詩篇78篇 わたしの民よ、わたしの教えを聞き、わたしの口の言葉に耳を傾けよ。

投稿者: アブラハム・リー on .

この記事の評価: 5 / 5

星を有効星を有効星を有効星を有効星を有効
 
詩篇78篇 わたしの民よ、わたしの教えを聞き、わたしの口の言葉に耳を傾けよ。

listen-to-God2 わたしの民よ、わたしの教えを聞き/わたしの口の言葉に耳を傾けよ。

これは、イスラエルに与えられた命令のもっとも大事な命令です。そして、その子孫にも引き続く約束を受け継ぐためにも、大事な命令です。神様は、必ず、土地を与え、そこに幸いに住み着くために神様からのみ教えを子孫に伝えるようにされた。

そこから、謗る事がイスラエルが神様から離れる原因となった。


彼らは、神様に向かってこのように言った。「神に対してつぶやいて言った。「荒れ野で食卓を整えることが/神にできるのだろうか。神が岩を打てば水がほとばしり出て/川となり、溢れ流れるが/民にパンを与えることができるだろうか/肉を用意することができるだろうか。」 神様への疑いが、彼らの神への確信を裏切った。彼らは神を信じようとせず/御救いに依り頼まなかった。彼らの心は神に対して確かに定まらず/その契約に忠実ではなかった

しかし、神様は、哀れみ深く、恵みに満ち、神様の民を何度も繰り返し、神様の愛を示したが、彼らは、それにもかかわらず、神様を拒んだ。これが、イスラエルが自分の国を失う原因となった。一定の年数がたった今、イスラエルは、自分の元の土地に戻され、自分の国を再建することができた。

神様の御言葉を自分の人生のスタンダードにする人は幸いです。これを守り行うことは、神様の祝福を体験することができるからである。真剣に神様の御言葉である、聖書(バイブル)を自分の人生のガイドとして迎える人こそ、人間らしく生きることができる幸いを体験できます。

この御言葉が毎日自分の心を支配してくださることを祈ります。

アブラハム・リー
ゴスペルハウス
78:1 【マスキール。アサフの詩。】わたしの民よ、わたしの教えを聞き/わたしの口の言葉に耳を傾けよ。
78:2 わたしは口を開いて箴言を/いにしえからの言い伝えを告げよう
78:3 わたしたちが聞いて悟ったこと/先祖がわたしたちに語り伝えたことを。
78:4 子孫に隠さず、後の世代に語り継ごう/主への賛美、主の御力を/主が成し遂げられた驚くべき御業を。
78:5 主はヤコブの中に定めを与え/イスラエルの中に教えを置き/それを子孫に示すように/わたしたちの先祖に命じられた。
78:6 子らが生まれ、後の世代が興るとき/彼らもそれを知り/その子らに語り継がなければならない。
78:7 子らが神に信頼をおき/神の御業を決して忘れず/その戒めを守るために
78:8 先祖のように/頑な反抗の世代とならないように/心が確かに定まらない世代/神に不忠実な霊の世代とならないように。
78:9 エフライムの子らは武装し/弓を射る者であったが/闘いの日に、裏切った。
78:10 彼らは神との契約を守らず/その教えに従って歩むことを拒み
78:11 その御業をことごとく忘れた/彼らに示された驚くべき御業を。
78:12 エジプトの地、ツォアンの野で/神は先祖に対して不思議な御業を行い
78:13 海を開いて彼らを渡らせる間/水をせきとめておかれた。
78:14 昼は雲をもって/夜は燃え続ける火の光をもって彼らを導かれた。
78:15 荒れ野では岩を開き/深淵のように豊かな水を飲ませてくださった。
78:16 岩から流れを引き出されたので/水は大河のように流れ下った。
78:17 彼らは重ねて罪を犯し/砂漠でいと高き方に反抗した。
78:18 心のうちに神を試み/欲望のままに食べ物を得ようとし
78:19 神に対してつぶやいて言った。「荒れ野で食卓を整えることが/神にできるのだろうか。
78:20 神が岩を打てば水がほとばしり出て/川となり、溢れ流れるが/民にパンを与えることができるだろうか/肉を用意することができるだろうか。」
78:21 主はこれを聞いて憤られた。火はヤコブの中に燃え上がり/怒りはイスラエルの中に燃えさかった。
78:22 彼らは神を信じようとせず/御救いに依り頼まなかった。
78:23 それでもなお、神は上から雲に命じ/天の扉を開き
78:24 彼らの上にマナを降らせ、食べさせてくださった。神は天からの穀物をお与えになり
78:25 人は力ある方のパンを食べた。神は食べ飽きるほどの糧を送られた。
78:26 神は東風を天から送り/御力をもって南風を起こし
78:27 彼らの上に肉を塵のように降らせ/翼ある鳥を海辺の砂のように降らせ
78:28 彼らの陣営の中に/宿る所の周りに落としてくださった。
78:29 彼らは食べて飽き足りた。神は彼らの欲望を満たしてくださった
78:30 彼らが欲望から離れず/食べ物が口の中にあるうちに
78:31 神の怒りが彼らの中に燃えさかり/その肥え太った者を殺し/イスラエルの若者たちを倒した。
78:32 それにもかかわらず、彼らはなお罪を犯し/驚くべき御業を信じなかったので
78:33 神は彼らの生涯をひと息のうちに/彼らの年月を恐怖のうちに断とうとされた。
78:34 神が彼らを殺そうとされると/彼らは神を求め、立ち帰って、神を捜し求めた。
78:35 「神は岩、いと高き神は贖い主」と唱えながらも
78:36 その口をもって神を侮り/舌をもって欺いた。
78:37 彼らの心は神に対して確かに定まらず/その契約に忠実ではなかった
78:38 しかし、神は憐れみ深く、罪を贖われる。彼らを滅ぼすことなく、繰り返し怒りを静め/憤りを尽くされることはなかった。
78:39 神は御心に留められた/人間は肉にすぎず/過ぎて再び帰らない風であることを。
78:40 どれほど彼らは荒れ野で神に反抗し/砂漠で御心を痛めたことか。
78:41 繰り返し神を試み/イスラエルの聖なる方を傷つけ
78:42 御手の力を思わず/敵の手から贖われた日を思い起こさなかった。
78:43 神はエジプトで多くのしるしを与え/ツォアンの野で奇跡を示された。
78:44 川の水を血に変えられたので/その流れは飲めなくなった。
78:45 あぶを送って彼らに食いつかせ/蛙を送って荒廃させられた。
78:46 作物をいなごの群れに与え/労して得たものをいなごに与えられた。
78:47 神はぶどうの木を雹で打ち/いちじく桑を霜で枯らし
78:48 家畜を雹に渡し/その群れを稲妻に渡された。
78:49 神は燃える怒りと憤りを/激しい怒りと苦しみを/災いの使いとして彼らの中に送られた。
78:50 神は御怒りを現す道を備え/彼らの魂を死に渡して惜しまず/彼らの命を疫病に渡し
78:51 エジプトのすべての初子を/ハムの天幕において/力の最初の実りを打たれた。
78:52 神は御自分の民を羊のように導き出し/荒れ野で家畜の群れのように導かれた。
78:53 彼らは信頼して導かれ、恐れることはなかった。海が彼らの敵を覆った。
78:54 神は彼らを御自分の聖地の境にまで導かれた。右の御手をもって得られたその山に。
78:55 彼らの前から諸国の民を追い払い/彼らの嗣業を測り縄で定め/イスラエルの諸部族を/それぞれの天幕に住まわせられた。
78:56 彼らはいと高き神を試み/反抗し、その定めを守らず
78:57 先祖と同じように背き、裏切り/欺く弓で射た矢のようにそれて行き
78:58 異教の祭壇に仕えて神を怒らせ/偶像を拝んで神の激情を引き起こした。
78:59 神は聞いて憤り/イスラエルを全く拒み
78:60 シロの聖所、人によって張られた幕屋を捨て
78:61 御力の箱がとりこになるにまかせ/栄光の輝きを敵の手に渡された。
78:62 神は御自分の民を剣に渡し/御自分の嗣業に怒りを注がれた
78:63 火は若者をなめ尽くし/おとめは喜びを奪われ
78:64 祭司は剣に倒れ/やもめは嘆くことすらしなかった。
78:65 主は、眠りから覚めた人のように/酔いから覚めた勇士のように奮い立ち
78:66 敵を撃って退かせ/とこしえに嘲られるものとされた。
78:67 主はヨセフの天幕を拒み/エフライム族を選ばず
78:68 ユダ族と、愛するシオンの山を選び
78:69 御自分の聖所を高い天のように建て/とこしえの基を据えた地のように建てられた。
78:70 僕ダビデを選び、羊のおりから彼を取り
78:71 乳を飲ませている羊の後ろから取って/御自分の民ヤコブを/御自分の嗣業イスラエルを養う者とされた。
78:72 彼は無垢な心をもって彼らを養い/英知に満ちた手をもって導いた。

コメントする権限がありません。

運用団体

ゴスペルハウス浦幌: 今日もバイブルしましょう!
〒089-5601
北海道十勝郡浦幌町宝町53-41
Tel.015-576-2929 Fax.0155-67-0127
Email: info@bible-today.com

サイト管理

ビジョンハウス更別 今日もばいぶるしましょう! 担当:アブラハム・リー
〒089-1542
北海道河西郡更別村更別南1線89-57
Tel.0155-52-5905 Fax.0155-67-0127
Email: info@bible-today.com
UA-73882025-1