詩篇63篇 神よ、あなたはわたしの神

投稿者: アブラハム・リー on .

星を無効星を無効星を無効星を無効星を無効
 

詩篇63篇 神よ、あなたはわたしの神

わたしの神

自分の親の手をつかむ子供のように、ダビデは、神様を自分の神として受けとめました。

天のお父様として、他の人の神ではなく、自分の神としての関係を保ちました。神様を知ることが出来てダビデは、神様が自分のためにして下さることを人格として神様を知っていました。

あなたの慈しみは命にもまさる恵み・・・

あなたは必ずわたしを助けてくださいます・・・

あなたは右の御手でわたしを支えてくださいます・・・

これらすべて神を知る人が言えることでしょう。そうなって欲しい・・・ そうであれば良いな・・・ではなく、必ずそうなる。という確信に溢れた告白です。これは、ダビデが神様と個人的な関係を持つことから出来た告白です。

神様は、わたしの神です。と言えることから、わたしたちは一人ではなく、神様ご自信が「天の父」としてわたしを導いて下さいます。この個人的な関係を通して、神様を知ることが出来、神を知る人は、大胆に歩むことが出来ます。そこには、信頼があり、自分の力を超えた神の力があるからです。

アブラハム・リー
ゴスペルハウス

63:1 【賛歌。ダビデの詩。ダビデがユダの荒れ野にいたとき。】
63:2 神よ、あなたはわたしの神わたしはあなたを捜し求め/わたしの魂はあなたを渇き求めます。あなたを待って、わたしのからだは/乾ききった大地のように衰え/水のない地のように渇き果てています。
63:3 今、わたしは聖所であなたを仰ぎ望み/あなたの力と栄えを見ています。
63:4 あなたの慈しみは命にもまさる恵み。わたしの唇はあなたをほめたたえます。
63:5 命のある限り、あなたをたたえ/手を高く上げ、御名によって祈ります。
63:6 わたしの魂は満ち足りました/乳と髄のもてなしを受けたように。わたしの唇は喜びの歌をうたい/わたしの口は賛美の声をあげます
63:7 床に就くときにも御名を唱え/あなたへの祈りを口ずさんで夜を過ごします。
63:8 あなたは必ずわたしを助けてくださいます。あなたの翼の陰でわたしは喜び歌います。
63:9 わたしの魂はあなたに付き従い/あなたは右の御手でわたしを支えてくださいます
63:10 わたしの命を奪おうとする者は必ず滅ぼされ/陰府の深みに追いやられますように。
63:11 剣にかかり、山犬の餌食となりますように。
63:12 神によって、王は喜び祝い/誓いを立てた者は誇りますように。偽って語る口は、必ず閉ざされますように。

コメントする権限がありません。

運用団体

ゴスペルハウス浦幌: 今日もバイブルしましょう!
〒089-5601
北海道十勝郡浦幌町宝町53-41
Tel.015-576-2929 Fax.0155-67-0127
Email: info@bible-today.com

サイト管理

ビジョンハウス更別 今日もばいぶるしましょう! 担当:アブラハム・リー
〒089-1542
北海道河西郡更別村更別南1線89-57
Tel.0155-52-5905 Fax.0155-67-0127
Email: info@bible-today.com
UA-73882025-1