ヨシュア19章 責任を終えて与えられる報い

投稿者: あゆみ・リー on .

この記事の評価: 0 / 5

星を無効星を無効星を無効星を無効星を無効
 

責任を取る
この地について地域ごとに、相続地の割り当てを終えたとき、イスラエル人は、彼らの間に一つの相続地をヌンの子ヨシュアに与えた。彼らは、主の命令により、ヨシュアが求めた町、すなわちエフライムの山地にあるティムナテ・セラフを彼に与えた。彼はその町を建てて、そこに住んだ。ヨシュア19:49-50 

すべての部族に相続地が与えられた後、最後にヨシュアに与えられた。最後までリーダーとしての責任を果たした後、主が特別に報いてくださったのだ。相続地は民族ごとに与えられたが、ヨシュアだけ特別(カレブも)に、個人的に与えられている。リーダーとして、早く土地がほしいと権利を主張するのではなく、全ての民族の必要を満たした時、主が最高を備えてくださったのだ。

自分の必要を先に求めるより、主に与えられた召しを全うすることを優先したい。主の備えを信じて、自分の必要を主に委ね、愛する与えられたたましいに責任を持つ者とさせてください。

コメントを追加


セキュリティコード
更新

運用団体

ゴスペルハウス浦幌: 今日もバイブルしましょう!
〒089-5601
北海道十勝郡浦幌町宝町53-41
Tel.015-576-2929 Fax.0155-67-0127
Email: info@bible-today.com

サイト管理

ビジョンハウス更別 今日もばいぶるしましょう! 担当:アブラハム・リー
〒089-1542
北海道河西郡更別村更別南1線89-57
Tel.0155-52-5905 Fax.0155-67-0127
Email: info@bible-today.com
UA-73882025-1