第2列王記16章 恥ずべきユダの王アハズ

投稿者: アブラハム・リー on .

この記事の評価: 0 / 5

星を無効星を無効星を無効星を無効星を無効
 

第2列王記16章 恥ずべきユダの王アハズ

アハズの偶像礼拝

ユダのアハズ王は、父祖ダビデと異なり、自分の神、主の目にかなう正しいことを行わなかった彼はイスラエルの王たちの道を歩み、主がイスラエルの人々の前から追い払われた諸国の民の忌むべき慣習に倣って、自分の子に火の中を通らせることさえした彼は聖なる高台、丘の上、すべての茂った木の下でいけにえをささげ、香をたいた

イスラエルとアラムがユダを攻めて来た時、アハズは、アッシリアに使者を遣わし、「わたしはあなたの僕、あなたの子です。どうか上って来て、わたしに立ち向かうアラムの王とイスラエルの王の手から、わたしを救い出してください。」と言った。ダビデは、神様ご自身の助けを求めたが、アハズは、他の国の助けを求めた。

これらのことを「善悪の知識の木」から食べることと言います。アダムとエバがエデンの園にいた時、神様が禁じられたのは、「善悪の知識の木」のみでした。それ以外のものは、思いのまま食べて良いと言われたのです。つまり、自分が正しいと思うことを行うことです。自分の目で正しいことです。神様の目で正しいことではなく。これが、人間の問題の始まりです。

自分の目に適うことを行うことは、自然的に出来ますが、神様の目に適うことを行うためには、工夫が必要です。それは、神様の御心を知るために、聖書という書物を学び、神様に祈る必要があります。他の人とメッセージを聞くことも大事ですが、自分でそれを直接読み、神様から直接教えてもらうことが大切です。この関係の中に、神様の御声を聞くことの出来る能力が生まれるのです。これを霊的な目が開かれると言います。このように、霊的な目が開かれた時から、神様のことが解り、自分の行くべき道を知るようになります。

アハズのしたことは、その当時には、自分の正しいことだと思いますが、神様の願うことの正反対のことをしているのです。善悪の知識の木から食べることで、神のようになるからです。神様に従い、その御心に適うことを行うなら、主は、その人の道を確かなものとされます。幸せな人生は、ここにあります。

アブラハム・リー
ゴスペルハウス

16:1 レマルヤの子ペカの治世第十七年に、ユダの王ヨタムの子アハズが王となった
16:2 アハズは二十歳で王となり、十六年間エルサレムで王位にあった。彼は父祖ダビデと異なり、自分の神、主の目にかなう正しいことを行わなかった
16:3 彼はイスラエルの王たちの道を歩み、主がイスラエルの人々の前から追い払われた諸国の民の忌むべき慣習に倣って、自分の子に火の中を通らせることさえした
16:4 彼は聖なる高台、丘の上、すべての茂った木の下でいけにえをささげ、香をたいた
16:5 そのころ、アラムの王レツィンとイスラエルの王、レマルヤの子ペカがエルサレムを攻めようとして上って来た。彼らはアハズを包囲したが、戦いを仕掛けることができなかった
16:6 このとき、アラムの王レツィンはエイラトを取り戻してアラムのものとし、ユダの人々をエイラトから追い出した。その後エドム人がエイラトに来て住み着き、今日に至っている
16:7 アハズアッシリアの王ティグラト・ピレセルに使者を遣わして言わせた。「わたしはあなたの僕、あなたの子です。どうか上って来て、わたしに立ち向かうアラムの王とイスラエルの王の手から、わたしを救い出してください。」
16:8 アハズはまた主の神殿と王宮の宝物庫にある銀と金を取り出しアッシリアの王に贈り物として送った
16:9 アッシリアの王はその願いを聞き入れた。アッシリアの王はダマスコに攻め上ってこれを占領し、その住民を捕虜としてキルに移し、レツィンを殺した
16:10 アハズ王は、アッシリアの王ティグラト・ピレセルに会おうとしてダマスコに行き、ダマスコにある祭壇を見た。アハズ王が祭司ウリヤにその祭壇の見取り図とその詳しい作り方の説明書を送ったので、
16:11 祭司ウリヤはアハズ王がダマスコから送って来たものそっくりに祭壇を築いた。しかも祭司ウリヤは王がダマスコから帰って来るまでにそれを仕上げた
16:12 王はダマスコから帰って来て、その祭壇を見た。王はその祭壇に近づいて、その上で献げ物をささげ、
16:13 その上で焼き尽くす献げ物と穀物の献げ物を燃やして煙にし、ぶどう酒の献げ物を注ぎ、自分のための和解の献げ物の血を祭壇に振りかけた。
16:14 主の御前にあった青銅の祭壇は、神殿の前から、すなわち新しい祭壇と主の神殿の間から移して、新しい祭壇の北側に据えた
16:15 アハズ王は祭司ウリヤにこう命じた。「この大きな祭壇の上で、朝の焼き尽くす献げ物と夕べの穀物の献げ物、王の焼き尽くす献げ物と穀物の献げ物、すべての国の民の焼き尽くす献げ物と穀物の献げ物を燃やして煙にし、ぶどう酒の献げ物を注げ。また焼き尽くす献げ物の血とほかの献げ物の血をすべてこの祭壇に振りかけよ。あの青銅の祭壇はわたしが伺いを立てるのに用いる。
16:16 祭司ウリヤはすべてアハズ王が命じたとおりに行った
16:17 アハズ王は台車の鏡板を切り離し、台車の上から洗盤を取り外し、また「海」をその支えになっていた青銅の牛の上から降ろし、敷石の上に置いた。
16:18 彼はまたアッシリアの王のために、神殿の中に建てられている安息日用の廊と外側にある王の入り口を主の神殿から取り除いた
16:19 アハズの行った他の事績は、『ユダの王の歴代誌』に記されている。
16:20 アハズは先祖と共に眠りにつき、ダビデの町に先祖と共に葬られた。その子ヒゼキヤアハズに代わって王となった

コメントを追加


セキュリティコード
更新

運用団体

ゴスペルハウス浦幌: 今日もバイブルしましょう!
〒089-5601
北海道十勝郡浦幌町宝町53-41
Tel.015-576-2929 Fax.0155-67-0127
Email: info@bible-today.com

サイト管理

ビジョンハウス更別 今日もばいぶるしましょう! 担当:アブラハム・リー
〒089-1542
北海道河西郡更別村更別南1線89-57
Tel.0155-52-5905 Fax.0155-67-0127
Email: info@bible-today.com
UA-73882025-1