詩篇128篇 神を恐れる

投稿者: サムエル・リー on .

星を無効星を無効星を無効星を無効星を無効
 

詩篇128:1,4

「幸いなことよ。すべて主を恐れ、
主の道を歩むものは。」

「見よ。主を恐れる人は、確かに、
このように祝福を受ける。」

「主を恐れる」というのは、無意味に神を怖がるのではなく、
神はいつも自分を見ているという事を悟ることである。
単純に言えば、神を生きた神として考えることである。
私たちが罪を犯してしまうのは、神を恐れていないからである。
例えば、誰かに誘惑が来たときに、神を恐れていない人は、
そのままその誘惑に負けてしまいます。なぜなら、
その人は神の存在を無視しているからです。
逆に神を恐れている人は神が生きていることを知っているので、
どんな誘惑が来たときでも、しっかりと罪に抵抗できるのです。
そのような誘惑に負けないために、これからも主を恐れ、
主の道を歩んでいきたいと思いました。

サムエル・リー

コメントする権限がありません。

運用団体

ゴスペルハウス浦幌: 今日もバイブルしましょう!
〒089-5601
北海道十勝郡浦幌町宝町53-41
Tel.015-576-2929 Fax.0155-67-0127
Email: info@bible-today.com

サイト管理

ビジョンハウス更別 今日もばいぶるしましょう! 担当:アブラハム・リー
〒089-1542
北海道河西郡更別村更別南1線89-57
Tel.0155-52-5905 Fax.0155-67-0127
Email: info@bible-today.com
UA-73882025-1