭、我らの神なる主の祝祭日に、焼き尽くす献げ物をささげ、この事がイスラエルにおいていつまでも守られるようにしようとしています。」

その内容を見ましたら、以下のようになります。

1.主のために聖別する。聖別すると言うのは、英語ではset apart for Godということで、神様と時間を過ごすこととして解釈されます。
2.香をたく。香は、生徒の祈りのことで、神様に祈ることを意味しています。
3.絶えずパンを供える。パンは、命の言葉のことで、イエス様が教えてくださいました。パンは、神様のみことばのことです。ようするに、神様のみことばである、聖書(バイブル)を読み、黙想し、その言葉のことを覚え、守り、行うことを意味しています。
4.朝に夕に、安息日、新月祭、祝祭日に焼き尽くす献げ物を捧げる。このようなことは、毎日、毎週、毎月、年間通していつでも、自分を生きた供え物として主に捧げることを意味しています。

ソロモンの心の願いの中に父の祈りに適われて知恵を受け取り、神様のために神殿を建てる召しを受け、自分の人生を捧げることができました。

自分に与えられた召しに従って、主に使え、捧げる人生になりたいと思います。

アブラハム・リー
ゴスペルハウス

2:1 ソロモンは荷役の労働者七万人山中で石を切り出す労働者八万人その監督三千六百人を動員した。
2:2 彼はまたティルスの王フラムに使節を遣わして、こう言わせた。「あなたは、父ダビデに協力を惜しまず、父の住まいとなる王宮の建築のためにレバノン杉を送ってくださいました
2:3 わたしはわが神なる主の御名のために神殿を建て、これを主のために聖別して、その御前に香草の香をたき、絶えずパンを供え、朝に夕に、安息日と新月祭、我らの神なる主の祝祭日に、焼き尽くす献げ物をささげ、この事がイスラエルにおいていつまでも守られるようにしようとしています(聖別する:Set apart for God、時間も持ち物も主のためにとっておくこと。香をたく:祈りをすること。パンを備え:みことばである聖書を常に自分の心におくこと。朝、夕、安息日、新月祭、祝祭日:これらは、毎日、毎週、毎月、そして、年に定まれた5つの祭りに主への全焼のいけにえ:自分を生きた備えものとして捧げる:献身する。) 
2:4 わたしが建てようとしている神殿は大いなるものです。わたしたちの神はすべての神々にまさる大いなる方だからです。
2:5 しかし、この方のために神殿を建てる力が誰にありましょうか。天も、天の天もこの方をお納めすることができないからです。主のために神殿を建てようとするわたしは何者でしょうか。神殿はただ主の御前に香をたくためのものでしかありません。
2:6 従って、今、金、銀、青銅、鉄、深紅の織物、緋の織物、青の織物を扱う熟練した者で、種々の彫刻にたけた者を一人こちらに送ってください。父ダビデがそろえて、わたしのもとにいるユダとエルサレムの熟練した者に力添えをさせていただきたいのです
2:7 またレバノンからレバノン杉、糸杉、白檀の木材を送ってください。わたしは、あなたの家臣たちがレバノンの山林の伐採のことをよくわきまえていることを知っています。わたしの家臣をあなたの家臣と共に働かせ、
2:8 大量の木材を準備させていただけないでしょうか。わたしは輝かしく偉容を誇る神殿を建てようとしているのです。
2:9 伐採作業に当たるきこり、あなたの家臣に、わたしは小麦二万コル、大麦二万コル、ぶどう酒二万バト、オリーブ油二万バトを送り届けます。
2:10 ティルスの王フラムは、ソロモンに次のような返書を送ってきた。「主は御自分の民を愛して、あなたをその王とされた。
2:11 彼はまたこう言った。「天と地をお造りになったイスラエルの神なる主はたたえられますように。主はダビデ王に賢明で聡明な洞察力のある子をお与えになり、その子が主のために神殿を、国のために王宮を建てようとしています
2:12 今わたしは、聡明で熟練した者、職人の頭フラムを送ります
2:13 ダンの娘を母とし、ティルスの男を父として生まれた彼は、金、銀、青銅、鉄、石材、木材、深紅の織物、青の織物、麻の織物、緋の織物を扱い、どんな彫刻も作り、ゆだねられればどんな計画でも立てる能力があり、そちらの熟練した者、かつてのわたしの盟主、あなたの父ダビデの熟練した者に力添えをすることができます
2:14 お申し出のあった小麦、大麦、ぶどう酒、オリーブ油はわたしの家臣にお送りください。
2:15 我々はあなたの必要とする木材をレバノンで伐採し、いかだに組んで海路ヤッファまで届けます。それをエルサレムまで運ぶのは、そちらでお願いします。」
2:16 ソロモンは、父ダビデが人口を調べたように、イスラエルの地にいるすべての寄留民の人口を調べたところ、その数は十五万三千六百人であった。
2:17 そのうち七万人を荷役の労働者、八万人を山で石を切り出す労働者、三千六百人を民を働かせるための監督とした。

コメントする権限がありません。

運用団体

ゴスペルハウス浦幌: 今日もバイブルしましょう!
〒089-5601
北海道十勝郡浦幌町宝町53-41
Tel.015-576-2929 Fax.0155-67-0127
Email: info@bible-today.com

サイト管理

ビジョンハウス更別 今日もばいぶるしましょう! 担当:アブラハム・リー
〒089-1542
北海道河西郡更別村更別南1線89-57
Tel.0155-52-5905 Fax.0155-67-0127
Email: info@bible-today.com
UA-73882025-1