詩篇149篇 主の慈しみに生きる人

投稿者: アブラハム・リー on .

星を無効星を無効星を無効星を無効星を無効
 
詩篇149篇 主の慈しみに生きる人

神様の慈しみに生きる人

主の慈しみに生きる人を別の訳では、聖徒とも表現しています。聖ということは、自分を神様のために聖別することを意味しています。

そのような人に与えられた約束は、以下のようです。

149:5 主の慈しみに生きる人は栄光に輝き、喜び勇み/伏していても喜びの声をあげる
149:6 口には神をあがめる歌があり/手には両刃の剣を持つ
149:7 国々に報復し/諸国の民を懲らしめ
149:8 王たちを鎖につなぎ/君侯に鉄の枷をはめ
149:9 定められた裁きをする。これは、主の慈しみに生きる人の光栄。ハレルヤ。

感謝と喜びは、その人のしるしとなります。また、賛美を捧げ、剣が与えられます。この剣を別の聖書では、御霊の与える御言葉を言います。これは、神様の御言葉(聖書)のことです。このように与えられた御言葉は、すべての民を裁くことの出来る神様の権威です。

聖書の権威によって、すべての創られたものが裁きを受けます。人間が作った考え方(主義)は、その時代を過ぎ去ると変わりますが、神様の御言葉は時代を変えても、変わりません。そして、神様の言葉は、すべての人を裁く基準となります。

その時まで、神様の御言葉を心に蓄え、感謝を持って主を賛美したいと思います。

ゴスペルハウス
アブラハム・リー
149:1 ハレルヤ。新しい歌を主に向かって歌え。主の慈しみに生きる人の集いで賛美の歌をうたえ。
149:2 イスラエルはその造り主によって喜び祝い/シオンの子らはその王によって喜び躍れ。
149:3 踊りをささげて御名を賛美し/太鼓や竪琴を奏でてほめ歌をうたえ。
149:4 主は御自分の民を喜び/貧しい人を救いの輝きで装われる。
149:5 主の慈しみに生きる人は栄光に輝き、喜び勇み/伏していても喜びの声をあげる
149:6 口には神をあがめる歌があり/手には両刃の剣を持つ
149:7 国々に報復し/諸国の民を懲らしめ
149:8 王たちを鎖につなぎ/君侯に鉄の枷をはめ
149:9 定められた裁きをする。これは、主の慈しみに生きる人の光栄。ハレルヤ。
150:1 ハレルヤ。聖所で神を賛美せよ。大空の砦で神を賛美せよ。
150:2 力強い御業のゆえに神を賛美せよ。大きな御力のゆえに神を賛美せよ。
150:3 角笛を吹いて神を賛美せよ。琴と竪琴を奏でて神を賛美せよ。
150:4 太鼓に合わせて踊りながら神を賛美せよ。弦をかき鳴らし笛を吹いて神を賛美せよ。
150:5 シンバルを鳴らし神を賛美せよ。シンバルを響かせて神を賛美せよ。
150:6 息あるものはこぞって主を賛美せよ。ハレルヤ。

コメントする権限がありません。

運用団体

ゴスペルハウス浦幌: 今日もバイブルしましょう!
〒089-5601
北海道十勝郡浦幌町宝町53-41
Tel.015-576-2929 Fax.0155-67-0127
Email: info@bible-today.com

サイト管理

ビジョンハウス更別 今日もばいぶるしましょう! 担当:アブラハム・リー
〒089-1542
北海道河西郡更別村更別南1線89-57
Tel.0155-52-5905 Fax.0155-67-0127
Email: info@bible-today.com
UA-73882025-1