第2歴代誌4章 純金で作られる神殿の道具

投稿者: アブラハム・リー on .

星を無効星を無効星を無効星を無効星を無効
 

第2歴代誌4章 純金で作られる神殿の道具

純金で作られる神殿の道具

神殿の中のすべての道具は、金で被されている。沢山の金が使われ、至聖所の中は、ほとんど金色になっている。

金の中でも、純金でこられを作られた。金は、神様のことを表現するもので、その意味は、栄光と言うことであり、神様が供に居られるという意味もあります

神殿の元になるのは、モーセを通して与えられた幕屋であり、幕屋の至聖所にも、同じ金ですべてが作られています。

人々の神様の為の働きも、金のように火を通しても、なくならない働きがあれば、木や草のように、火を通したら、なくなるものもあります。

自分の人生が、金のように神様と供に働くものとなるのを目指して、主が教えてくださることを常に従って歩みたいと思います。火を通せば通すほど、金は純粋になり、ますます神様の臨在の厚い生活にして行きたいと思います。

アブラハム・リー
ゴスペルハウス

4:1 ソロモンは青銅製の祭壇を造ったが、その長さは二十アンマ、幅は二十アンマ、高さは十アンマであった。
4:2 彼はまた鋳物の「」を造った。直径十アンマの円形で、高さは五アンマ、周囲は縄で測ると三十アンマであった。
4:3 「海」の下には周囲に牛の像があって、それを取り巻いていた。すなわち、その「海」の周囲には、「海」と共に鋳造された牛が一アンマにつき十頭の割合で二列に並べられていた。
4:4 「海」は十二頭の牛の像の上に据えられていた。三頭は北を向き、三頭は西を向き、三頭は南を向き、三頭は東を向いて「海」を背負い、牛の後部はすべて内側に向いていた。
4:5 「海」は厚さが一トファ、その縁は、ゆりの花をかたどって、杯の縁のように作られた。その容量は優に三千バトもあった。
4:6 彼は清めのために洗盤を十作り、右と左に五つずつ置いた。その中でいけにえの用具が洗い清められ、「海」は祭司が身を清めるために用いられた
4:7 また規定に従って金の燭台を十作って外陣の中の右側に五つ、左側に五つ並べた。
4:8 また聖卓を十作って外陣の中の右側に五つ、左側に五つ並べた。それに金の水盤を百作った。
4:9 更に彼は祭司の庭と大庭、および庭の扉を作り、それを青銅で覆った。
4:10 「海」は神殿の右側、すなわち南東の方向に置いた。
4:11 フラムは壺、十能、水盤を作って、ソロモン王のために神殿でしようとした仕事を終えた。
4:12 彼が作ったものは、二本の柱、柱の頂にある柱頭の玉二つ、柱の頂にあるその柱頭の玉を覆う格子模様の浮き彫り二つ、
4:13 格子模様の浮き彫り二つに付けるざくろの実四百、そのざくろの実は、柱の頂にある二つの柱頭の玉を覆う格子模様の浮き彫りのそれぞれに、二列に並べられていた。
4:14 また台車を作り、その台車に乗せる洗盤を作った。
4:15 また「海」一つ、それを支える十二の牛の像、
4:16 それに壺、十能、肉刺しを作った。職人の頭フラムはソロモン王のため、すなわち主の神殿のために、求めに応じてこのすべての祭具を作った。これらは青銅製で、美しく仕上げられていた
4:17 王は、ヨルダンの低地、スコトとツェレダの間の粘土の豊かな所でこれらを鋳造した
4:18 ソロモンはこれらすべての祭具を作ったが、それはあまりにも多く、その青銅の重さは量ることもできないほどであった。
4:19 ソロモンは神殿に置くためのあらゆる祭具を作った――金の祭壇供えのパンを載せる聖卓
4:20 規定に従って内陣の前で火をともすための純金の燭台ともし火皿
4:21 最上の金で出来ている花、ともし火皿、火ばし
4:22 純金の芯切り鋏、鉢、柄杓、火皿神殿の入り口、至聖所に入るための奥の扉と、外陣に入るための神殿の扉も金であった

コメントする権限がありません。

運用団体

ゴスペルハウス浦幌: 今日もバイブルしましょう!
〒089-5601
北海道十勝郡浦幌町宝町53-41
Tel.015-576-2929 Fax.0155-67-0127
Email: info@bible-today.com

サイト管理

ビジョンハウス更別 今日もばいぶるしましょう! 担当:アブラハム・リー
〒089-1542
北海道河西郡更別村更別南1線89-57
Tel.0155-52-5905 Fax.0155-67-0127
Email: info@bible-today.com
UA-73882025-1