第2サムエル記11章 罪を犯したダビデ(戦いを休む時誘惑が来る)

投稿者: アブラハム・リー on .

星を無効星を無効星を無効星を無効星を無効
 

第2サムエル記11章 罪を犯したダビデ(戦いを休む時誘惑が来る)

David and Bathsheba

誰でも罪の誘惑に免疫を持つ人はいない。ダビデも例外ではない。罪の予防接種は、常に神様の前に歩むことである。

ヨアブ将軍は、戦いに出陣している時、ダビデ自身はエルサレムにとどまっていた。戦いから休む時、自分の武具を下ろし、志が戦いから離れる時、誘惑が来ます。つまり、生活に忙しさが無くなる時、あまる時間をどのようにすごすかを知らないままでは、誘惑に陥る。

ダビデは、夕暮れに屋上を散歩していた。そこで、彼は屋上から、一人の女が水を浴びているのを目に留めた女は大層美しかったダビデは使いの者をやって彼女を召し入れ、彼女が彼のもとに来ると、床を共にした子を宿したので、ダビデに使いを送り、「子を宿しました」と知らせた。これをごまかすために、その夫ウリヤを戦争から呼び寄せ、休むようにしたが、彼は自分の主人が戦いにいるのに、自分だけ家に戻ることはしないでいたので、ダビデは、彼を激しい戦争から戦死させた。罪が別の罪を生み出した。姦通から殺人に及んだ。

罪の誘惑から免疫を持つ人はいないしかし、予防することは出来る。その誘惑の場所から離れることである。考えで誘惑に巻き込まれるときは、その誘惑の思いから奮い立て、その思いが自分の考えのかなに巣を作らないように追い払う。お金を人が出入りするところに置かないように、人が見えるところで、水を浴びない。男女が二人きりにならないように気をつける。などなどの予防することに気を配る必要があります。

箴言4:23 力の限り、見張って、あなたの心を見守れ。いのちの泉はこれからわく。

毎日、常に神様とつながりを持ち、主の前で生活することを目指しましょう。

アブラハム・リー
ゴスペルハウス

11:1 年が改まり、王たちが出陣する時期になった。ダビデは、ヨアブとその指揮下においた自分の家臣、そしてイスラエルの全軍を送り出した。彼らはアンモン人を滅ぼし、ラバを包囲した。しかしダビデ自身はエルサレムにとどまっていた。(戦いから休む時)
11:2 ある日の夕暮れに、ダビデは午睡から起きて、王宮の屋上を散歩していた彼は屋上から、一人の女が水を浴びているのを目に留めた女は大層美しかった
11:3 ダビデは人をやって女のことを尋ねさせた。それはエリアムの娘バト・シェバで、ヘト人ウリヤの妻だということであった。
11:4 ダビデは使いの者をやって彼女を召し入れ、彼女が彼のもとに来ると、床を共にした彼女は汚れから身を清めたところであった。女は家に帰ったが
11:5 子を宿したので、ダビデに使いを送り、「子を宿しました」と知らせた
11:6 ダビデはヨアブに、ヘト人ウリヤを送り返すように命令を出し、ヨアブはウリヤをダビデのもとに送った
11:7 ウリヤが来ると、ダビデはヨアブの安否、兵士の安否を問い、また戦況について尋ねた
11:8 それからダビデはウリヤに言った。「家に帰って足を洗うがよい。」ウリヤが王宮を退出すると、王の贈り物が後に続いた
11:9 しかしウリヤは王宮の入り口で主君の家臣と共に眠り、家に帰らなかった
11:10 ウリヤが自分の家に帰らなかったと知らされたダビデは、ウリヤに尋ねた。「遠征から帰って来たのではないか。なぜ家に帰らないのか。」
11:11 ウリヤはダビデに答えた。「神の箱も、イスラエルもユダも仮小屋に宿り、わたしの主人ヨアブも主君の家臣たちも野営していますのに、わたしだけが家に帰って飲み食いしたり、妻と床を共にしたりできるでしょうか。あなたは確かに生きておられます。わたしには、そのようなことはできません。
11:12 ダビデはウリヤに言った。「今日もここにとどまるがよい。明日、お前を送り出すとしよう。」ウリヤはその日と次の日、エルサレムにとどまった
11:13 ダビデはウリヤを招き、食事を共にして酔わせたが夕暮れになるとウリヤは退出し、主君の家臣たちと共に眠り、家には帰らなかった。
11:14 翌朝、ダビデはヨアブにあてて書状をしたため、ウリヤに託した
11:15 書状には、「ウリヤを激しい戦いの最前線に出し、彼を残して退却し、戦死させよ」と書かれていた。
11:16 町の様子を見張っていたヨアブは、強力な戦士がいると判断した辺りにウリヤを配置した
11:17 町の者たちは出撃してヨアブの軍と戦い、ダビデの家臣と兵士から戦死者が出た。ヘト人ウリヤも死んだ
11:18 ヨアブはダビデにこの戦いの一部始終について報告を送り
11:19 使者に命じた。「戦いの一部始終を王に報告し終えたとき、
11:20 もし王が怒って、『なぜそんなに町に接近して戦ったのか。城壁の上から射かけてくると分かっていたはずだ。
11:21 昔、エルベシェトの子アビメレクを討ち取ったのは誰だったか。あの男がテベツで死んだのは、女が城壁の上から石臼を投げつけたからではないか。なぜそんなに城壁に接近したのだ』と言われたなら、『王の僕ヘト人ウリヤも死にました』と言うがよい。」
11:22 使者は出発し、ダビデのもとに到着してヨアブの伝言をすべて伝えた
11:23 使者はダビデに言った。「敵は我々より優勢で、野戦を挑んで来ました。我々が城門の入り口まで押し返すと、
11:24 射手が城壁の上から僕らに矢を射かけ、王の家臣からも死んだ者が出、王の僕ヘト人ウリヤも死にました。」
11:25 ダビデは使者に言った。「ヨアブにこう伝えよ。『そのことを悪かったと見なす必要はない。剣があればだれかが餌食になる。奮戦して町を滅ぼせ。』そう言って彼を励ませ。」
11:26 ウリヤの妻は夫ウリヤが死んだと聞くと、夫のために嘆いた
11:27 喪が明けると、ダビデは人をやって彼女を王宮に引き取り、妻にした彼女は男の子を産んだ。ダビデのしたことは主の御心に適わなかった

コメントする権限がありません。

運用団体

ゴスペルハウス浦幌: 今日もバイブルしましょう!
〒089-5601
北海道十勝郡浦幌町宝町53-41
Tel.015-576-2929 Fax.0155-67-0127
Email: info@bible-today.com

サイト管理

ビジョンハウス更別 今日もばいぶるしましょう! 担当:アブラハム・リー
〒089-1542
北海道河西郡更別村更別南1線89-57
Tel.0155-52-5905 Fax.0155-67-0127
Email: info@bible-today.com
UA-73882025-1