第2サムエル21章 飢饉を招く罪の無い血の流れ

投稿者: アブラハム・リー on .

この記事の評価: 0 / 5

星を無効星を無効星を無効星を無効星を無効
 

第2サムエル21章  飢饉を招く罪の無い血の流れ

Gibeonites

3年続いて飢饉があった。それで、ダビデは、神様に伺った。すると、その答えは、「ギブオン人を殺害し、血を流したサウルとその家に責任がある。」ということであった。

ギブオン人は、誰でしょうか?彼らは、カレブがイスラエルを導き、約束の地に入る時、自分たちが滅ぼされないように、衣装を遠い国から来られたふりをし、イスラエルと誓約を結ぶようになった。それで、イスラエルは、ギブオン人を殺すことなく、僕となった。その子孫とサウルとの間で、サウルは、イスラエルとユダの人々への熱情の余り、ギブオン人を討とうとしたことがあった。

その無罪の血の流れが原因で、ダビデの時代にこのような飢饉が起きたのだ。

一つの世代の前に起きたことが、次世代に飢饉という形で現れた。罪の無い血が流れることは、神様にとって、最も重い罪である。そして、その結果は、人間の手で押さえることの出来ない災害ということもある。それを直すためには、和解が必要である。つまり、血には血が流される必要がある。

キリストは、このような状況の中で、雄一の答えとなる。キリストは、すべての罪のために十字架に掛かった。そして、すべての罪を赦す根底を作ってくださった。つまり、すべての罪の身代わりとなり、自分には罪が無いが、罪人のために、死なれた。それで、自分の血を流すことで、罪の赦しが出来るようになった。

新約の時代を生きる私たちには、自分の血を流すことなく、キリストの血によって、赦される。しかし、このように赦されるためには、キリストのなされたことを信じる信仰を要する。その信仰が、私たちと私たちに関わったすべての人との縛られたものから、開放を受け取ることが出来る。

これが、主の恵である。

罪も咎も、すべてキリストの血により、解放を受け取ることが出来ます。これは、神様の恵みのゆえに私たちの信仰によって、義と求められる原則によるものです。

今日、誰かと引っかかった問題があるなら、キリストの十字架の死(血の流れ)とその復活を信じることで、回復と開放を受け取ることが出来る。

アブラハム・リー
ゴスペルハウス

21:1 ダビデの世に、三年続いて飢饉が襲ったダビデは主に託宣を求めた。主は言われた。「ギブオン人を殺害し、血を流したサウルとその家に責任がある。」
21:2 王はギブオン人を招いて言った。――ギブオン人はアモリ人の生き残りで、イスラエルの人々に属する者ではないが、イスラエルの人々は彼らと誓約を交わしていた。ところがサウルは、イスラエルとユダの人々への熱情の余り、ギブオン人を討とうとしたことがあった
21:3 ダビデはギブオン人に言った。「あなたたちに何をしたらよいのだろう。どのように償えば主の嗣業を祝福してもらえるだろうか。
21:4 ギブオン人はダビデに答えた。「サウルとその家のことで問題なのは金銀ではありません。イスラエルの人々をだれかれなく殺すというのでもありません。」ダビデは言った。「言ってくれれば何でもそのとおりにしよう。」
21:5 彼らは王に答えた。「わたしたちを滅ぼし尽くし、わたしたちがイスラエルの領土のどこにも定着できないように滅亡を謀った男、
21:6 あの男の子孫の中から七人をわたしたちに渡してください。わたしたちは主がお選びになった者サウルの町ギブアで、主の御前に彼らをさらし者にします王は、「引き渡そう」と言った
21:7 しかし、王はサウルの子ヨナタンの息子メフィボシェトを惜しんだダビデとサウルの子ヨナタンとの間には主をさして立てた誓いがあったからである
21:8 王はアヤの娘リツパとサウルの間に生まれた二人の息子、アルモニとメフィボシェトと、サウルの娘ミカルとメホラ人バルジライの子アドリエルとの間に生まれた五人の息子を捕らえ
21:9 ギブオン人の手に渡したギブオンの人々は彼らを山で主の御前にさらした七人は一度に処刑された。彼らが殺されたのは刈り入れの初め、大麦の収穫が始まるころであった。
21:10 アヤの娘リツパは粗布を取って岩の上に広げた。収穫の初めのころから、死者たちに雨が天から降り注ぐころまで、リツパは昼は空の鳥が死者の上にとまることを、夜は野の獣が襲うことを防いだ。
21:11 サウルの側女、アヤの子リツパのこの行いは王に報告された
21:12 ダビデはギレアドのヤベシュの人々のところへ行って、サウルの骨とその子ヨナタンの骨を受け取った。その遺骨はギレアドのヤベシュの人々がベト・シャンの広場から奪い取って来たもので、ペリシテ人がギルボアでサウルを討った日に、そこにさらしたものであった。
21:13 ダビデはそこからサウルの骨とその子ヨナタンの骨を運び、人々は今回さらされた者たちの骨を集め
21:14 サウルとその子ヨナタンの骨と共にベニヤミンの地ツェラにあるサウルの父キシュの墓に葬った人々は王の命令をすべて果たしたこの後、神はこの国の祈りにこたえられた
21:15 ペリシテ人は再びイスラエルと戦った。ダビデは家臣を率いて出陣し、ペリシテと戦ったが、ダビデは疲れていた。
21:16 ラファの子孫の一人イシュビ・ベノブは、三百シェケルの重さの青銅の槍を持ち、新しい帯を付けて、ダビデを討つ、と言った。
21:17 しかし、ツェルヤの子アビシャイは、ダビデを助けてこのペリシテ人を打ち殺した。それ以来、ダビデの家来たちはダビデに誓わせた。「以後、我々と共に戦いに出てはなりません。イスラエルの灯を消さぬよう心掛けてください。」
21:18 その後、ゴブの地で、再びペリシテ人との戦いがあった。このときは、フシャ人シベカイがラファの子孫の一人サフを打ち殺した。
21:19 ゴブで、またペリシテ人との戦いがあったとき、ベツレヘム出身のヤアレ・オルギムの子エルハナンが、ガト人ゴリアトを打ち殺した。ゴリアトの槍の柄は機織りの巻き棒ほどもあった
21:20 別の戦いがガトでもあった。ラファの子孫で、手足の指が六本ずつ、合わせて二十四本ある巨人が出て来て、
21:21 イスラエルを辱めたが、ダビデの兄弟シムアの子ヨナタンが彼を討ち取った
21:22 これら四人はガトにいたラファの子孫で、ダビデとその家臣の手によって倒された

コメントを追加


セキュリティコード
更新

運用団体

ゴスペルハウス浦幌: 今日もバイブルしましょう!
〒089-5601
北海道十勝郡浦幌町宝町53-41
Tel.015-576-2929 Fax.0155-67-0127
Email: info@bible-today.com

サイト管理

ビジョンハウス更別 今日もばいぶるしましょう! 担当:アブラハム・リー
〒089-1542
北海道河西郡更別村更別南1線89-57
Tel.0155-52-5905 Fax.0155-67-0127
Email: info@bible-today.com
UA-73882025-1