詩篇141篇 あなたを呼ぶ声に耳を傾けてください

投稿者: アブラハム・リー on .

星を無効星を無効星を無効星を無効星を無効
 
詩篇141篇 あなたを呼ぶ声に耳を傾けてください

あなたを呼ぶ声に耳を傾けてください

この篇は、祈りに答えられるために準備について書かれてあります。

神様から祈りが答えられていない時、その答えが与えられるまで、ダビデは、二つのことを守りました。

一つ目は、に見張りを置き、唇の戸を守ることでした。これは、自分の口の告白を正すことです。否定的な不信仰の言葉を使わないことに心に決心をしました。そして、口から出る言葉で神様を喜ばせないことを話さないことにしました。状況が悪い時、不平不満を言い易いでしょうが、ダビデは、自分の唇を見張ることで正しい言葉を語ることが出来ました。

二つ目は、が悪に傾くのを許さないことでした。ダビデの心に批判や神様への文句など心に浮かぶものが沢山あったと思います。しかし、祈りが答えられなくても、必ず神様は答えて下さることを信頼し、答えられる前に、自分の心が悪に傾くことが無いように、自分の心の思いを制することを決心しました。

上記の二つは、神様に祈り始めてから、答えるまで、心に決める大事な二つであると思います。唇と心を見張り、悪に傾かないため、意識して感謝を告白し、心の思いが神様に喜ばれることになるようにしていきたいと思います。

ゴスペルハウス
アブラハム・リー
141:1 【賛歌。ダビデの詩。】主よ、わたしはあなたを呼びます。速やかにわたしに向かい/あなたを呼ぶ声に耳を傾けてください。
141:2 わたしの祈りを御前に立ち昇るりとし/高く上げたを/夕べの供え物としてお受けください。
141:3 主よ、わたしのに見張りを置き/唇(くちびる)の戸を守ってください
141:4 わたしのが悪に傾くのを許さないでください。悪を行う者らと共にあなたに逆らって/悪事を重ねることのありませんように。彼らの与える好餌(こうじ)にいざなわれませんように。
141:5 主に従う人がわたしを打ち/慈しみをもって戒めてくれますように。わたしは油で頭を整えることもしません/彼らの悪のゆえに祈りをささげている間は。
141:6 彼らの支配者がことごとく/岩の傍ら(かたわ)に投げ落とされますように。彼らはわたしの言葉を聞いて喜んだのです。
141:7 「あたかも地を裂き、地を割ったかのように/わたしたちの骨は陰府の口に散らされている。」
141:8 主よ、わたしの神よ、わたしの目をあなたに向け/あなたを避けどころとしますわたしの魂をうつろにしないでください
141:9 どうか、わたしをお守りください。わたしに対して仕掛けられた罠(わな)に/悪を行う者が掘った落とし穴に陥(おちい)りませんように。
141:10 主に逆らう者が皆、主の網にかかり/わたしは免れることができますように

コメントする権限がありません。

運用団体

ゴスペルハウス浦幌: 今日もバイブルしましょう!
〒089-5601
北海道十勝郡浦幌町宝町53-41
Tel.015-576-2929 Fax.0155-67-0127
Email: info@bible-today.com

サイト管理

ビジョンハウス更別 今日もばいぶるしましょう! 担当:アブラハム・リー
〒089-1542
北海道河西郡更別村更別南1線89-57
Tel.0155-52-5905 Fax.0155-67-0127
Email: info@bible-today.com
UA-73882025-1