第2列王記23章 ヨシヤの改革的な律法への従順

投稿者: アブラハム・リー on .

この記事の評価: 0 / 5

星を無効星を無効星を無効星を無効星を無効
 

第2列王記23章 ヨシヤの改革的な律法への従順

ヨシヤは、すべての偶像を取り除く
ヨシヤ王は、神殿から見つけたモーセの律法をすべての民に読み聞かせ、契約を結び、その律法に従うようにした。今まで、どんな王もこのようにしたことが無い。初めて、ユダには、すべての偶像がなくなることとなった。

彼のように全くモーセの律法に従って、心を尽くし、魂を尽くし、力を尽くして主に立ち帰った王は、彼の前にはなかった。彼の後にも、彼のような王が立つことはなかった

なぜ、その次の時代にヨシヤの治世と同じく主に使える事が出来なかっただろうか?これも、次世代への準備や次世代を育てることが無かったのではないか?

次世代のリーダーを育てる働きが如何に必要であろうか?神様を畏れる新しい世代が起こされることを祈ります。モーセは、次世代のリーダーを訓練し、神様に次のリーダーを選ぶようにお祈りをしていました。まだ、若い時に、次世代のリーダーが起こされることを気づき、次の世代にバトンをタッチするための最高の努力が必要かと思います。

次世代の若者訓練学校=ビジョンスクールを心に描いています。皆さん、供にお祈りください。次世代の若者を訓練し、彼らの与えられた召しを受け取り、その夢を適えるために必要なすべてのサポートをしていくことを心から願っています。2013年9月開校するこのビジョンスクールのためにお祈りください。

アブラハム・リー
ゴスペルハウス

23:1 そこで王は人を遣わして、ユダとエルサレムのすべての長老を自分のもとに集めた
23:2 王は、ユダのすべての人々、エルサレムのすべての住民、祭司と預言者、下の者から上の者まで、すべての民と共に主の神殿に上り、主の神殿で見つかった契約の書のすべての言葉を彼らに読み聞かせた
23:3 それから王は柱の傍らに立って、主の御前で契約を結び、主に従って歩み、心を尽くし、魂を尽くして主の戒めと定めと掟を守り、この書に記されているこの契約の言葉を実行することを誓った民も皆、この契約に加わった
23:4 王は大祭司ヒルキヤと次席祭司たち、入り口を守る者たちに命じて、主の神殿からバアルやアシェラや天の万象のために造られた祭具類をすべて運び出させた彼はそれをエルサレムの外、キドロンの野で焼き払わせ、その灰をベテルに持って行かせた
23:5 王はユダの諸王が立てて、ユダの町々やエルサレム周辺の聖なる高台で香をたかせてきた神官たち、またバアルや太陽、月、星座、天の万象に香をたく者たちを廃止した
23:6 彼はアシェラ像を主の神殿からエルサレムの外のキドロンの谷に運び出し、キドロンの谷で焼き、砕いて灰にし、その灰を民の共同墓地に振りまいた
23:7 彼は主の神殿の中にあった神殿男娼の家を取り壊したそこは女たちがアシェラ像のために布を織っていたところでもあった
23:8 王はユダの町々から祭司をすべて呼び寄せ、ゲバからベエル・シェバに至るまでの祭司たちが香をたいていた聖なる高台を汚し、城門にあった聖なる高台をも取り壊した。これは町の長ヨシュアの門の入り口にあり、町の門を入る人の左側にあった。
23:9 聖なる高台の祭司たちは、エルサレムの主の祭壇に上ることはなかったが、その兄弟たちにまじって酵母を入れないパンを食べた
23:10 王はベン・ヒノムの谷にあるトフェトを汚し、だれもモレクのために自分の息子、娘に火の中を通らせることのないようにした
23:11 彼はユダの王たちが太陽にささげて、主の神殿の入り口、前庭の宦官ネタン・メレクの部屋の傍らに置いた馬を除き去り、太陽の戦車を火で焼いた
23:12 王はユダの王たちがアハズの階上の部屋の上に造った祭壇と、マナセが主の神殿の二つの庭に造った祭壇を取り壊し、そこで打ち砕いて、その灰をキドロンの谷に投げ捨てた
23:13 王はエルサレムの東、つまり滅びの山の南にあった聖なる高台を汚したこれはイスラエルの王ソロモンが、シドン人の憎むべき神アシュトレトのため、モアブ人の憎むべき神ケモシュのため、アンモン人の忌むべき神ミルコムのために築いたものであった
23:14 彼は石柱を砕き、アシェラ像を切り倒し、人の骨でその場所を満たした
23:15 彼はまたベテルにあった祭壇と、イスラエルに罪を犯させたネバトの子ヤロブアムが造った聖なる高台、すなわちその祭壇と聖なる高台を取り壊し、更に聖なる高台を焼いて粉々に砕き、アシェラ像を焼き捨てた
23:16 ヨシヤは振り向いて、山に墓があるのを見、その墓の骨を取りにやり、その骨を祭壇の上で焼いて祭壇を汚したかつて神の人がこのことを告げたが、その神の人の告げた主の言葉のとおりになった
23:17 ヨシヤは、「あそこに見える石碑は何か」と言った。町の人々は、「神の人の墓です。この人はユダから来て、あなたがベテルの祭壇になさったことを予告しました」と答えたので、
23:18 彼は、「そのままにしておくがよい。だれもその骨に触れるな」と言った。こうして人々は、サマリアから来た預言者の骨とともに彼の骨をそのままにしておいた。
23:19 ヨシヤはまたサマリアの町々にあった聖なる高台の神殿をすべて取り除いたこれらはイスラエルの王たちが造って主の怒りを招いたものであった彼はベテルで行ったのと全く同じようにこれらに対しても行った
23:20 彼はそこにいた聖なる高台の祭司たちを一人残らずその祭壇の上で殺し、人の骨をそこで焼き、エルサレムに帰った
23:21 王はすべての民に命じて言った。「この契約の書に記されているとおり、あなたたちの神、主の過越祭を祝え。」
23:22 士師たちがイスラエルを治めていた時代からこの方、イスラエルの王、ユダの王の時代を通じて、このような過越祭が祝われることはなかった
23:23 ヨシヤ王の治世第十八年に、エルサレムでこの主の過越祭が祝われた
23:24 ヨシヤはまた口寄せ、霊媒、テラフィム、偶像、ユダの地とエルサレムに見られる憎むべきものを一掃したこうして彼は祭司ヒルキヤが主の神殿で見つけた書に記されている律法の言葉を実行した
23:25 彼のように全くモーセの律法に従って、心を尽くし、魂を尽くし、力を尽くして主に立ち帰った王は、彼の前にはなかった。彼の後にも、彼のような王が立つことはなかった
23:26 しかし、マナセの引き起こした主のすべての憤りのために、主はユダに向かって燃え上がった激しい怒りの炎を収めようとなさらなかった
23:27 主は言われた。「わたしはイスラエルを退けたようにユダもわたしの前から退け、わたしが選んだこの都エルサレムも、わたしの名を置くと言ったこの神殿もわたしは忌み嫌う。」
23:28 ヨシヤの他の事績、彼の行ったすべての事は、『ユダの王の歴代誌』に記されている。
23:29 彼の治世に、エジプトの王ファラオ・ネコが、アッシリアの王に向かってユーフラテス川を目指して上って来た。ヨシヤ王はこれを迎え撃とうとして出て行ったが、ネコは彼に出会うと、メギドで彼を殺した
23:30 ヨシヤの家臣たちは戦死した王を戦車に乗せ、メギドからエルサレムに運び、彼の墓に葬った。国の民はヨシヤの子ヨアハズを選んで、油を注ぎ、父の代わりに王とした
23:31 ヨアハズは二十三歳で王となり、三か月間エルサレムで王位にあった。その母は名をハムタルといい、リブナ出身のイルメヤの娘であった。
23:32 彼は先祖たちが行ったように、主の目に悪とされることをことごとく行った
23:33 ファラオ・ネコは、エルサレムで王位にあった彼をハマトの地のリブラに幽閉し、その国には科料として銀百キカル、金一キカルを課した
23:34 ファラオ・ネコはヨシヤの子エルヤキムを父ヨシヤの代わりに王とし、名をヨヤキムと改めさせた。一方、ヨアハズはエジプトに連れて行かれ、そこで死んだ
23:35 ヨヤキムファラオに銀と金を差し出したが、ファラオの要求に従って銀を差し出すためには、国に税を課さなければならなかった。彼はファラオ・ネコに差し出すために、それぞれの割り当てに従って国の民に銀と金を要求した
23:36 ヨヤキムは二十五歳で王となり、十一年間エルサレムで王位にあった。その母は名をゼブダといい、ルマ出身のペダヤの娘であった。
23:37 彼は先祖たちが行ったように、主の目に悪とされることをことごとく行った

コメントを追加


セキュリティコード
更新

運用団体

ゴスペルハウス浦幌: 今日もバイブルしましょう!
〒089-5601
北海道十勝郡浦幌町宝町53-41
Tel.015-576-2929 Fax.0155-67-0127
Email: info@bible-today.com

サイト管理

ビジョンハウス更別 今日もばいぶるしましょう! 担当:アブラハム・リー
〒089-1542
北海道河西郡更別村更別南1線89-57
Tel.0155-52-5905 Fax.0155-67-0127
Email: info@bible-today.com
UA-73882025-1