詩篇144篇 いかに幸いなことか、主を神といただく民は

投稿者: アブラハム・リー on .

星を無効星を無効星を無効星を無効星を無効
 
詩篇144篇 いかに幸いなことか、主を神といただく民は

{youtubejw width="480"}Gt0WluTpFTg{/youtubejw}この詩篇には、ダビデにとって神様がどんな方であるかを説明しています。

指に戦するすべを教えてくださる方

諸国の民をわたしに服従させてくださる方

あなたが思いやってくださる

・・・・・・

これに対して、ダビデは、「あなたに向かって新しい歌をうたい」と反応しています。

また、「わたしたちの倉は、さまざまな穀物で満たされている」と告白しています。

そして、「いかに幸いなことか、主を神といただく民は」と主を神とする民の幸いを語ります。

これが、信じる人に与えられる幸いであることを心から感謝し、神様の導きに進めて歩みたいと思います。

ゴスペルハウス
アブラハム・リー 144:1 【ダビデの詩。】主をたたえよ、わたしの岩を/わたしの手に闘うすべを/指に戦するすべを教えてくださる方
144:2 わたしの支え、わたしの砦、砦の塔/わたしの逃れ場、わたしの盾、避けどころ/諸国の民をわたしに服従させてくださる方を。
144:3 主よ、人間とは何ものなのでしょう/あなたがこれに親しまれるとは。人の子とは何ものなのでしょう/あなたが思いやってくださるとは。
144:4 人間は息にも似たもの/彼の日々は消え去る影。
144:5 主よ、天を傾けて降り/山々に触れ、これに煙を上げさせてください。
144:6 飛び交う稲妻/うなりを上げる矢を放ってください。
144:7 高い天から御手を遣わしてわたしを解き放ち/大水から、異邦人の手から助け出してください。
144:8 彼らの口はむなしいことを語り/彼らの右の手は欺きを行う右の手です。
144:9 神よ、あなたに向かって新しい歌をうたい/十弦の琴をもってほめ歌をうたいます。
144:10 あなたは王たちを救い/僕ダビデを災いの剣から解き放ってくださいます。
144:11 わたしを解き放ち/異邦人の手から助け出してください。彼らの口はむなしいことを語り/彼らの右の手は欺きを行う右の手です。
144:12 わたしたちの息子は皆/幼いときから大事に育てられた苗木。娘は皆、宮殿の飾りにも似た/色とりどりの彫り物。
144:13 わたしたちの倉は/さまざまな穀物で満たされている。羊の群れは野に、幾千幾万を数え
144:14 牛はすべて、肥えている。わたしたちの都の広場には/破れも捕囚も叫び声もない。
144:15 いかに幸いなことか、このような民は。いかに幸いなことか、主を神といただく民は

コメントする権限がありません。

運用団体

ゴスペルハウス浦幌: 今日もバイブルしましょう!
〒089-5601
北海道十勝郡浦幌町宝町53-41
Tel.015-576-2929 Fax.0155-67-0127
Email: info@bible-today.com

サイト管理

ビジョンハウス更別 今日もばいぶるしましょう! 担当:アブラハム・リー
〒089-1542
北海道河西郡更別村更別南1線89-57
Tel.0155-52-5905 Fax.0155-67-0127
Email: info@bible-today.com
UA-73882025-1